« ウオッカ引退 | トップページ | ちょこっとだけ修正 »

2010年3月 9日 (火)

食文化はどこだって残酷

昨日のアカデミー賞授賞式。ドキュメンタリー部門で和歌山のイルカ漁を題材にした「ザ・コーヴ」が受賞。日本での公開が問題になってますね。確かに海外から見れば「クジラやイルカを食べるなんてなんて残酷な」というイメージがあるかもしれませんが、それを言えば、牛や豚を食べるのは残酷じゃないのか、海外だって、アザラシやオットセイ、ウミガメを食べる地域があるじゃないかとも言いたくなります。さらにイルカ漁を盗撮で撮られていたという事実もあり、ちょっとこれは問題があると思いますね。

例えば、もしここでクジラやイルカ漁を全面禁漁にしたとしましょう。そうなるとクジラの量が増える→たくさんの小魚を食べる→小魚が減る→食べるものがなくなったクジラが滅亡…という可能性もあるわけです。クジラの食べる小魚の量は半端ではありませんから。事実、こんな話もあります。昔ある森で、人間が持ち込んだオオカミが野生化して、元々森にいたシカを捕食するようになり、シカが減少しました。そこで人間はオオカミを全面駆除に乗り出し、オオカミは激減。しかし、それによってシカは以前の森以上に増加、草木を食べつくしたシカは滅亡、それを食べるはずのオオカミも滅亡、森も死んでしまいました。結局、一度人間の介入による崩れた生態バランスは、人間によって「制御」していくしかないと思うんです。漁獲枠をきっちり決めて、密漁はしっかり取り締まって、獲り過ぎず、多く増やさず制御していくしかないと思うのです。

以前、シーシェパードが「液体入りの瓶を調査船に投げつけて妨害、その液体を吸った乗員が軽症」という話を聞きましたが、シーシェパード側は「その液体入りの瓶が海に落ちて、クジラが飲み込んだらどうなるのか」というのを考えていないんですかね。以前「美味しんぼ」でも取り上げられましたが「クジラが増える減るの問題じゃない、捕鯨問題は日本叩きの絶好の材料」というのは今でも続いているようです。

あ~、難しい話になってしまったので、本日のイースオンラインで話題変え(汗)

2010yso023_2 黄輔法師とキュリオは師弟関係にしてます。師弟PTにする事で、回復力アップや経験地アップなどのバフが受けられるのがありがたいです。キュリオも32に到達。あとはオーラを稼ぐだけ。しかし、黄輔法師は未だに52にならずあと10%…誰か、レンジャーで楽勝で、1体20万ぐらいの経験地が取れる場所教えてください(馬鹿かお前は)

|

« ウオッカ引退 | トップページ | ちょこっとだけ修正 »

イースオンライン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


シー・シェパードの船長がこのたび日本に連行されたことで、捕鯨支持への声がこれまでになく高まっている。反捕鯨論の信用は史上最低レベルに低下した。
これもすべてシー・シェパードの暴力行為のおかげだ。暴力的な直接行動のおかげで、「反捕鯨論者は恐ろしい人間」というイメージが日本国中に浸透した。思えば、非暴力を謳うグリーンピースの場合、海獣捕獲論争以外での基本的立場はほとんど同じだったから、多少批判しにくいところがあった。
 しかし、今回は極右的な直接行動主義のグループが相手だ。こちらの方が批判をずっと行いやすい。なぜなら、現代の日本人は暴力的直接行動を好まないのに、シー・シェパードはそれを理解せず、過激な行動を繰り返して、どんどん自滅してくれるからだ。
 そう、今回の件は反捕鯨論の敗北である以上に、直接行動主義の敗北でもあるのだ。極右の皆さんも、「他人のふり見て我がふり直せ」ということわざをしっかり心に刻んでいただきたい。

投稿: 梅咲アラカ | 2010年3月13日 (土) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウオッカ引退 | トップページ | ちょこっとだけ修正 »