« 本日は節分 | トップページ | 「いじめ」の判断基準 »

2013年2月 4日 (月)

東京駅に思う事

2013tokyo001
東京駅舎の話。復元工事してから初めて訪れましたが、大分立派な建物になってますねえ。以前は2階建ての状態だったのが、崩壊する前の3階建てに戻されて立派な形に。もっとも周辺がアスファルトのままなので中途半端ともいえますが。

2013tokyo003
中のドーム部分もしっかり作りこまれてます。前から工事区間ばかりで足場壁が続く燦燦たる状態でしたが、ようやく玄関口らしい形になった感じです。

2013tokyo002
まあ完成したわけですが、何となく浮いた感じもするんですよね。前述の通り、駅前はアスファルトの道路とガードレールだけの寂しい形に。せめてタイル張りにしたり、ちゃんとした縁石を整備したりして建物に合う門構えにして欲しい所。
そして何より、周りが最新鋭の高層ビルがポンポン建ってしまっているため、鏡のようなビルが建ち並んで、あまりにも殺風景に。
日本人は歴史的景観に疎いような気がするのは気のせいでしょうか?京都とかの町屋と派手な看板の交雑する街並みとか、「ガッカリ名所」と呼ばれる札幌の時計台や高知はりまや橋など、あまりに無頓着過ぎる感じがします。
せめて東京駅も、ビルを建てるなとはいいませんが、色に気を配ったりするなど、周りにマッチした建造物保存をして欲しいものです。

|

« 本日は節分 | トップページ | 「いじめ」の判断基準 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日は節分 | トップページ | 「いじめ」の判断基準 »