« ようやく後編アップ | トップページ | まあ今は成り行きを見守るのみ »

2011年8月26日 (金)

気の毒な交代

菅首相、いよいよ退陣に。
新聞は散々酷評を叩いてますな。「政治を停滞させた」「政権にしがみついた」とかやたら叩いていて、その一方で「脱原発だけはいい事」という始末。
でも、私に言わせれば、菅さんは気の毒な人ですよ。民主党のゴタゴタを直そうと必死になって、震災対応にも今までの総理に比べれば早いのに、やたらと叩く小沢グループに政権奪還しか頭にない自民党、他の野党に、マスメディアの酷評と四面楚歌の状態で、その中でやる事をやらなければいけなかったわけですから。
ほんとなら、非常時なんだからなりふり構わず震災対策を矢継ぎ早にしなければならないのに、それを停滞させたのは菅氏ではなく、小沢グループと自民党でしょ。「国民は楽に、でも対策はしろ、金は出せ」という無茶苦茶な言い分に振り回されて増税も出来ない、マニフェストに縛られてる議員のせいで、金のかかる主要政策はなくせないなど、菅さんにとっては気の毒としか言いようがありません。国民もそろそろ気づくべきです。今の日本を強くする方法は「絆」ではなく「耐」なのですから。

ただ、菅さんにも最大の失策があります。それは浜岡原発を止めた事。
ほんとなら、ちゃんと津波対策を施した上で、それと並行して自然エネルギー発電を増やし、原発が必要じゃなくなった時点で停止、廃炉にするのが本当の脱原発なのに、独断で止めてしまった事で「やっぱり原発は危ないんだ、だから全部の原発を止めなくては」と全国に原発アレルギーを蔓延させてしまい、電力不足を加速させてしまっています。今は「震災だから節電を」と言っていても、日本人のモラルは最低ですから、いずれは意識が薄れて電力逼迫は避けられないですよ。
何度も言うように、福島原発の事故は「東電の認識のずさんさ」が起こした人災であって、もし原発が津波に無力なら、今頃女川原発も東通原発も水素爆発を起こして、東北全体が死んでますよ。今は、ちゃんと津波対策を真剣に行ったうえで稼動していく他はないのです。脱原発は10年20年で出来るものではないので、100年かけて原発の津波に対する意識を持って、新しい発電方式を設置していくべきです。
次の首相で、その軌道修正をぜひとも行って欲しいところです。そして、周りに叩かれようが、「今は非常時」ぐらいの意識を持って欲しいです。特に小沢グループには「そこまで叩くのなら、財政と震災対応をすばやく出来るんだろうな」と釘を刺しておきたいです。

|

« ようやく後編アップ | トップページ | まあ今は成り行きを見守るのみ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく後編アップ | トップページ | まあ今は成り行きを見守るのみ »