« 写真整理中 | トップページ | 難しい話はここまで。 »

2011年5月 6日 (金)

心境は複雑

(正式な発表を聞いたうえで一部訂正しました)

政府による静岡の浜岡原発の運転停止要請。
確かに震源域に近い上に、まだまだ津波対策には問題が山積みしているだけに、全面停止させる気持ちは分かりますが、何だか国民の感情に流された感じの発表なだけに複雑です。ほんとに安全のために停止させるなら、まずは全ての原発を持つ電力会社に、社員を福島や女川に派遣する事を要請して、現状と教訓を学ばせた上で、停止の結論をすべきだと思います。今のままでは電力需要以前に、「全部の原発が悪い」となってしまい、100年以上の無駄な時間の空白が出来かねません。そこらの事はもう何度も書いたのでここでは省略しますが、感情論だけで結論にいたるのは結局現実逃避になるだけのような気がします。

でもこういう事って、昔から続いてるんですよね。幕末の攘夷論だって異国を打ち払うと言うよりは、「鎖国なんてしてたからこんな事になった」が本音だったわけですから(だから薩長や土佐の郷士などの関ヶ原の負け組が倒幕派になったわけで)。飛鳥時代の物部氏による仏教廃絶(疫病が流行ったのは仏のせいだ)、戦後の今でも続く自衛隊論議(軍隊を持ってるから戦争が起こる)、そして今回の論議も、まず対策をすべきなのに、それを押しのけて結論ばかり急ぐ感じがあるんですよね。日本人の悪い一面はこれからまだ続くんですかね。

今から50年後、教科書を見てる子が「原発の対策をしないうちに停止させてしまい、その内に地震が起きてさらなる被害」との記事に「馬鹿だなあ」と言っていた時に、国際宇宙ステーションが地上に墜落し、その落下による津波で20万人が死亡、「数千兆円もかけて宇宙開発なんかしてるからこんな事になった」と論議が起こって、日本政府は宇宙開発の凍結を発表…

今から200年後、教科書を見てる子が(以下略)、異星人交流が進んでいる最中、密かに地球の情報を知られて、とある星が侵略し10億人が戦死、「異星人と交流するからこんな事になった」と議論が起こって、日本政府は異星間の宇宙船ターミナルを閉鎖を発表…

これらは全部フィクションですが、下手したらノンフィクションになりかねない事だと思います。

|

« 写真整理中 | トップページ | 難しい話はここまで。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真整理中 | トップページ | 難しい話はここまで。 »