« アニメイテッド26話 | トップページ | 政治話は置いといて »

2010年9月26日 (日)

歴史を学ばない政治家

中国の問題がえらい事になってますねえ…。「釈放」ではなくまず「不起訴」の形にすべきだったと思うのですが。釈放ということは海外、特に中国は「無罪の人を解放する」という事ですから、反発するのは当然です。しかも「釈放」しろと迫ったから「釈放すれば収拾するだろう」と思ってるところも甘いところで、釈放したらこれが常論になってしまい、どんどん尖閣諸島の海上保安庁の船に中国や台湾の船がぶつかっていきますよ。中国とは正にそういう国。「自分の国こそ中華(世界の中心に立つ華のある国)」の思想がある上に、日本には以前第二次大戦で「乗っ取られた」という過去から遺恨を残してるのも事実。全てが全て中国が悪いと言うわけではないですが、下手に出る外交は、どんどん付け上がられるだけです。
もう一つ言うなら、もし仮に沖縄のアメリカ軍が全面撤退したら、おそらく中国(政府ではなく、過激な中華思想の団体)はこう言い出すでしょう。「沖縄はそもそもわが国に忠義を約束した国で、それを日本(当時の薩摩藩)が乗っ取った場所。だから沖縄と周辺諸島は中国の領土だ」と。何せ尖閣諸島だってそう言い出してる上に、対馬だって韓国の一部団体から領土を主張してるわけですから、それが世界史の常識です。それが日本人だけが分かっていないんですよねえ。
さて、さっそく野党から「弱腰外交だ」と批判が出てますが、やっぱり歴史は繰り返すなあと思うこの頃。毎回政治話で書いてますが、「政治家はまずちゃんとした歴史を学べ」と言いたいです。政治家の学ぶ歴史は大抵「偉人伝」ばかりで、そんなんだから某政治家が「坂本龍馬になる」とか言い出すと思うのです(笑)もし学ぶなら偉人より、敗者から学ぶべき。特に今の龍馬伝から政治家が学ぶべき相手は龍馬ではなく江戸幕府。重要なことは下級の幹部に丸投げの上に、黒船来航時には友好的に接近したアメリカ(ピッドル)に対していい気になって追い返し、それに怒ったアメリカ(ペリー)が強行策に出ると、急に下手になり条約締結。その途端に他の国に「強行に出れば、この国は簡単に落ちる」と思われてしまい、どんどん攻め込まれてしまうという始末。その結果が大政奉還による幕府崩壊。今とほとんど変わらないじゃないですか(笑)政治家の方にはぜひ敗者の歴史を学んで欲しいところです。でないと、ほんとに歴史は繰り返しますよ。

|

« アニメイテッド26話 | トップページ | 政治話は置いといて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニメイテッド26話 | トップページ | 政治話は置いといて »