« 天気が相変わらず | トップページ | 下で難しい話を書いてしまったので »

2010年5月28日 (金)

人にやらせたがる国

沖縄の移転問題。結局元の木阿弥になり、いろいろ反発がありますね~。まあ、日にちまで決めて、県外移設を目指すとはっきり発言してしまったのが、結局アメリカと沖縄に翻弄された形。確かに民主党側の責任は重いと思います。が、問題はそこだけじゃなく、そもそもなぜ沖縄と政府、政府とアメリカと仲介するようなやり方で交渉してしまったのか、という事。そんなやり方ではアメリカの納得なんて得られるわけがないし、沖縄の「無責任」の発言もいまいちかすれてしまう感じがします。ここは最初から「アメリカ、沖縄、政府の3者会談」をしなければ、アメリカだって沖縄の現状を無視し続けるし、沖縄だって海外の脅威を感じないままになってしまいます。もし本当に「基地は要らない」というのなら、県知事が直接アメリカに乗り込んで交渉する手だってあるはずです。まあ交渉は拒否されても、現状を話す事ぐらいはできるはず。社民党も社民党で、福島党首が直接アメリカに行って会談すべき。沖縄に行っても「音頭とりをしてるだけ」で何も意味はありません。閣僚だからこそ権限は強いはずなのに、結局沖縄でとどめてしまい、後の事は民主党にやらせる。これでは「沖縄の負担軽減を目指す」という福島氏の言葉もいまいち説得力がありません。まあ自分じゃやらないのが日本人ですもんねえ。

 昔から私含めて日本人は、「面倒な事は人にやらせる」のが信条な所があり、特に政府間では特にその傾向が強まります。そして、「自分で何とかする」という人が現れると、拍手喝采の一方で「独断すぎる」とののしる人もいるという始末。前にも書きましたが、「決断力のある人」と「独裁者」は紙一重なわけで、独裁者嫌いの日本人は、結局話し合いで問題先送りにする手法で逃れてしまうという傾向に。

 話を知事の話にすると、同じ事は宮崎県の口蹄疫問題にも言えます。「地方分権」と掲げる東国原知事ですら、問題が出ると「国が何もしてくれない」と国にすがる結果に。確かに県が何もしていない事はないのですが、まず真っ先に国が国がと頼るのはどうかと。地方分権なら、道路だって雇用だって経済だって、まず県の中で出来る事をやるのが大事なのに…。
 これは結局、「お上に逆らうべからず」を確立してしまった江戸幕府、「中央集権国家」を推し進めた明治政府の最大の罪なんですよね。そろそろ国と県のシステムを大きく見直す必要があると思うのですが…。そうでなければ、財政も経済もいずれ破綻しますよ

|

« 天気が相変わらず | トップページ | 下で難しい話を書いてしまったので »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天気が相変わらず | トップページ | 下で難しい話を書いてしまったので »