« あっさり4冠達成 | トップページ | あの動物も見てみたい »

2010年10月19日 (火)

来年度競馬番組の考察

昨日に次いで競馬の話。来年の競馬番組が早くも発表されましたね。まあ中京競馬場改装で高松宮記念が阪神で開催されるなど、中京のレース関連が多いのですが、まあいろいろ考察。

・中京開催分の振り分け
中京開催分の春と冬は当然小倉競馬場に振り分けられて、中京記念、中日新聞杯、愛知杯などは小倉で開催。ただし前述の高松宮記念とファルコンSは阪神で、東海Sと金鯱賞は京都で開催されます。まあ高松宮記念はもとより、他3レースはGⅠへのステップレースでもあるわけで、輸送面を考えると小倉で開催するのは、関東馬にとって圧倒的不利でしょうしねえ。でも個人的には高松宮記念は新潟で開催して欲しかった…。
そして阪神・小倉の使用が増える事から芝の負担も考慮して、6月前半の京都4日間開催を阪神開催にして、7月前半の阪神開催と後半の小倉開催を京都開催に振り分けられます。つまり梅雨終盤&真夏の京都で開催されるわけで、馬に負担がかからないか心配。なお、7月に阪神で開催されるプロキオンSも京都で開催。

・レパードS、ようやくグレート制に
今まで「重賞」としかかかれなかったレパードSですが、ようやくGⅢに格付けとなりました。旧ダービーグランプリの代替的な存在なのですが、まずはGⅢで落ち着いたようです。いずれはGⅡに格上げされるのかな?
もう一つ、府中牝馬SもGⅡに格上げされるそうです。

・2月の重賞開催の大幅変更
東京新聞杯・京都記念が日曜開催に、クイーンCは共同通信杯の前日に、ダイヤモンドSが土曜開催になってフェブラリーSの前日に変わります。これってやっぱり長距離より中短距離を重視する方向なのでしょうか?一応ダイヤモンドSは天皇賞の前哨戦のポジションなのになあ…。

・障害の国際競走化
お馴染み中山大障害が国際競走となり、外国馬の出走が可能となるそうです。そこまではいいのですが、中山グランドジャンプは逆に国際招待競走を取りやめになるという…やっぱり世界的にも数少ない障害の招待競走なんだし、これは残して欲しかった…まあ世界的に見ても動物保護の観点で障害競走の風当たりが厳しいのは分かるんですけどねえ……

まだ正式はところは来月発表だそうですが、とりあえずこんな感じ。そういえば、重勝式馬券はどうなったんですかね?

そうそう、エリザベス女王杯のメモリアルレースはメジロドーベルに決定。やっぱりなあ~。でもヒシアマゾンとアドマイヤグルーヴ、ホクトベガと競ってましたね。でもヒシアマゾンはやっぱり阪神JFに…と思う人の分でしょうかね。
次のマイルCSもデュランダルとダイワメジャーが接戦中。私はやっぱりデュランダルかなあ。

|

« あっさり4冠達成 | トップページ | あの動物も見てみたい »

競馬関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あっさり4冠達成 | トップページ | あの動物も見てみたい »