« まずはPictBearで | トップページ | 写真まとめ »

2010年1月 7日 (木)

JRA賞

今回はやはり先日発表されたこのネタ。まあぶっちゃけ「妥当」な結果ですね。それでは順々に検証。

年度代表馬、最優秀4歳以上牝馬:ウオッカ(2年連続)

ヴィクトリアM、安田記念、そしてJCと勝っているだけに、当然といえば当然。そして相変わらず牡馬勢のだらしなさを露呈させる牝馬(笑)最後のドバイを勝って、牡馬達に喝をいれてくれい。

最優秀4歳以上牡馬:ドリームジャーニー

特別賞:カンパニー

まあそういいながらも、牡馬の中でも頑張っていたのがこの2頭。新興勢力が出ない中で、やはりベテラン勢が引っ張った形ですね。カンパニーはやっぱりマイル中心活躍だったから、短距離にも最優秀にも外れたということか。やはり中距離馬の賞もあった方がいいような気が…。

最優秀3歳牡馬:ロジユニヴァース

どんぐりの背比べ的な面々の中で、ダービーを勝ったというだけで頭ひとつ抜けた感じです(笑)。アンライバルドは皐月賞以降ダメダメだし(しかも屈腱炎で長期休養)、スリーロールスも有馬記念の故障で引退。むしろワンダーアキュートやゴールデンチケット、シルクメビウスなどのダート馬だけが盛り上がっている気が(汗)今年がんばる芝の4歳馬は果たしているのか?

最優秀3歳牝馬:ブエナビスタ

こちらは有力馬目白押し(笑)の牝馬勢。まあブエナかレッドディザイアのどちらかでしょうけど、春の勢いの上に、最後の有馬記念での2着で面目を保っただけに、まあブエナで決まりでしょうね。今年の活躍はどうかな?というより、ブエナは果たして無事に海外遠征できるのか?

最優秀短距離馬:ローレルゲレイロ

高松宮記念とスプリンターズSの2冠達成。これもまあ妥当でしょう。GⅠ以外はダメなのはご愛嬌(笑)まあこのままズルズル現役を続けるんじゃなくて、しっかり勝ち星を増やして、惨敗したら引退するぐらいの潔さはほしいです。

最優秀2歳牡馬:ローズキングダム

最優秀2歳牝馬:アパパネ

ノーコメント(笑)GⅠ買った時点で決定なんだからコメントしようがないでしょう。

最優秀ダートホース:エスポワールシチー

これは文句なし。記録ハンターとして見事な仕事っぷりでしたから。(かしわ記念でカネヒキリのGⅠ8勝阻止で優勝、南部杯でブルーコンコルドのGⅠ8章阻止で優勝)

ヴァーミリアンがGⅠ8勝目をあげたのも、この馬が出走しなかったからなわけで、今後の活躍も期待したいです。

最優秀障害馬:キングジョイ

まあ中山大障害を勝った時点でこうなるでしょう。どうも中山グランドジャンプの評価が低いような気がするのは気のせいでしょうか?

調教師・騎手部門はカット(笑)でも驚くべきは、ついに完璧超人(武豊)の牙城がくずれ、最多勝騎手に内田博幸騎手、最高勝率騎手に安藤勝巳騎手が受賞。去年の武は散々だったからなあ。今年も若手精鋭の騎手たちが活躍してくれると面白くなるのですが。三浦皇成騎手も、ほしのあきとウツツ抜かす暇があったらGⅠ取れるようにがんばれ!(半分応援)

|

« まずはPictBearで | トップページ | 写真まとめ »

競馬関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まずはPictBearで | トップページ | 写真まとめ »