« 結局雨は降らず | トップページ | かなりばててる »

2013年10月 7日 (月)

凱旋門賞回顧録

トレヴはやっぱり強かった

今回の一番の結論はこれでしょうね。前年のように直前で低人気の牝馬に抜かれての2着なら悔しさがあったでしょうが、これだけの強さを見せ付けられたなら納得するほかないでしょう。

中には「斤量が軽かったから」とか「キズナが4コーナーで進路をはばんだ」とか、何だか腹いせのような書き込みもありますが、それは野暮というものでしょう。
凱旋門賞は何度も書いているとおり、元々牝馬の成績もよく、それに先行する方が有利なレース。レースに挑むなら普通にそれを考慮に入れるのが常識でしょう。
もちろんオルフェーヴル陣営もキズナ陣営もしれを意識していたのは間違いなく(第一オルフェーヴルは、去年がそういうレースをしていたんだから)、それを駆使しても、あのトレヴの脚には届かなかったのは、やはりトレヴの強さを意識するほかないでしょう。
トレヴ陣営だって、重馬場、折り合い、直前の乗り代わりなど不安要素を抱えてたわけだし、それであれだけのパフォーマンスをみせたのですから、これは名牝と呼んでも十分でしょう。

オルフェーヴルは今後有馬でラストランとなりますが、キズナ陣営は「来年も挑戦したい」と意欲的。だんだん海外での受け入れ態勢も整いつつあるし、今後挑戦が続けば、日本馬の実力が本格的に見せ付けられるはず。今後ともこういう挑戦を続けていって欲しいものです。

まずはトレヴの快勝、オルフェーヴルとキズナの健闘を心から讃える事にしましょう。

|

« 結局雨は降らず | トップページ | かなりばててる »

競馬関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局雨は降らず | トップページ | かなりばててる »