« 再び脚光? | トップページ | 下で政治話をしたので切り離し »

2010年8月27日 (金)

小沢氏は「悪役」になれるのか!?

「小沢氏、民主党代表選出馬へ」
いよいよ大奥出陣てな感じですね。やっぱりみんな「資金問題がまだ解決してないのにやるな」とか「民主党はやっぱりダメだ」とか意見が多いですが、私は呆れを通り越して、こうなりゃ代表になって、とことんなたを振るってもらいましょうとか思えてきました。もう世間の批判、支持率を気にせず、とことん「悪役」になっていただきたいと。「悪者」ではなく「悪役」、つまり、世間に批判をさらされようが、命を捨ててでも今の状況を打破して財政再建、景気対策に取り組み、次の改革者に託してほしいと思うのです。そりゃ我々国民にはたまったものではありませんが、でもその後の改革で必ず効果が現れるものもあるはず。歴史を見ても、吉田東洋や調所広郷、井伊直弼辺りが悪役の代表選手。彼らは世間に憎まれても改革を断行し、結局暗殺や自殺で命を落としますが、その後は国民全体が危機意識を持つようになり、結果的にはいい方向に向かいました。
以前自民党を離党した某政治家が「自ら坂本龍馬になる」と宣言してましたが、冗談じゃない、政治家はヒーローになってはいけないのです。というより、世間の音頭とりをするために龍馬は動いてたわけじゃないのにねえ。むしろ「井伊大老のような断を下す存在になるつもり」と言ったほうが、評価は高くなると思うのですが。
さあ、果たして小沢氏は「悪役」になるのか、「悪者」のままで終わるのか。今後に注目だと思います。

|

« 再び脚光? | トップページ | 下で政治話をしたので切り離し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び脚光? | トップページ | 下で政治話をしたので切り離し »