« いざ新潟へ | トップページ | 旅行中:佐渡は晴天 »

2012年4月30日 (月)

旅行中:リスクは覚悟すべき

2012sado001今日は移動日なので、どこにも寄らずにまっすぐ新潟のホテルに到着。途中落石で通行止めというアクシデントもありましたが、無事に迂回できたので一安心。妙高高原付近ではまだ雪が残ってるのに驚きつつ、ゆっくり休みながら高速を走ってきました。途中の道路情報に「居眠り事故多発 早めの休憩を」に苦笑いしつつ。

そう、関越道のバスの事故。7人死亡でとうとうバス会社の家宅捜索にまで発展する大惨事になっています。初めての場所で1人で運転、しかも休憩記録がバス会社に丸投げというずさんな状況で、こりゃ攻められても仕方ないなと思います。以前夜行バスに乗った事があるのですが、その時はJR運行で運転手は2人、途中のSAで2時間休憩だったので、これが普通の夜行かと思います。コストを安くするために運転手交代要員を減らすというのは…

ただ、これに関して言うなら、乗客の我がままを求めすぎたところもあると思います。確かに安いに越した事はありませんが、安いのにはそれなりにリスクがあるはず。今回の夜行バスにかぎらず、鉄道では時間通りに着く事を乗客が求めてるゆえにスピード合戦になる(ゆえに福知山線のような事故も起こる)、飛行機も少しでも安いのを客が求めるため、少しでも人件費を減らすために人員を減らす(ゆえにワゴンが固定されなかったり、ニアミスも起きる)、船は絶景を少しでも見たいという乗客のために無茶な航行をする(ゆえにコンコルディア号のような事故も起こる)。何かを求めるには、それなりのリスクを認識する事、そして、それを見極める事も大事だと思います。
私も車で行ったり、船に乗ったりとあらゆる移動手段を使いますが、前もって緊急時の情報はしっかり見極めているつもりです。船では乗船後に非常口、救命胴衣、ボートの位置を調べてから乗っているし、飛行機の離陸前の緊急時の説明は聞き流さずに聞いています。
今回の旅行も交通情報をSAなどで確認をしたり、無理な追い越しや車間距離を縮めない、三角停止板と発火灯と脱出用ハンマーの常時携帯など、少しでもリスクを避けるためにいろいろ対策しています。それでも不可抗力の事故もあるとも思っているので、覚悟を決めて旅行に挑むつもりです。

話は替わりますが、旅行前に母はいつも、車のタイヤの上に清めの塩を盛っておきます。当然今日の旅行の私の車にも。旅の無事を祈ってくれるだけでもありがたいと思わないとなあ。

|

« いざ新潟へ | トップページ | 旅行中:佐渡は晴天 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いざ新潟へ | トップページ | 旅行中:佐渡は晴天 »