« ワークシェアリング再開 | トップページ | 月撮影4 »

2010年1月27日 (水)

コスト削減のつけ?

トヨタのリコール、かなり大規模なことになってきましたね。まあこれは正直コスト削減ばかり徹底してきた事のつけじゃないかと思うんですよ。1割~2割ならまだしも、いまや半分とまで言い出してる始末。しかもこれを「涙ぐましい努力」と幹部がいいますが冗談じゃない、涙ぐましい努力をしてるのはその下請け会社だけで、トヨタ本社にはエンジニアだけがわんさといるのに、そちらには「出張回数制限」だけでコストなんて落としていないわけで。実際に去年就任した豊田章男社長が「今のうちの仕事のやり方ならチーフエンジニアなんていらない」と怒ったそうです。今のところは日本での信頼によってトヨタのシェアはまだ守られるでしょうけど、中国やアメリカが落ち込んでる以上、GMの二の舞になる可能性もゼロではないでしょうね。ここはコスト一辺倒ではなく、質を徹底したものに原点回帰すべきだと思います。正直、レンタカーなどでトヨタ車に乗ってみると、「走る道具」の方に徹底しすぎて、「乗って楽しむ」という感覚は無視してるように見えるんですよ。ここらをもっと改良して欲しいですが…同系列になってしまったスバルにも少々不安を感じます。

2010home004

小難しい話だけではつまらないだろうけど、ネタがないので、とりあえずイナバの写真でも。最近は寒いせいか、大抵はウサ饅頭状態です。

|

« ワークシェアリング再開 | トップページ | 月撮影4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワークシェアリング再開 | トップページ | 月撮影4 »