« 中途半端な天気 | トップページ | 久々の晴れ »

2010年3月25日 (木)

休みながら行けない時代。

2005hatsu028 長い間、鳥羽と伊良湖を結んでいた伊勢湾フェリーが、今年9月末で廃止になるらしいです。鳥羽方面に行くにはちょうどいい近道だったこのフェリーですが、伊勢湾岸道の開通や、高速道路料金の値下げなどで、採算が取れないとの事。
う~ん、確かにフェリー代は高いですが、一番の最短距離で紀伊半島や鳥羽へ遊びに行けるこのルートがなくなるのは残念というしかありません。何より一番このフェリーがなくなるのが困るのは、(鳥羽側の)鳥羽市と(伊良湖側の)田原市。何たってフェリーの経済効果に支えられてる両市。鳥羽水族館もフェリー乗り場隣接だし、伊良湖には道の駅やホテルなど観光名所があります。さっそく対策本部を立上げ、フェリー存続に向けて要望書を愛知県と三重県に提出するらしいです。まあもし存続するとしても、現在8便あるダイヤは大幅減便は避けられないでしょうね。
ただ、ここで言わせてもらいたいのは、フェリーは移動するためだけではなく、車を止めてドライバーも休める場所でもあるということ。いくら高速道路で行った方が安いといっても、静岡から三重まで休まずに行くわけにはいきません。どんなに運転に自身があるドライバーだって、ノンストップで移動しようもんなら確実に目はうつろになります。かえって事故の原因になって渋滞を引き起こし、皆が迷惑するだけです。しかし、目的地への時間も考えると、SAやPAで休める時間は限られてしまいます。そう考えれば、フェリーは車を止めて、休みながら移動できるわけで、かなり有効活用できると思うのです。私も九州旅行などでよくフェリーを利用しましたが、寝転がれる場所もあるので、とても楽でした。結局それをアピールしなかったばかりか、料金にばかり目が行ってしまったがゆえの結果だったわけですね。
愛知県や三重県が動くのは難しいところでしょうが、ぜひとも存続を期待したいです。

|

« 中途半端な天気 | トップページ | 久々の晴れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中途半端な天気 | トップページ | 久々の晴れ »