« ホビーショー探訪 | トップページ | 話題が多いね »

2012年5月21日 (月)

直に見れなかった事を拗ねているわけではない(笑)

金環日食?見れませんでした、ええ見れませんでしたとも(涙)だってその時間は通勤時間ですから…会社着いたころには既に月が離れていた時ですから。

2012kinkan001
それでも親父が執念で会社でカメラ構えてたので、その写真をご拝借させてもらいました。完全な金環食のもあったのですが、ちょっとずれてた方が「単にペイントソフトで描いただけじゃないの?」とか誤解を受けないはず(笑)
しかし、どの局でも生中継をしていましたねえ。確かに18年ぶり、広範囲では932年ぶりのものだから、物珍しさに見たくなるのは当然の事。「滅多に見られない天体ショー」として、誰もが大喜びして見ていました。

しかし、ここでチョイ待ち。昔、金環日食は忌み嫌われていた物だという事をご存知でしょうか?理由は簡単、昔の天皇は天照大神の子孫と言われていたから。アマテラスは太陽が象徴で、三種の神器の内の鏡も光り輝く太陽だったから。そして天皇の死の事を「雲隠れ」というように、太陽が隠れる事をとにかく恐れていた時期もありました。事実、邪馬台国の卑弥呼が死んだと言われる年前後にも日食が起きたと言います。
では、広範囲で見られたという932年前の金環日食の時には何があったか。
それは1180年、正に大河ドラマ「平清盛」の時代です。そしてこの時天皇になったのは、平家によって推された、まだ赤ん坊の安徳天皇。そしてこの前後には、大凶作と伝染病で西日本は餓死者が続出、さらに源氏の大反撃となる源頼朝と木曽義仲の挙兵、そして次の年には清盛の死で平家が急速に衰え、後に安徳天皇は平家とともに海の藻屑に消えてしまいました。当時としては少なからず「太陽が隠れたから悪い事が連続した」と思ったに違いありません。
まあ占星術がはやっていた当時だからこうだったのですが、今のこの時期に不幸が訪れることはないのでしょうかね。もっとも去年に東日本大震災が起きて、既に不幸が起きているのですけどね。

|

« ホビーショー探訪 | トップページ | 話題が多いね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホビーショー探訪 | トップページ | 話題が多いね »