« 時間がどんどん消耗 | トップページ | 準備完了 »

2011年12月26日 (月)

来年のJRA賞予想

年賀イラストも終わって、後はブログ看板を残すのみ。ちょっと荷物が軽くなりました。

さて、今年の中央競馬の日程が終了したという事で、JRA賞の予想といってみましょう。まあ大部分は確定していると思うのですが…。なお、最優秀2歳馬2頭は書くまでもないので省略(笑)

2011jra

年度代表馬・最優秀3歳牡馬…オルフェーヴル

これはもう昨日の有馬記念でほぼ決まりでしょう。まあ昨日の有馬を負けてたとしても、やはり3冠の意義の方が強いので、こうなるんじゃないかと。来年は是非とも海外挑戦で頑張ってほしいところです。それにしても今年もサンデーレーシングの馬が謳歌しておりますなあ…。

最優秀3歳牝馬…アヴェンチュラ
今年の3歳牝馬はレーヴディソールの長期休養で、一気にレベルが下がったような気がします。その中でもホエールキャプチャは良く頑張ったほうなのですが、結局G1は取れず…。それより骨折回復後の秋華賞制覇、エリザベス女王杯で日本馬最先着の2着だったアヴェンチュラに軍配が上がるんじゃないかと。でもどうしても、いまいちアヴェンチュラが強いって感じがしないんですよね。

最優秀4歳牡馬…ヴィクトワールピサ
相変わらずの1頭抜けた存在がいない状態。ハイスピードの天皇賞・秋をレコード勝ちしたトーセンジョーダン、宝塚記念でブエナビスタにも勝っているアーネストリーなどいますが、この中から選ぶとしたら、日本初のドバイWCを制覇して、震災で沈みきった日本の競馬ファンを沸かせたヴィクトワールピサが来るんでしょうね。もう少しラストレースで頑張ってくれていれば間違いなく推せるんですが…。

最優秀4歳牝馬…ブエナビスタ
これはまあこれで確定じゃないかなと。ハイスピードだった天皇賞、馬群に包まれた形になった有馬記念とドバイWCを除けば安定していたわけですし。アパパネがエリ女を勝って牝馬G1完全制覇を達成してたらまた違っていたでしょうが。

最優秀短距離馬…カレンチャン
高松宮記念を勝ったキンシャサノキセキは早々と引退、安田記念を勝ったリアルインパクトは秋以降がダメ。となると、やっぱり秋からの活躍と香港スプリントでも力負けじゃない5着に頑張ったカレンチャンを推すのが妥当かと。

最優秀ダート馬…トランセンド
これももう書くまでもないでしょう。ドバイWC2着(日本馬ワンツー)、中央のダートG1総ナメ(南部杯含む)したんですから、文句のつけようがありません。まあスマートファルコンがもっと中央G1に出走してくれればどうなったか分からないのですが(笑)

最優秀障害馬…マイネルネオス
中山GJを勝って、中山大障害では4着だったものの、今年全体の実績で見れば、まあこれで決まりじゃないかと。

今年は3歳牡馬がオルフェーヴルをはじめ、リアルインパクトやウインバリアシオンなど、なかなか頑張ってくれただけに、最近の牝馬最強傾向に対抗してくれる事を期待したいです。一方の2歳勢はやっぱり牝馬なんですかねえ・・・。
さあ、このJRA賞の予想は当たっているのか!?

|

« 時間がどんどん消耗 | トップページ | 準備完了 »

競馬関連」カテゴリの記事

コメント

リーディングサイアーの方ではまたキングカメハメハが2位に15億円以上の差を付けて制覇したようです。
SS系牝馬があふれかえる中珍重される存在だけに、あと3年は安泰でしょうかね。
しかし、わずか2世代で2位に入ってきたディープインパクトはやはりものすごいですね。

投稿: ウィザード・T | 2011年12月27日 (火) 05時48分

ブルードメアサイアーがSSだけに、シンボリクリスエスやクロフネなどが上位をキープするなど、SS系牝馬にかけ合わせられる種牡馬はまだまだ安泰出来そうです。
一方でSS系は拮抗していますね。今年はディープが1番でしたが、ステイゴールドやマンハッタンカフェなど、しばらく入れ替わりが続く事でしょう。

投稿: 蒼兵衛 | 2011年12月29日 (木) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間がどんどん消耗 | トップページ | 準備完了 »