« 旅行まとめ②:永平寺と恐竜博物館 | トップページ | 結局雨は降らず »

2013年10月 4日 (金)

週末は凱旋門賞…その他諸々

あっという間に1週間が経った感じがします。旅行後で疲れてたからかな…
そんなわけで、今週末にはいよいよ凱旋門賞ですね。日本馬代表としてオルフェーヴルとキズナが参戦。フォワ賞を楽勝で勝ったオルフェーヴルに、ニエル賞を勝って斤量も有利なキズナと、楽しみな一戦で日本馬初栄冠も見えてくると注目されています。まだ出走表は出ていませんが、期待が高いのも無理はないでしょう。
もちろん、相手は強敵ぞろい。私的に脅威だと思うのは無敗の3歳牝馬トレヴ。牝馬限定中心だったとはいえ、仏オークスをレコード勝ちするなど強い勝ちっぷり。斤量も軽い上に、地元の強みもあります。近年はザルカヴァやデインドリームなど牝馬が勝利を収める比率が高く、去年もオルフェーヴルを負かしたのは低人気ながら伸びてきた牝馬ソレミアでしたからねえ。鞍上のデッドーリ騎手が落馬骨折で騎乗出来なくなったとの知らせですが、替わりに乗るのがオークスでもコンビを組んだジャルネ騎手。あまり問題ではなさそうです。そういう意味では4歳の牝馬ザヒューグも恐ろしい存在です。ある意味ノヴェリストより脅威かも。
そして何よりフランス陣営のプレッシャーを乗り切る事も重要。過去の日本出走馬もそこに負けた経緯があるので。何とか地元の「日本の馬に勝たせてたまるか」という雰囲気を跳ね除けて頑張って欲しいものです。

競馬の話題をもう一つ。
来年の競馬番組の改定で、JCダートが国際招待競走をやめて「チャンピオンズカップ」に改めて中京で開催する事になったそうです。さすがに阪神コースではなかなか体制が整わなかったようで…また「だからJCダートは東京でJCと同日開催すればよかった」という批判が聞こえてきそうです。
でもそもそもJCは日本のレベルを高めるために海外から有力馬を連れてくる、半ば「無理やりな」レース。日本馬が海外のレースで活躍するようになり、すでに全G1レースが国際競走化した今は招待競走の意味合いが薄れてきてるような気がします。今年の凱旋門賞でも日本馬の活躍を見せて、海外馬にJRAが来て来てコールを送るでしょうが、海外には海外の事情もあります。BCとの兼ね合いもあるし、12月には香港国際競走もあります。その間にもう1走加えるのはかなりのリスク。近年のJCの参戦の悪さにはそこに原因があると思います。
無理に賞金を高くして招待馬を募るより、現在のレース体系を海外にあったレース間隔に見直す方がこれからの海外馬参戦にマッチするはずなので、今回のJCダートの変更は「あり」だと思います。まあ中京に変更するというのは意外でしたが…。
私的には地方競馬ともっと連携して、川崎記念とフェブラリーSの交雑を何とか解消して欲しいところです。他にもレース体系を見直して欲しい場所はいっぱいですが、それを書くとかなり文章が長くなってしまうので・・・

|

« 旅行まとめ②:永平寺と恐竜博物館 | トップページ | 結局雨は降らず »

競馬関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行まとめ②:永平寺と恐竜博物館 | トップページ | 結局雨は降らず »