2018年8月26日 (日)

もう8月も終わり

大分放置したままですみません。描く余裕がないというよりは、載せられるネタがツイッターとかに放出してしまっただけです(笑)
その間にも、夏は北海道の旅行も無事終わり、台風にも耐えて、遺産相続関連もようやく一段落。とはいえ、9月には町内の祭りで隣保育成会の参加が控えているわけでまだまだやる事が多いです。今度の旅行は10月末かなあ…。

2018home020

載せられるネタが少ないので、ここでは先週の地元の花火大会の写真を。実は2年ぶりの撮影でした。
2年前は夏風邪をひいて見に行けず、去年は仕事で見に行けずだったので、親戚の家で間近で見れる久々の花火を親父と熱心に撮影していました。

ただ普通の花火は何度か撮っているので、今回は花火が爆発する瞬間を撮らえる事に挑戦。まあ10コマ連写でも難しいのですが。

2018home021
これだけだと、ただの黒ベタ塗り(笑)でもちゃんと上がっています。

2018home022

で、これが爆発する瞬間。ビデオで撮れば分かりやすいじゃんとか言わないで。

2018home023

2018home024

2018home025

2018home026

2018home027

2018home028

2018home029

2018home030

2018home031

2018home032

2018home033

2018home034

2018home035

2018home036

2018home037
開いていくまでの瞬間をコマ撮影。たまにはこんな感じの写真もいいでしょ?
次はどんな写真を撮るかな。というよりそろそろ動物写真を撮りたいところ。

でも和歌山はパンダが誕生したとはいえ、公開はまだ未定だし、大久野島のウサギは呉線が西日本豪雨で不通になっているので三原からの本数の少ない船で行くしかないのが…

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

盆も過ぎて

6月に四十九日、今月は盆と1ヶ月ごとに法要が続きましたが、昨日ようやく盆の祭壇も片付けられ、まずは一段落しました。来年の一回忌まで落ち着けるかと思いきや、町内の仕事もあるんですよね~。親父が宮総代で隣保の代表なので、8月の掃除と9月の秋の祭りには私も手伝わなければならないわけで、楽はできんなあと^^;
それにしても、やはり葬儀代は高くつきました。盆までの合計で車1台買える計算になりました。とはいえ、母が生前に葬儀屋の互助会に入っていただけでなく、しっかり貯金をこなしていたので、費用は十分に賄えることができました。母にはほんとに感謝です。まあこういう事もあったので私も互助会に入会しておく事にしました。いずれ訪れる次の葬儀のためにも…ねえ。

2018home016

以前作った仏壇下の台がようやく完成。当初は座布団が入れられるようにするつもりだったのですが、「正座して線香が上げられる高さ」にするとなると低い位置にせざるを得ず、結局座布団ではなく線香やろうそくなどをしまえる場所にしました。

高さも半分にして扉を付けて完成。扉は買ってきたものではありませんよ。ちゃんと角材をカットしてトリマーで面取りをして仕上げてあります。これで上の仏壇と合うはず。
今度は地震対策に上部に固定柱を付けないと。

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

写真撮る余裕がない・・・

今年も半分を越しましたが、いろいろ身内の事がありすぎてなかなかブログ更新が出来なかった事をお詫びいたします。
まだまだ2週間後には初盆を控えているため、しばらくはこういう状態が続きそうですが
ご容赦ください。
2018home003
いつもなら6月辺りにどこかへ写真に撮りに行くところなのですが、当然撮りに行く余裕などあるはずもなく、うちのサボテンの花を撮るぐらいになってます^^;
初盆を終わらせればまずは一段落なので、8月にでも親父と姉を連れて北海道へ遊びに行く予定です。
親父も写真が撮れずに落ち込んでいる(というより一緒に撮りに行く相手がいなくなって寂しい)ところがあるので、何かしら楽しみを与えてあげないと。もちろんフェリーで行きます(笑)
場所は当初は親父が行った事がない場所と言う事で、果ての果て宗谷岬まで行くつもりでしたが、さすがに遠すぎて運転時間の方が長くなってしまうので、もう少し近くの大雪山系の旭岳まで行く予定。途中に富良野や美瑛も寄りたいけど、シーズン終了後なだけに、撮れる場所があるかどうか。
ともあれ、何か撮りたい!10月はまた大久野島にでも行きたいなあ…

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

18年宝塚記念予想

スワーヴリチャードは安田記念後休養、レインボーラインは腱断絶で引退とメンバーが手薄になる中、サトノダイヤモンドやキセキ、ヴィブロスなどのリベンジマッチの様相を見せている今回。
特にここに絞ってきたサトノダイヤモンドにとっては名誉挽回のラストチャンスな感じがします。ローテーション的にもここで勝っておかないともうダメかも・・・キセキは距離短縮がどう出るかですね。元々長距離重視だっただけに、後はデムーロの意地でどういけるか。
ただ今回はヴィブロスを本命にしたいと。斤量の軽い牝馬、前走もドバイTで2着、2200mの距離ならこなせるかなと。
本命
◎:ヴィブロス
〇:サトノダイヤモンド
△:ワーザー
☆:サイモンラムセス
香港馬ワーザーは2000mでの強さを持ちますが、200mプラスされてどうかと言うところ。
そしてサイモンラムセスは8歳にしてこれが重賞初挑戦といういぶし銀。父ブラックタイドだけに距離はこなせるだろうし、ノーマークだけに圏内の可能性も?

| | コメント (1)

2018年6月 1日 (金)

前4レースの考察と18年安田記念予想

長い事予想をお休みしていましたが、今週の安田記念と今月末の宝塚記念は予想していこうかと思います。その前に前のレースの考察も。
 
・NHKマイルカップ

1着:ケイアイノーテック
2着:ギベオン
3着:レッドヴェイロン
4着:ミスターメロディ
5着:プリモシーン
 
正直、当時は正に亡くなった直後のため、当然レースは見ていません(汗)
でも人気どころが総崩れするとは思わず…これがディープ産駒の底力か…
 
・ヴィクトリアマイル
 
1着:ジュールボレール
2着:リスグラシュー
3着:レッドアヴァンセ
4着:アエロリット
5着:ミスバンデール
 
ここでもディープ産駒の底力が…てかリスグラシューはまた複勝圏内(汗)
アエロリットが本命だったんだけどねえ…
 
・オークス
 
1着:アーモンドアイ
2着:リリーノーブル
3着:ラッキーライラック
4着:レッドサクヤ
5着:マウレア
 
本命はラッキーライラックにしてました。ステイゴールド系のオルフェーヴル産駒なら長距離に向いているだろうと。しかしロードカナロア産駒のアーモンドアイが見事な2冠達成。
よく考えてみるとロードカナロアもキングカメハメハ×ストームキャットで長距離でも行ける血筋。今後の産駒にも期待が高まります。
てかこちらもリリーノーブルが複勝圏内。シルブロ女子はどこまで増える?(笑)
 
・日本ダービー
 
1着:ワグネリアン
2着:エポカドーロ
3着:コズミックフォース
4着:エタリオウ
5着:ブラストワンピース
 
福永騎手、執念のダービー制覇!騎乗も見事でした。
その一方でエポカドーロの粘りも注目。皐月賞勝ちでも4番人気に甘んじてましたが、積極的な先行策で最後まで粘り切り、直前でワグネリアンにかわされたものの、G1馬の実力を見せつけました。やはりオルフェーヴル産駒は長距離向きかな。
秋の菊花賞はどうなるか注目です。できれば菊花賞に出てほしいなあ…
 
そんなわけで、やっと今週の安田記念予想。
大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが1番人気になっていますが、一番馬場が悪くなっている時に1枠1番というのがすごく気になります。むしろ外枠のサングレーザーとシルブロ女子リスグラシューの方が面白いかも。
あとペルシアンナイトがどこまで巻き返せるか。
 
予想
◎:サングレーザー
〇:リスグラシュー
△:ペルシアンナイト
☆:ヒーズインラブ
 
というわけで、あえてスワーヴリチャードを切ってみました。
ヒーズインラブも今の勢いなら穴も…

| | コメント (1)

2018年5月21日 (月)

心機一転

母の死から2週間経ちましたが、もう普通の生活に戻りつつあります。元々長い入院の中で親父と私で過ごしていたので「鍛えられたのかな」と笑っております。
でも来月には四十九日、再来月には初盆とやる事が山積み。さらに遺産相続などの問題も残っているので一つ一つ消化していくことにします。

2018home014
そして日曜大工も。来月に注文していた仏壇が届くので、下に座布団が置ける台を作ってました^^;高さも「仏様を見上げる位置に」合わせてあります。
と言ってもこれは仮の台。今は葬儀屋に借りている仮の祭壇が置いてあるため、四十九日後に撤去するまで置く場所にする予定。
仏壇の台もしっかり作るのが我が家の掟です(笑)

| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

母が・・・(スマホでは閲覧注意)

(この話は重苦しい話なので、あえて色で伏せておきます)
日曜日、母が天に旅立ちました。

旅行から帰ってからは、まだしゃべるところまではいたものの、次の日から食事が出来なくなり、徐々に言葉も出なくなっていき、日曜日の朝に病院に呼ばれたときは呼吸が乱れた状態。家族や親せきに見守られながら息を引き取りました。

本当は旅行に行くのもやめようかとも思っていたのですが、その時の母は「気にせずに行っていいよ」と言ってくれて(姉もその言葉で別方面の旅行へ行く事が出来た)、最後まで気を使ってくれていました。私たち姉弟も、まさかこんなに急激に衰えてしまうとは思わず…。
一度は3月に退院して一緒に食事もできたのですが、4月からまた徐々に悪くなり再び入院、一度帰宅して自宅で療養できたのですが、再び悪化して再入院し、そのまま病院での最期でした。

そして、問題は病名。死亡診断書の死因には「肝がん脾腫」、つまりガンの一種である事が分かりましたが、当初は手術直後に「ガンではない」との通告を受けてたのにも関わらず、あとでガンである事が分かるという不可解な状態でした。
医者の話によると、今回の母の症例は病院では5年前に1度しかない珍しいもので、術後の検体を大学病院で調べてもらっても、原因不明だったそうです。だから特効薬がないから抑えるしかない、薬で治療し、黄疸を抑えるために外にタンクを出して排出するなどの方法を取っていました。

しかし、私の他姉や親類には知らされず、親父だけに医者から告げられていたそうなのですが、4月の再入院の時点では「手術で摘出した脂肪の固まりが同じぐらいに出ている。もう処置ができないかもしれない」状態だったそうで、「まるで倒せないエイリアンのような症状だ」とまで。
簡単に言ってしまえば、極めて症例の少ない病気にかかってしまったという事です。
今の私に言えるのは、母の与えた検体をさらに分析して何か打開策を見出してくれる事を祈るしかありません。それが同じ症状にかかった方を救うきっかけになるかもしれないから。

 
そして今、2日間の葬儀を終えて、ようやく落ち着いたところです。
これから親父と2人で過ごさなくてはなりませんが、この後初盆までやる事が多いですが、姉夫婦の手助けもあるので、ここは何とか乗り切っていくだけです。
その間、今も更新の少ないブログですがさらに減るかもしれませんがご容赦ください。 また落ち着いたところで競馬予想なども再開いたします。

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

18年NHKマイルカップ予想

今回は少し手短に。タワーオブロンドンやカツジ、テトラドラグマ辺りに人気が出そうですが、1600m重賞を勝った馬はここで凡走のケースが多いんですよね。
ここは1800m実績を重視しして毎日杯2着のギベオンを推そうかと。
予想
◎:ギベオン
〇:カツジ
△:ロックディスタウン
☆:ルーカス
いずれも1800mの経験のある馬。ルーカスも東スポ杯2着実績もあるわけで可能性はゼロじゃないはず。

| | コメント (0)

2018年4月27日 (金)

18年天皇賞・春予想

99年の天皇賞・春も勝っているスペシャルウィークの死去が伝えられていますね。
現役時代には私的には馬券的に痛い目にあっているので印象が良くないのですが(笑)、それでも名馬の一頭である事には変わりはありません。日本でも古くからの母系血統のシラオキ系で、ブエナビスタやシーザリオなどの産駒を残し、当時の賞金王でもあった95年「黄金世代」の先頭に立っていた存在。ご冥福をお祈りいたします。
 
さて予想に。やはりJCを勝ったシュヴァルグランの巻き返しが注目されてますね。ハーツクライ産駒の成績がディープ産駒を上回っているだけにいけるかも。ただハーツクライ産駒は他にもいるんですよね。サトノクロニクルにチェスナットコートにカレンミロティック…ここはサトノクロニクルが勢いでいくのも。
あとはステイゴールド系。中でも上がり馬ガンコをどう見るか。ただダートや長距離戦ばかり使っていたのが気になります。割と短距離経験も必要なので…レインボーラインは阪神大賞典を勝っているものの、この馬は秋の方が良く走る感が…
そして忘れていたクリンチャー。ディープはディープでもディープスカイ産駒のこの馬は?
 
予想
◎:シュバルグラン
〇:クリンチャー
△:サトノクロニクル
☆:チェスナットコート
 
ここはハーツクライ産駒とクリンチャーの可能性を信じて。チェスナットコートも行けそうな感じがするんですよね。内枠有利だし。

| | コメント (1)

2018年4月13日 (金)

18年皐月賞予想

弥生賞を勝ってここは盤石かと思われていたダノンプレミアムがまさかの故障回避。一気に混戦ムードになってきました。
ホープフルSを勝ったタイムフライヤーも若葉S5着の上にあまり縁起の良くない1枠1番。となると弥生賞2着のワグネリアンや共同通信杯を勝ったオウケンムーン、スプリングSを勝ったステルヴィオが人気になりそう。デムーロ騎手の乗るキタノコマンドールも人気になりそうだけど、皐月賞は距離が短いところを使ってる馬の方が勝てるんですよね。2200mのすみれSを使ったあとでは・・・
予想
◎:ステルヴィオ
〇:オウケンムーン
△:ジェネラーレウーノ
☆:エポカドーロ
ここは1600~1800mだけを使ってきたステルヴィオを本命に。
よく見るとロードカナロア産駒にオウケンブルースリ産駒、スクリーンヒーロー産駒にオルフェーヴル産駒…あえてディープ産駒を切ってみました(笑)

| | コメント (1)

«18年中山グランドジャンプ予想