« 明日も仕事(^^;) | トップページ | 鉄道模型もそろそろ »

2011年10月 6日 (木)

大奥へのメス

ついに始まりましたね、小沢氏の初公判。誰もが予想通りの無罪主張。そして検察側が不起訴にしたものを、国民代表も含めた検察審査会が起訴相当で強制起訴という異例の裁判です。とうとう民主党の「奥の院」に踏み込んだ形で、国会でこの事で停滞する可能性もあります。
ただ、小沢氏を擁護する気は全くありませんが、何か今回の裁判は腑に落ちない気がするんですよね。何度も書いたからうんざりするかもしれませんが、今回のウソ記載事件は、10年に民主党が政権になる初の通常国会直前に石川議員逮捕から始まりました。また民主党関連の政治資金問題も、正に政権が自民党から民主党に変わる、09年衆議院選挙の直前に急にポッと沸いたようにバンバンと明らかになるほど。「警察・検察だって官僚」なわけですから、「官僚支配をやめて政治主導」を掲げた民主党に反発したようにしか見えません。強制起訴に踏み切ったのも、「何とか民主党に官僚復権を促す」意図があるような気がしてならないんですよ。
こないだアメリカで「野田『外相』が会談」と報じられたとありましたが、結局首相が次々と入れ替わる事に他の国が対応できないでいます。日本だけですよ、災害の時に与野党がお互いの面子だけで対立している政界は。中傷合戦の政治はそろそろやめて、とにかく震災対策を矢継ぎ早に打ち出していって欲しいものですが、やっぱり「話し合い絶対主義」の日本だけに、この状況は続きそうです。
もしかして、割と強制的に政治を動かす小沢氏を敬遠して、今の状況になっているのかも。

|

« 明日も仕事(^^;) | トップページ | 鉄道模型もそろそろ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日も仕事(^^;) | トップページ | 鉄道模型もそろそろ »