« 洗車場は一杯 | トップページ | 旅行の天気は… »

2012年10月 3日 (水)

ライバル不在!?

7日に迫っている凱旋門賞。オルフェーヴルがフォワ賞を勝って評価が上がる中、出走馬でも強豪だったイギリスのスノーフェアリーが脚部不安で出走回避、さらにキングジョージで日本のダービー馬ディープブリランテを負かせた前年勝者のデインドリームが伝染性貧血で出走回避と、有力馬2頭が消えてしまいました。これによりオルフェーヴルは単独の1番人気の状態に。
これは日本馬初の凱旋門賞制覇か!?とスポーツ新聞などのマスコミはは注目を集めておりますが、どうかなーと思うのが正直な意見。
強敵は3つ、3歳馬と海外のプレッシャー、そして気性です。

割と3歳馬が勝ちやすいこのレース。有力馬サオノワはフランスダービー馬で、前哨戦ニエル賞を勝った実力の上に、56kgの斤量はかなり有利になるはず。その他アイルランド馬インペリアルモナークやフランス馬マスターストロークなどの3歳馬も不気味です。さらに一度は出走回避の予定だったイギリス2冠馬キャメロットも、最近出走をほのめかすようなコメントが増えていて、もし出走してこれば強敵になるのは必死でしょう。

前から言うように、ヨーロッパの競馬関係者の中には日本馬に対する軽視感が漂っているだけに、これらのプレッシャーに負けない事も重要。まあ池江泰寿調教師は調教助手時代にディープインパクトの敗戦という苦い経験をしているだけに大丈夫だと思いますが…。

そして、何よりオルフェーヴルには「気性」という爆弾を抱えています。今年の阪神大賞典のように逸走する事になればせっかくの大舞台がドッチラケになりかねません。ここはスミヨン騎手の腕の見せ所でしょう。

ともあれ、凱旋門賞は7日の日本時間の夜23時頃に、フジテレビやグリチャなどでも放映されるので、これは見なくてはいけませんね。でもなぜBS1では放映されないんだろう…。

|

« 洗車場は一杯 | トップページ | 旅行の天気は… »

競馬関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗車場は一杯 | トップページ | 旅行の天気は… »