« 新東名の話①:一度歩きたかった… | トップページ | 早くも3月 »

2012年2月29日 (水)

新東名の話②:100km/hで十分

2012shintomei003昨日の続き。

浜松SA以外の道路も徐々に舗装が進み、白線も引かれ始めています。最初全線暫定2車線との話でしたが、一部3車線もあるみたいです。舗装は下をコンクリート、後はアスファルトを段重ねに40cmほどの分厚い層にしたとの事。ワダチ対策でしょうね。

2012shintomei004ところで、昨日の新聞で「新東名の制限速度は100km/hに決定」と発表されていました。
元々直線平坦で作られている新東名は設定速度が高めの設定ですが、自動車雑誌の中には「制限速度は120km/hでいくべきだ」とか「140km/hでもいける」と掲載されたり。で、この発表の後もネット上の中には寛大な意見もある一方で「高い料金払わせといて100km/hはひどい」「ドイツのアウトバーンを見習え」とか散々に叩く意見も。

でもはっきり言うと、私は100km/hで十分だと思うのですよ。どう見たってみんな100km/hをまともに守る人なんていないわけですから、心理的に制限速度を抑えたほうが安全だと思います。普通でも制限速度からオーバー10~20kmで走ってる車はざら。東名の音羽蒲郡~豊田JCT間の暫定3車線では制限速度が60km/hですが、守っている車なんて1台もないんですからね(笑)ここに『制限速度を120km/h以上に設定すると、「+20kmでもいけるな」という心理が働きそうで怖いのです。
「俺のはスポーツカーだから腕には自信がある」という人なんてほんの一握り。大抵の人は普通車で100~120km/hぐらいで走る人がほとんどです。
普通の人にとって140km/h以上はかなりの未知の領域。私も10年前、名神の八日市~栗東間をインプレッサWRX(丸目のGDA型)で150km/hまで出したことがありますが、正直怖いです。視野が狭くなり、ハンドルも重く、後続車などの感覚が狭く感じました。結局10kmほどで速度を落としましたが、速度を下げるのもまた怖い。ド素人のドライバーが出す速度じゃないなと感じました(笑)
今回の新東名では、直線平坦のほとんどはトンネルと橋の上。しかもかなり高い位置に作られています。そこをあまり高くない柵の中を走るわけですから、乗ってる人にとっては眺めはいいでしょうが、運転している方にとっては恐怖です。伊勢湾岸道の名古屋港の大橋だって空を飛ぶような感覚なんですから。もしここでスピード出して事故にあい、柵を突き破ったら、ドライバーだけでなく、車と言う鉄の塊が上から降ってくるわけですから下の住居も、その住民も木っ端微塵ですよ。
皆様、そこを承知の上で新東名を走りましょう。普通に走るなら100km/h前後で十分。「それでも走りたいんじゃボケェ!!」と言う方はどうぞご自由に。ただし普通に走ってる方々をくれぐれも巻き込まないようにお願いします(--)

|

« 新東名の話①:一度歩きたかった… | トップページ | 早くも3月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新東名の話①:一度歩きたかった… | トップページ | 早くも3月 »