« 桜はまだ遠く | トップページ | 難しい話をしてしまったので »

2011年4月 3日 (日)

まずは冷静に考えてみる

ブログネタ: 原子力発電について、どう思う?参加数拍手

すごく難しい問題ですが、ここはちょいと書きたくなったのでここで一応提言しておきます。
結論から言ってしまえば、推進でも反対でもなく、維持保全が大事たと思うのです。

前にも書きましたが、全電力会社は、今回の教訓をしっかりデータ化して、今後の今現存する全原発に生かすべきだと思います。「原発なんて地震の多い日本には危険だから全部なくせ、終わり」のような感情的結論では教訓無視どころではなく、現実逃避にしかなりません。
今回の事故は「地震で津波発生」→「津波で電源装置が全て故障」→「核燃料の冷却機能が低下」→「内部気温が上昇して水蒸気爆発」という流れでした。どの点からも東京電力の管理のずさんさが原因。今の状況を作った要因になっていますが、ここまでの流れをしっかり見ていけば、いかにすれば冷却システムと原子炉を守れるかという流れも見ることができます。屋内に水がかぶらないようにする、電源システムをより高台に設置するなど、今回の結果から得られたものは大きいはずです。
事実、震源地から近いはずの東北電力女川原発は、同じように津波被害を受けながらも、建屋を高い場所に設置したために最小限の被害で済みました。今も女川原発のPRセンターは避難所として使われるほどです。原子力安全保安委員会もこの差をちゃんと捉えるべきです。
そして、そのデータを生かした耐震・津波対策を全原発に対して行う事も重要。現在、そのまま「原発なんてなくせばいい」とかいう感情論が渦巻いていますが、なくすだけでも50年から100年かかると言われる原子炉をすぐさま全部なくすのは現実的にも不可能です。ではどうするか。ちゃんと分析して、生かし、守る事が大事だと思うのです。新たに増設するなど推進するのは、今の状況ではたしかに馬鹿げていますが、なくすのはもっと馬鹿げています。
太陽光発電はパネルやバッテリーを作るのに膨大な量のレアメタルを必要とし、風力発電は風切り音による騒音被害もあるため、どちらも早い普及は見込めません。いかにして今の電力を確保するか。もちろん節電は欠かすことは出来ませんが、今の設備を生かし、守ることは重要です。
原発のなくしたいという気持ちは分からない事もありません。私自身も目前には中部電力の浜岡原発がありますから、現時点で大丈夫なのかという不安もあります。しかし、もう一度書きますが、今の電力需要から考えても、感情論だけで原発をなくすことは不可能です。ならば、いかにして津波に対応させるかの方が大事なわけで、今はその方針を見守るのみです。
まずは今の福島の推移を見守りつつ、今の原発の守り方を冷静に考えるべきじゃないでしょうか。

もう一つ言わせてもらうなら、今の政府の対応を批判して「民主党はやめろ」という方々もいますが、阪神淡路大震災を思い出してみましょう。
自民党・社会党連立政権で、「自衛隊が来たのは発生後4時間後
当時の村山総理は地震の翌日経済界と昼食パーティー
それにくらべたら、いくら首都圏に近い地震とはいえ、今の政府の対応の早い事。
民主党を応援する気は全くありませんが、この事だけでマスコミのやたらあおる記事やテレビ番組に流されて、自民党に乗り換えるような真似だけには走らずに、冷静に考えましょう。

|

« 桜はまだ遠く | トップページ | 難しい話をしてしまったので »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜はまだ遠く | トップページ | 難しい話をしてしまったので »