« そろそろ1曲 | トップページ | 旅行中:とりあえず1枚 »

2010年11月12日 (金)

アニメイテッド幻の14話

明日は福知山旅行でアニメイテッドのレビューは出来ないので、ここらでアニメイテッドの幻の14話「死を呼ぶ宇宙生物」を伏せレビュー。

雪山キャンプって結構大変な気がします。オールスパークの反応を雪山で感知したものの、そこでサリはもうキャンプに行く気満々。バンブルビーは現代っ子(?)みたいにゲームが出来ないと反対するものの、結局自然を愛するプロールとともに向かう事に。しかし、やっぱりあてずっぽのキャンプはやはりダメダメ。サリは火を起こすのに摩擦でやろうとするし、バンブルビーはテレビを見るためコンセントを探す始末。プロールがせっかくテントを張ってくれたのに、結局サリはバンブルビー(ビークルモード)の中で寝てるし。意味ないじゃん。
そこへ現れたのは巨大な怪物。どうやらサイバトロン星の寄生獣「宇宙フジツボ」であるらしく、鉱山のパワーショベルなどを取り込んでいるそうで。しかもその取り込んだ「物」のせいで凶暴化。弱点は炎のようですが、一度退治したものの、今度はプロールに取り付いてしまいます。鉱山に逃げ込むバンブルビーとサリですが、出口まで塞がれて八方塞り。バンブルビーは電撃しか使えないし、その内にバンブルビーまでフジツボに取り込まれてしまいます。サリの機転で、消火ホースを鍵でお湯にして攻撃。結果なんとか元に戻ったものの、サリは風邪を引いてしまうと言うオチ。(ちなみにまだこの時点ではサリがプロトフォームである事は知りません)
あ~ちなみに、私一度だけフジツボ料理食べた事があります(汗)もう2度と食べないでしょう。

そして、ここで次の話につながるポイントがいろいろ見つかります。

・その鉱山はサムダック所有で、後にディセプティコンのアジト兼スペースブリッジ建造場所になる。
・その鉱山はメガトロンの体を探すために掘られていた物で、フジツボはそれに取り付いて凶暴化した。

何でこういうポイント高い話を省略しちゃったんですかね。他の未放映の話も気になります。

明日の話のレビューは月曜日にでも。

|

« そろそろ1曲 | トップページ | 旅行中:とりあえず1枚 »

TFアニメイテッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろ1曲 | トップページ | 旅行中:とりあえず1枚 »