« 結果は微妙 | トップページ | とぉ~とぉ~、九月!! »

2009年8月31日 (月)

不徳の「成す」ところ

衆院選、最終的に投票率アップ、民主圧勝で終わりましたね。まあこの祭りがどこまで続くか。まあ一極支配政権だと批判を受けやすいので、社民党と国民新党との連立になるらしいですが。

一方の意気消沈の自民党。落選の議員達は揃って「私の不徳の致すところ」と敗因をコメントしてますが、今回は正に「不徳の致すところ」というよりは「不徳の成すところ」といった感じです。そもそも「不徳の致すところ」は中国で生まれた言葉。権力者が蹴落とされて新しい権力者に変わるときはこう呼ばれます。「徳」とは天がその権力者を選ぶと言う事。つまり、不徳とは「天が権力者を見放した」という意味。その原因は権力者の失政だけでなく、地震や洪水などの天災も含まれます。国民が災害で死んでいくのは天が見放したから、つまり権力者を見放したからとみなされるわけです。こういう時は元権力者は新権力者によって抹殺されるパターンが多いです。

そう考えると、今年は「貧困(不況による失業率増加)」、「洪水災害(兵庫県佐用町や山口県の老人ホームなど)」、「地震(駿河湾沖地震)」、さらには「疫病(新型インフルエンザ)」。正に天災続きの権力者の「不徳」。・・・よかったねえ麻生さん昔の中国じゃなくて。昔だったらつるし上げられて殺されてたよほんとに(汗)

世間話はここまでで、日常話に。昨日は鉄道模型を仕上げてました。

2009railmodels002 ようやく列車が走れるところまでたどり着きました。後は架線柱を付けるのみ。

2009railmodels003 ただホームが大きくなって、山の方が目立たない存在に(汗)

次はどこに手を入れるかな・・・。

|

« 結果は微妙 | トップページ | とぉ~とぉ~、九月!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結果は微妙 | トップページ | とぉ~とぉ~、九月!! »