« 冬の旅行は… | トップページ | 来週も出かけるかも »

2012年9月28日 (金)

鉄道高架化続く?

地元の遠州鉄道の助信駅~馬込川間の高架化工事が進んで、11月24日に開通するみたいです。長い事かかった高架化で大分周辺道路が走りやすくなりそうです。明日にでもちょっと写真でも撮ろうかな?

2011homes017

さて、上島駅まで高架化が進み、小林駅~芝本駅の間も新東名の浜松浜北ICに続くバイパス建設による立体交差化が完了して(上記は立体交差化後の写真。現在は道路も開通済み)一段落しますが、次は浜松環状線の西ヶ崎駅前付近が気になります。現在片側2車線の道路が建設中ですが、西ヶ崎駅前の線路で分断されて、そこから東以降はまだ建設まで至っていません。いずれは浜松ICまで続く環状道路になる予定ですが、そうなると西ヶ崎駅前も立体交差化する必要があります。当然駅も高架駅になるでしょう。
ただ、一つ問題があります。西ヶ崎駅にはCTCなどの列車制御の設備があるほか、保線用の側線も設けられています。ここでは遠鉄唯一の電気機関車ED282とホッパ車2両が隆されていて、バラスト等の資材運びや車両解体も行われています。元々車両工場があったのでその機能が残っているのですが(現在の車両工場は北部終点の西鹿島駅にある)、もし高架化するとなると、これらの機能も移転しなければなりません。特に保線基地はかなりの敷地を要するゆえに、移転地を探すのは難しそうです。西鹿島駅のキャパシティは限界に来ているし(車両基地でもあるため、終電後は電車でいっぱいになる)、浜北区周辺は住宅地が多くて土地買収が厳しそうです。それが現在でも西ヶ崎駅で道路建設が止まっている理由なのかも。一応線路脇には、仮設線路を作れそうなスペースは確保してあるみたいなのですが、果たして順調に高架化されるのか気になるところです。

|

« 冬の旅行は… | トップページ | 来週も出かけるかも »

地元ネタ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の旅行は… | トップページ | 来週も出かけるかも »