« 鳥羽の話+α | トップページ | 猫はこたつで丸くなる~ »

2011年11月29日 (火)

アイドリングストップシステムの盲点

2011toba014前回の旅行で、伊良湖までのデミオの燃費が24km/lと書きましたが、実はちょっと書き忘れていた事があります。今回の旅行では、ほとんどi-stopが機能していなかったのです。当然、伊良湖までの燃費は、アイドリングストップなしの信号待ちを含む燃費です。
最初の頃故障かと思っていたのですが、帰りの高速でi-stopのランプがともり、次の日は普通に作動しました(^^;)

一応、マツダの営業所に聞いてみたところ、i-stopはバッテリーの蓄電率が65%を越えないと作動しないそうで、ある程度走っていないと機能しなくなるそうです。確かにデミオのバッテリーはアクセラのように2個装備ではなく、1個だけで車の全電力を使うわけですからねえ。エアコンもオートで、ラジオも付けて、盗難防止装置(バーグラアラーム、イモビライザー他)も一日中作動してるわけですから、消耗しないはずがありません。
アイドリングストップを有効利用するには、やっぱりエアコンは駐車時にスイッチオフにしてエンジンかけてしばらく走ってから作動させるなど、家の中と同様節電をしてくしかないと言う事。
まあもっとも、アイドリングストップは燃費対策のほんの一部分に過ぎないわけですし、一番の燃費対策はアクセルワークを勉強して、無理にエンジンを回さない事に尽きますね(何度も言うようだけど、アイドリングストップなしで20km/l以上出せたわけだから、やっぱりスカイアクティブの実力はすごい)
中にはハイブリッド車に乗ってるのに、エンジンかけっぱなしで駐車場で昼寝している人だっているんですから(笑)

ところで話は変わりますが、昨日デミオの特別仕様車「13-SKYACTIV Smart Stylish」が発売されましたが、ここでの新色のクリアウォーターブルーM、旧色であるうちのアイシーブルーMとどう違うのか説明してください(笑)

|

« 鳥羽の話+α | トップページ | 猫はこたつで丸くなる~ »

車関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥羽の話+α | トップページ | 猫はこたつで丸くなる~ »