« 本格的な暑さに | トップページ | 皆様はないですよね? »

2011年7月11日 (月)

収まらない原発アレルギー

もうあちこちで原発のヒステリックな反応が目立ちますね。確かに福島の被害は相当なものですが、この電力問題の中、いきなり全部の原発を停止するのはいかがなものかと思ってます。
それにしても、九電は馬鹿ですね~。玄海原発の再開に向けてのミーティングのやり方のずさんさの上にやらせメール…ちゃんと誠心誠意を持って広く住民に説明すれば、このヒステリー状態を解消できるチャンスだったのに、上層幹部の「何が何でも再開させる」という安易な考え方で自爆してるんですから。結果余計に火に油を注ぐ始末。自爆してるといえば政府の浜岡原発の運転停止も十分自爆と言えます。ちゃんと議論をしないまま、いきなり国民感情に流された結果、全国に原発アレルギーを蔓延させてしまったんですから。
何度でも言いますが、今回の福島と、震源地に近いはずなのに最小限の被害で済んだ女川の両方をちゃんと検証しないとこの原発の問題は解決しないと思うのです。
ここで弁明させてもらいますが、私は原発推進派というわけではありません。ただ、いきなり急に「全ての原発をなくせ~」という今の原発アレルギーの状態にイラっと来ているだけです。ここで私の考えをここでまとめておきます。

原発の新規建設…全てやめる。その分を太陽光や風力など次世代発電を時間をかけて進める。

既存の原発…動かせる炉は津波対策を徹底させた上で動かす。建設時期から逆算したちゃんとした耐用年数を定めて、耐用年数を越えた炉を随時廃炉に。

原発の管理…電力会社は子会社や派遣会社に丸投げせずに、本社直轄で管理を行う。

今後…省エネ化と発電施設の強化をして、原発なしでも電力確保出来ると判断できた時点で原発をなくすかどうかの議論を進める。

かなり当たり前の事なのですが、今の原発アレルギーでは、この考えすらかき消されてる状態なので、そろそろ冷静になって考えて欲しいと思います。今の状態だって、節電を意識しすぎて、熱中症患者が続出しているんですから。精神論やスローガンだけでは、決して原発をなくすことは出来ません。

|

« 本格的な暑さに | トップページ | 皆様はないですよね? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本格的な暑さに | トップページ | 皆様はないですよね? »