« まだ違和感が | トップページ | あ~、また難しい話をしてしまった »

2010年6月 3日 (木)

過去を学べ

あ~あまり書きたくないんですけどね鳩山首相退陣の話。
ただ一言で言うなら、「政治家はまず歴史を学べ(特に平安時代から江戸時代まで)」と言いたいですね。ほんとの政治は何なのかは過去から学ばないといけないのに、何だか「過去を振り返らない」政治がはこびってしまい、結局同じ事を繰り返してるんですよね。鳩山政権には小沢幹事長という「大奥」が存在するし、それでいて問題を話し合う場や、簡潔な政治システムを作らなければいけないのに、周りの意見を聞きすぎた結果カンカンガクガクの政治になってしまった感です。まあ沖縄や口蹄疫の話は以前書いたので割愛。

後は自民党が相変わらず。こども手当の予算を作ると「ばらまきだ」、そして退陣になると、「解散総選挙をしろ」。去年の民主党の談話をコピー&ペーストしたようなこの発言に飽き飽きするばかりです。
「我が党は昔のやり方を改めて、今変えようとしている。民主党が昔の我が党のやり方を真似してどうするんだ!」
とか言えば、国民の気持ちはすぐに傾くはずなのに、九官鳥かオウム(鳥の方ね)みたいな発言を繰り返すばかり。結局自分達は「自分達の官僚主導のやり方は間違ってない。常に日本のために政治をしていた」と、「龍馬伝」の武市半平太のような考えなんでしょうねえ。

もうすぐ参議院選挙ですが、ここはしっかり吟味して投票しましょう。ここで安易に「自民党の方がいい」と入れたら、またねじれ国会になって混乱するだけだし、「政治には呆れるから投票には行かない」となると、民主党が組織票で有利になってしまいますよ。マスコミや雑誌の戯言を飲み込みすぎないように、ちゃんと判断して投票すべきです。何だかんだ言っても、その国会議員を選んでいるのは、国民の1票なのですから。

|

« まだ違和感が | トップページ | あ~、また難しい話をしてしまった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ違和感が | トップページ | あ~、また難しい話をしてしまった »