« 昨日は長々と | トップページ | 今週も乗り切り… »

2011年4月14日 (木)

浜松の象徴(良くも悪くも)、ついに解体?

昨日の新聞に、浜松の旧松菱のビルの解体に地権者が合意したと報じられていました。今まで対立していた開発業者(エクセル浜松を手がける所でもある)と、土地の地権者でしたが、松菱経営破たんから10年目でやっと合意に達したそうです。戦前から浜松の一等地に建ち、浜松の一番の象徴だったのが、経営破たんでも解体されず、幽霊ビルと化して浜松中心街の地盤沈下の象徴となってしまっていた松菱がついに姿を消す事になりました。(今年中に着手、来年には完了したいとの事)

大丸の進出断念など、ここまで全く進展がなかった松菱解体がなぜ急展開した理由。浜松中心街の冷え込みももちろんそうですが、一番の要因は、東日本大震災の影響もあるみたいです。何せ太平洋戦争前に立てられた建物である上に、破綻から全くのメンテナンスをしていない状態。耐震補強すらしていません。去年には大通り歩道側のアーケードが落下してしまう事故も起きたりして、地震に耐えられるのかと思っていた矢先に今回の大震災。崩壊の恐怖は地権者側にも伝わったようです。

ただ問題は残っています。まず解体費用はまだ交渉継続であると言う事。費用配分を巡って再び地権者と開発業者が対立すれば、また解体中止になりかねません。そして、今回解体の対象なのは本館ビル(1937年創業)と事務室を兼ねた共同ビル(1974年建造)。しかし、新館ビル(1990年建造)の方はどうなんでしょう。一緒に解体するのか、それとも本館部分だけ解体するのか。そこは気になるところです。

また、この話に前後して、エクセル浜松が入る予定のかじ町プラザの方でも、開発業者と地権者間との対立が解消されたようです。これを気に本格的な出店交渉を進めたいとの事で、これを機に何とか1~3階の空洞化を解消して欲しいです。
また近いうちに旧松菱とかじ町プラザの現状を写真に収めてこようかね。

|

« 昨日は長々と | トップページ | 今週も乗り切り… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

浜松の象徴ですか…。
横浜市民の私にはヤマハ、ウナギ、ギョーザ、徳川家康、石川五右衛門(出生地)、城落としぐらいしか思い付かないのですが…。
(私はケンミンSHOWの自称大ファンです)

投稿: ウィザード・T | 2011年4月14日 (木) 10時23分

浜松市民はあまりそちらは象徴だと意識してないのです(笑)

投稿: 蒼兵衛 | 2011年4月15日 (金) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日は長々と | トップページ | 今週も乗り切り… »