2018年5月 8日 (火)

母が・・・(スマホでは閲覧注意)

(この話は重苦しい話なので、あえて色で伏せておきます)
日曜日、母が天に旅立ちました。

旅行から帰ってからは、まだしゃべるところまではいたものの、次の日から食事が出来なくなり、徐々に言葉も出なくなっていき、日曜日の朝に病院に呼ばれたときは呼吸が乱れた状態。家族や親せきに見守られながら息を引き取りました。

本当は旅行に行くのもやめようかとも思っていたのですが、その時の母は「気にせずに行っていいよ」と言ってくれて(姉もその言葉で別方面の旅行へ行く事が出来た)、最後まで気を使ってくれていました。私たち姉弟も、まさかこんなに急激に衰えてしまうとは思わず…。
一度は3月に退院して一緒に食事もできたのですが、4月からまた徐々に悪くなり再び入院、一度帰宅して自宅で療養できたのですが、再び悪化して再入院し、そのまま病院での最期でした。

そして、問題は病名。死亡診断書の死因には「肝がん脾腫」、つまりガンの一種である事が分かりましたが、当初は手術直後に「ガンではない」との通告を受けてたのにも関わらず、あとでガンである事が分かるという不可解な状態でした。
医者の話によると、今回の母の症例は病院では5年前に1度しかない珍しいもので、術後の検体を大学病院で調べてもらっても、原因不明だったそうです。だから特効薬がないから抑えるしかない、薬で治療し、黄疸を抑えるために外にタンクを出して排出するなどの方法を取っていました。

しかし、私の他姉や親類には知らされず、親父だけに医者から告げられていたそうなのですが、4月の再入院の時点では「手術で摘出した脂肪の固まりが同じぐらいに出ている。もう処置ができないかもしれない」状態だったそうで、「まるで倒せないエイリアンのような症状だ」とまで。
簡単に言ってしまえば、極めて症例の少ない病気にかかってしまったという事です。
今の私に言えるのは、母の与えた検体をさらに分析して何か打開策を見出してくれる事を祈るしかありません。それが同じ症状にかかった方を救うきっかけになるかもしれないから。

 
そして今、2日間の葬儀を終えて、ようやく落ち着いたところです。
これから親父と2人で過ごさなくてはなりませんが、この後初盆までやる事が多いですが、姉夫婦の手助けもあるので、ここは何とか乗り切っていくだけです。
その間、今も更新の少ないブログですがさらに減るかもしれませんがご容赦ください。 また落ち着いたところで競馬予想なども再開いたします。

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

18年NHKマイルカップ予想

今回は少し手短に。タワーオブロンドンやカツジ、テトラドラグマ辺りに人気が出そうですが、1600m重賞を勝った馬はここで凡走のケースが多いんですよね。
ここは1800m実績を重視しして毎日杯2着のギベオンを推そうかと。
予想
◎:ギベオン
〇:カツジ
△:ロックディスタウン
☆:ルーカス
いずれも1800mの経験のある馬。ルーカスも東スポ杯2着実績もあるわけで可能性はゼロじゃないはず。

| | コメント (0)

2018年4月27日 (金)

18年天皇賞・春予想

99年の天皇賞・春も勝っているスペシャルウィークの死去が伝えられていますね。
現役時代には私的には馬券的に痛い目にあっているので印象が良くないのですが(笑)、それでも名馬の一頭である事には変わりはありません。日本でも古くからの母系血統のシラオキ系で、ブエナビスタやシーザリオなどの産駒を残し、当時の賞金王でもあった95年「黄金世代」の先頭に立っていた存在。ご冥福をお祈りいたします。
 
さて予想に。やはりJCを勝ったシュヴァルグランの巻き返しが注目されてますね。ハーツクライ産駒の成績がディープ産駒を上回っているだけにいけるかも。ただハーツクライ産駒は他にもいるんですよね。サトノクロニクルにチェスナットコートにカレンミロティック…ここはサトノクロニクルが勢いでいくのも。
あとはステイゴールド系。中でも上がり馬ガンコをどう見るか。ただダートや長距離戦ばかり使っていたのが気になります。割と短距離経験も必要なので…レインボーラインは阪神大賞典を勝っているものの、この馬は秋の方が良く走る感が…
そして忘れていたクリンチャー。ディープはディープでもディープスカイ産駒のこの馬は?
 
予想
◎:シュバルグラン
〇:クリンチャー
△:サトノクロニクル
☆:チェスナットコート
 
ここはハーツクライ産駒とクリンチャーの可能性を信じて。チェスナットコートも行けそうな感じがするんですよね。内枠有利だし。

| | コメント (1)

2018年4月13日 (金)

18年皐月賞予想

弥生賞を勝ってここは盤石かと思われていたダノンプレミアムがまさかの故障回避。一気に混戦ムードになってきました。
ホープフルSを勝ったタイムフライヤーも若葉S5着の上にあまり縁起の良くない1枠1番。となると弥生賞2着のワグネリアンや共同通信杯を勝ったオウケンムーン、スプリングSを勝ったステルヴィオが人気になりそう。デムーロ騎手の乗るキタノコマンドールも人気になりそうだけど、皐月賞は距離が短いところを使ってる馬の方が勝てるんですよね。2200mのすみれSを使ったあとでは・・・
予想
◎:ステルヴィオ
〇:オウケンムーン
△:ジェネラーレウーノ
☆:エポカドーロ
ここは1600~1800mだけを使ってきたステルヴィオを本命に。
よく見るとロードカナロア産駒にオウケンブルースリ産駒、スクリーンヒーロー産駒にオルフェーヴル産駒…あえてディープ産駒を切ってみました(笑)

| | コメント (1)

18年中山グランドジャンプ予想

ここもやはりオジュウチョウサンの牙城は崩れそうにないんですよねえ。メンバーの高齢化に加えて、ルペールノエルもシンキングダンサーもアップトゥデイトもなんとなく「決着がついた」感が否めないし・・・
ここは新参のマイネルクロップと二ホンピロバロンに期待するしか。何気に二ホンピロバロンはオープン戦でオジュウチョウサンに勝っていたりします。もしかすると・・・?
予想
◎:オジュウチョウサン
〇:二ホンピロバロン
△:マイネルクロップ
☆:メイショウアラワシ
まあ結局オジュウチョウサンが本命になるわけですが(笑)、ここは障害の新たなスターにも期待したいところ。

| | コメント (1)

2018年4月 6日 (金)

18年桜花賞予想

やはり阪神JF1~3着のラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアの3頭が人気に。まあこの3頭はチューリップ賞でも1~3着独占(1着ラッキーライラック、2着マウレア、3着リリーノーブル)なので、なかなかつけ込む隙がないですしねえ。
他に人気になりそうなのがシンザン記念を勝ったアーモンドアイだけど、シンザン記念とこのレースの相性はかなり悪いんですよね~。他にオルフェーブルの全妹デルニエオールも出走予定だけど、さすがにステイゴールド産駒に1600mは忙しすぎるんじゃないかと・・・
予想
◎:ラッキーライラック
〇:マウレア
△:アンコールプリュ
☆:トーセンブレス
あえてリリーノーブルを外したのはここはディープ産駒で固めてみようかと(笑)でもラッキーライラックは外せないなあ^^;
 
 

| | コメント (1)

2018年3月30日 (金)

18年大阪杯予想

レイデオロやサトノクラウンらがドバイに行った分手薄になっている今回の大阪杯。やはりサトノダイヤモンドとスワーヴリチャード、アルアインなど少々混戦になっております。
ここは前例で金鯱賞を勝ったスワーヴリチャードかなと。宝塚記念でもそうだったように中京芝2000mと阪神コースは意外と相性がいいわけで、サトノダイヤモンドよりもこちらかなと。
乗り替わりばかりなのも有利。スワーヴリチャードはMデムーロ騎手がそのまま乗るのに対し、サトノダイヤモンドやシュバルグランも乗り替わり。ルメールも武豊もドバイにいるのでここはチャンスかなと。
予想
◎:スワーヴリチャード
〇:アルアイン
△:サトノダイヤモンド
☆:ウインブライト
ここはスワーヴリチャードとアルアインで。ウインブライトも現在の勢いを保てればいけるはず。

| | コメント (1)

2018年3月25日 (日)

桜とSL

3月も終わりに近づき、思ったより早く桜の開花が始まってます。今日は会社の道具作りを少ししてから、ちょっと近くまで桜の写真を撮りに行って来ました。

2018home012
まあ毎年のごとく天竜二俣駅ですが^^;桜の方は八分咲きといったところ。

2018home011

最近母の入院などで写真を撮る余裕がなかったので桜の写真は久々にいい機会でした。今度は動物写真を撮りたいところだけど、それはやはり来月GWの長崎の旅行待ちかな・・・

2018home010
もう一つ撮ってきたのが、天竜二俣駅前の道路の向かい側にある機関車公園。そこにあるC58 389号機は実際に国鉄二俣線(現:天竜浜名湖鉄道)で走っていた蒸気機関車の1両で、旅客や貨物運搬に使われていました。ただ部品盗難があったり表面がデコボコだったりと、あまり状態は良くありません。一部部品が復元されていたところもありましたが、再び走行するのは困難そう。せめて見た目の復元をしてほしいところですね。

2018home013

ちなみにこれが389号機の現役時代。親父が1970年に撮った貴重な写真です。(金指駅前にて)

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

18年高松宮記念予想

やはりレッドファルクスが1番人気になりそうな感じですが、それでも阪急杯を勝ったダイアナヘイローやオーシャンS勝ちのキングハート、シルクロードS勝ちのファインニードルなど注目馬が多い状態で混戦模様です。
私的にはキングハートに頑張ってほしい所なんですよね。父オレハマッテルゼに母父マイネルラヴと日本のスプリント馬の血統で、勢いに乗ると強いタイプ。ここは父と母父の意地をみせてほしいところです。
まあダイアナヘイローも父キングヘイローで頑張ってほしい所ですが、鞍上の武豊騎手が今回はダンツディレクターに乗るのが気がかり。となると血統的には連対率が高いアドマイヤムーン産駒のファインニードルかなとも。
そして同じ「レ」の付く桜花賞馬コンビも(笑)それでも推さない意地。
予想
◎:ファインニードル
〇:レッドファルクス
△:キングハート
☆:ナックビーナス
あえて本命にレッドファルクスを選ばずにファインニードルを本命に。やはりアドマイヤムーンの安定感は外せない・・・

| | コメント (1)

2018年3月11日 (日)

ついにあの季節が・・・

母が退院し、少しずついつもの調子に戻りつつありますが、3月に入っていよいよ花粉症の季節に入り始めてます・・・。1月から風邪予防を兼ねてマスクを常時付けて仕事をしているため、まだ鼻に関しては落ち着いているのですが、目の方が徐々に痒みが出てきています。目薬をしながらしのいでいますが、そろそろ病院に行った方がいいかも。今後暖かくなってますます花粉が飛ぶようになるときつそうですし。4月末まで耐えるしかありません。

2018cars001

みんカラでは何度か取り上げてますが、車も1年を過ぎていろいろ手を加えてます。純正のサイドシルスポイラーを取り付け、リアフォグランプをバンパーリフレクターに移動、そして空いたリアフォグランプ部にバックランプを入れて2灯化…など結構苦労する作業になりましたが、ホイールは純正だし、見た目ノーマルと変わりません(笑)
でもこれ以上派手にするつもりはないので「パット見ノーマルな大改造」を続けて行こうかと。

2018cars002

そして先日走行距離が8800㎞を越えました。キリ番撮影はこれが初だったり^^;
仕事が仕事なので、前のGJ程距離が伸びてませんが、今後長崎旅行や夏や冬で長距離ドライブに行く予定なので、まだまだ伸びていくはず。でも年間10000㎞はいきたかったなあ・・・

| | コメント (0)

«退院