« 勢いとは恐ろしいもので | トップページ | そんなのってないの。 »

2010年12月18日 (土)

アニメイテッド38話

今日は仮面ライダーの劇場版を見てきました。当然家族連れで混雑してますが、中には大きなお兄さんお姉さん方も入るので、私も普通に入れます(笑)
今日はアニメイテッドのレビューなので映画のレビューはまた後日。ただ一つ言わせて貰うなら、

亜希子は小さい頃から被り物キャラだったんかい!翔太郎達とアンクの出番少なすぎ!信長はやっぱり自己満足の暴君としてしか描かれないのか!?どうせならその真意は、未来を見据えた平和である事も描いて欲しかった!

といったところでしょう。

では本題のアニメイテッド伏せレビュー。

いよいよ月面に到着したディセプティコン達(と言っても3人+頭(笑)だけど)。以前にロックダウンによって持ち出したプロトフォームによって、本格的にオメガスプリームのコピーを作ろうと言うもの。その一方でスタスクはようやくスペアを利用して体を取り戻しました。てかコロコロと頭だけ移動するのがシュールで(汗)
一方で対策に乗り出すオートボット達。ここでオプティマスと仲間たちとの過去のファーストコンタクトの話が出てきます。生物の惑星に行った事をウルトラマグナスに問い詰められるオプティマスとセンチネル。センチネルはオプティマスが悪いと責任をなすりつけ、オプティマスは申し開きは一切せずに謝罪。結果オプティマスは士官学校から追放されて、スペースブリッジの修復作業班にまわされる羽目に。でもほんとはセンチネルが惑星に行きたがっていたのですが。性格が見事に対称的ですな。てかほんとに気の毒すぎるぞオプティマス。
現在に戻って、その対策として、オプティマス用のロケットブースターが製作されます。トイで登場したウイングブレードオプティマスですな。しかし、空を飛ぶ時の基本はやっぱり右手をグーで伸ばして、左手は曲げるのは基本ですか?てか飛行能力のTFは誰もそんなポーズしないんだけどなあ。アメコミでも見たのか(笑)案の定、生き残ってたスリップストリームに撃墜されました。てかほんとに迂闊すぎるぞオプティマス。
そしていよいよオメガスプリームの量産を整えたディセプティコン達。アーシーからアクセスコードを取り出そうとしますが、それを自分のものにしようとするスタスク。しかしそれを制したのはラグナッツでした。その結果、オメガスプリームはラグナッツのコピー体に。メガトロンとしては忠実な部下の方が行動しやすいと判断、予定通り地球に向かう事に。そしてスタスクはやっぱりお仕置き。イケメンボロボロ~!
その接近に気づいたオートボット達。オプティマスはウルトラマグナスのハンマーを使うかどうかで悩みます。ヒーローにはなるなと言われた自分、おちこぼれとまで言われた自分…その事を振り払うように、ついにオプティマスはハンマーを手にします。さあ、どうなるオートボットたち。

次回。いよいよ最終回です。

|

« 勢いとは恐ろしいもので | トップページ | そんなのってないの。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TFアニメイテッド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勢いとは恐ろしいもので | トップページ | そんなのってないの。 »