« 洗濯できるのか!? | トップページ | 下は難しい政治話なので »

2010年7月12日 (月)

参院選感想

参院選は結局民主党の敗北でしたね。まあみんなの党が議席分持っていった感じですがね。「消費税増税論」も影響はあったと思いますが、正直ここは国民のわがままも垣間見えます。
今のままの「手厚い」年金制度や、「遊ぶ公務員」がいたままの財政状態では、間違いなくギリシャの二の舞でしょう。それにこういう公務員無法主義になってしまったのは、「分からないから投票に行かない」「人柄と知名度で候補者を選ぶ」国民の責任でもあります。
話によると、民主党による政権交代で、今まで省庁法人に居座る官僚に押えつけられていた若手の官僚達が省庁内を変えようという動きもあるそうです(その多くがバブル崩壊を子供の頃に味わった官僚というのが注目)。だから、民主党のやってる事は確かに的を得てないところもありますが、間違いなく自民党に比べれば改革はされていると思います。もちろん私は民主党擁護者ではありませんが、今回の参院選で自民党が再びのさばるのだけは避けて欲しいものです。皆様、忘れてはいけませんよ、政権交代前に矢継ぎ早に法案を通らせて、財政をガタガタにしてしまった自民党のやり方を。

|

« 洗濯できるのか!? | トップページ | 下は難しい政治話なので »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗濯できるのか!? | トップページ | 下は難しい政治話なので »