« 久々の青空 | トップページ | ご静聴(以下省略) »

2011年6月22日 (水)

何度でも言う、歴史を学べ。

はい、今日も時事話です。

相変わらず脱・原発の論議が続いていますねえ。目前に迫っている電力不足の前に、とにかく「原発をなくせば安全」「早く止めろ」「再生可能エネルギーを推進しろ」という感情論ばかりが続く状況が続いております。その一方で、汚染水の処理装置が稼動し始めましたが、トラブル続きの話題ばかりを取り上げて、本格的に取り組んでる姿勢はそっちのけにするマスコミも相変わらず。
福島の皆様はほんとに気の毒だとは思います。でもあえて言わせて貰うなら、今回の福島の事故は、東京電力の管理のずさんさが原因であって、原発そのものが地震に弱いという理由にはなりません。本当に原発が地震・津波に弱いのなら、震源地に近い女川・東通の原発も水素爆発事故を起こして、被害はさらに甚大なものになったはずです。「高台にあったから」という理由で片付けず、あらゆる最悪の事態を想定した津波対策、それも「津波をかぶっても大丈夫」な対策を、他の原発にも応用するべきです。福島での汚染水の処理装置も、今回が初めての稼動なので、トラブル続きになるのは当然です。しかし、この経験がいいデータとなり、後々の不測の事態にも対応できるようになるはずですし、これによって放射性物質除去の技術が飛躍的に高まるはずです。まずは津波対策・放射性物質対策を施しつつ動かせる原発は稼動させて電力需要を確保、その間に太陽光・風力発電の設備を整えて、原発なしでも電力が確保できるようになった時点で、原発廃止の議論をすべきだと思います。今原発をすぐなくしたところで、節電できるのにも限界がありますし(会社・工場、そして家庭全体の電力量をなめてはいけない)、スローガンだけでは節電は不可能です。そして再生可能なエネルギーといいますが、「再生可能なエネルギー」は、「再生不能な施設」で作る事を忘れないように(太陽光も風力も、設備には膨大な量のレアメタルが必要、さらにハイブリッドカーや電気自動車を推進すればさらに必要…)

でもこういう事を言うと、「あいつは原発を推進しようとしている」「危険だと言う事を分かっていない」と言う人が多いのではないかと思います。事実、全国の知事はそんな様子を見せて、なかなか原発再稼動を認めようとしません。
でも、この理論って、幕末の攘夷論と全く変わらないんですよね。「異国を追い払う」という目的の攘夷論ですが、問題はやり方。
「とにかく異国人を切り殺して戦えばいい」という感情論だけで動く鎖国攘夷派が大勢を占める中、その攘夷論の中に「今の技術では異国には勝てないから、まずは異国の技術を学んで、戦力を強くした上で異国に対抗する」という開国攘夷論が生まれました。しかし、鎖国攘夷派にとっては「異国の技術を学ぶなど売国奴だ」と相手を叩きのめし、中には切り殺す事までしたのはご承知の通りです。
しかし、どちらが正しかったかは、明治維新後の政府の方針と日露戦争(イギリスなどの技術を学んで作った海軍がロシアの艦隊を打ち払う)で証明されました。歴史の本を見た人、大河ドラマの龍馬伝や坂の上の雲を見た人なら分かるはずです。
前にも書きましたが、いずれ100年後の人々は今の原発問題の行動をみて「馬鹿だなあ。もっと学べばいいのに」と思うはずです。そう思われないように、もっと冷静に考えて、原発をうまく利用した上での縮小を考えていって欲しいものです。もっとも、今の「国民の感情に振り回されてる」民主党政権と、「とにかく批判できる事は批判して政権から引き摺り下ろそう」とする自民党がいるのでは難しいでしょうねえ。

|

« 久々の青空 | トップページ | ご静聴(以下省略) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々の青空 | トップページ | ご静聴(以下省略) »