« 試し撮り | トップページ | いよいよ「奴」が来る »

2013年2月11日 (月)

どうなる場外馬券売り場

今週はいよいよGⅠフェブラリーSですね。今年から予想大会はありませんが、このページの土曜日で予想書き込みをしておこうかと思っております。まあ忘れていなければ(笑)

それはさておき、今回の本題はこちら。

2013home008
紆余曲折していた浜松のかじ町プラザの地方場外馬券売り場。最初は南関東の「スパーキング浜松」の予定でしたが、結局川崎競馬の場外馬券売り場「ジョイホース浜松」として開設される事が決定。予定通り、有料会員制の売り場になるそうで、今月25日にオープン。それでもまだかじ町プラザは、地下1階~地上2階までが空スペースになったままです。

でもエクセル浜松が開設されても、やはり有料定員制ではいまいち盛り上がりに欠ける感じがします。しかし一般的な開放型場外馬券売り場にしようとすると、相変わらず多い「風紀上に問題がある」という意見…。

何度も言うようですが、あえてもう一度書かせていただきます。
あのかじ町プラザ周辺で「風紀上の問題」を掲げても、目の前にでかいパチンコ屋が3件もあるんじゃ、いまいち説得力がないんですよ。「パチンコは遊戯」というなら「競馬や競輪などはスポーツ」だし、「子供達が平気で入る」というなら警備員を置けばいい話。第一パチンコ屋だって同じ問題があるし、駐車場で子供を車の中に置き去りにして脱水死させる事件が何度ある事か。
誤解されないように書いておきますが、別にパチンコはダメと言っているわけではありません。ただ何か競馬・競輪・競艇・オートレースは、差別というか偏見の目で見られている感じがするんですよね。新聞を見てても、「エクセルは静かな所、WINSは騒ぐ所」という感じに書かれて、肯定的な意見は抹殺、「商業的にプラスとはいえない」という離れた場所の商店主の意見だけが見出しに載るという形。海外では一大イベントのように描かれるのとは大違いです。

まあPR不足というのも否めないわけだし、ここはやはりグッズショップを置いたりするべきじゃないでしょうか。また、検討段階に入っているらしい浜名湖競艇の場外舟券売り場の開設や、浜松オートの場外車券売り場も検討すべきです。
ともあれ、25日のジョイホース浜松で、場外馬券売り場が果たして盛り上がるかどうか。注視するしかありません。

|

« 試し撮り | トップページ | いよいよ「奴」が来る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試し撮り | トップページ | いよいよ「奴」が来る »