« 私の部屋より豪華(笑) | トップページ | 仕事が追い込みに »

2012年3月18日 (日)

どっちの補助金でショー

2012hobby001(写真は前にも載せた東モの使い回しです(^^;))

今日は親父とマツダの展示会に行ってまいりました。目的はもちろん、親父が購入検討中のCX-5のディーゼル車の試乗。さっそく1周してみました。
外で走ってるの見ると、確かにエンジン音はディーゼル車。独特のガラガラ音が聞こえます。しかし、乗ってみると意外に静か。もっと音が篭るかと思いましたが、ガラガラ音も気にならないレベル。何より1500回転も回せば軽やかに加速します。これぐらいなら東名の牧之原の坂も快適に走れそうと親父も満足そう。まあまだ今回は試乗のみにして、見積もりは今後に持ち越しに。

さて本題。クリーンディーゼル車には今2つの補助金があります。一つがお馴染み10万円のエコカー補助金。もう一つはポスト新長期規制適合のディーゼル車に18万円支給される「クリーンディーゼル補助金」。補助金はどちらか一方を選ぶ事が出来ますが、見た目では金額が高いクリーンディーゼル補助金の方が良い様に見えますが、実際に聞いてみると問題点もいろいろ。
まずこの補助金は、「6年間乗ることが条件」という事。普通に買うと、3年間乗って車検、そして2年乗ってまた車検と、車検直前に買い換えるなら5年がベストなはずなのですが、これだと何か中途半端。もし全損事故を起こして廃車になっても保障はされるそうですが、もし半損(外観良くてもエンジントラブルとか)で買い替えとなると、違約金の発生する恐れもあるそうです。これはちょっと気になるところです。
「うちは長く乗るから大丈夫」と思っていても、もう一つ問題なのが「補助金は自己申請」と言うこと。エコカー補助金は、ディーラー側で申請の手続きをしてくれるのですが、クリーンディーゼル補助金は自分で書類を1ヶ月以内にまとめて提出しなければいけません。しかもこの補助金は4月以降の申請開始の上に、まだ詳細が明らかになっていません。
書類書きが面倒でも、補助率が高いクリーンディーゼル補助金を取るか、それとも少々補助金が少なめでも、ディーラーにまかせられるエコカー補助金にするか。これからクリーンディーゼル車が増えそうな気配なだけに、ここは悩みどころでしょうね。
ちなみに親父の意見は「面倒なのはいやだ」とエコカー補助金にするみたいです(^^;)

|

« 私の部屋より豪華(笑) | トップページ | 仕事が追い込みに »

車関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の部屋より豪華(笑) | トップページ | 仕事が追い込みに »