« 雨は降るわ寒くなるわ | トップページ | 改築が正式発表 »

2012年3月 5日 (月)

安全装備ばかり付けても

むう、ここで書くネタが尽きてます。一応「毎日更新」を目標にしてるだけに、何か書き込まなければ。でも最近の政治話は書き込む気がなくなるほど荒れてるので、書くのも嫌になってくるんですよねえ。そんなわけで車でも…
でも未だ新型インプレッサの納車日が音沙汰なし、親父が気になってるマツダCX-5のディーゼルの試乗車も来ないし・・・。よし、ではあの「安全装備」の話をしよう。

スバルでいろいろCMして話題になってる運転支援システム「アイサイト」。こないだ担当の人に聞いたところ、インプレッサの2000ccを買う人の大半はアイサイト装着車を選ぶそうです。確かに自動的にブレーキをかけて衝突防止をしたり、渋滞時に先行車に着いて行くようにしてアクセルの負荷を減らしたりと、何かと便利な装備です。マツダのCX-5でも同じような運転支援システム「スマートシティブレーキサポート」が用意されてます(ブレーキ制御のみで追随システムはなし)
でも、私はもともと装着設定の無い1600ccを買うのですが、もし2000ccを選んだとしても、アイサイトは装着しなかったと思います。便利である機能である事は間違いないのですが、それに乗ってしまうと、他の車に乗れなくなると思うのですよ。つまり、ブレーキ誤動作防止や、先行車追随のシステムに足が慣れてしまって、いざ未装着車(例えばレンタカー)とかに乗ってしまうと、ブレーキワークがおろそかになって事故を起こしやすくなるんじゃないかと。
「自分の車以外は運転しないよ」という人はそういう安全装備でもいいかもしれませんが、レンタカーを乗るなど他の車に乗る機会が多い人は、まだ装着義務化されるまで装備しないほうがいいかもしれません。まずは自分のアクセル&ブレーキワークを学習しておくのが一番ですから。
でも最近はいろいろ安全装備も増えてますよね。エアバックやABS(アンチロックブレーキシステム)、横滑り防止装置など様々。これらも徐々に義務化されてくるでしょうけど、そのたびに運転者が楽する装備になってしまうのが…ポンピングブレーキング(ブレーキを段階的に踏んで、スピンを起こさずに安全に速度を落とす動作)なんてもう死語に近いですし。運転者はこのまま堕落していくんでしょうか(^^;)

|

« 雨は降るわ寒くなるわ | トップページ | 改築が正式発表 »

車関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨は降るわ寒くなるわ | トップページ | 改築が正式発表 »