« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

師走前でも

11月も今日で終わりで、明日からいよいよ今年最終月。師走に入るわけですが、やる事が多いです。まずは今日は車のスタッドレスタイヤへの交換。年末旅行に向けて、オイル交換もしとかなければいけないのですが、その予約も。
これから年賀状の製作もしなければいけないし、鉄道模型のレイアウト変更前の大掃除もするし、いろいろ。ブログ看板のイラストもまだ描いていません(^^;)

2013kyoryuger023
そしてもちろんこれも。ミニプラのまとめもしなければいけません。
ただ、ギガントブラギオーは可動がほとんどないので写真も少なめ。ギガントキョウリュウジンも、いつもの撮影に比べると極端に少ないです。だからといってすぐに終わるというわけではないのですが(^^;)これも早いとこ片付けないと。

| | コメント (0)

2013年11月29日 (金)

13年ジャパンカップダート予想

何だかんだで今年が最後となってしまったJCダート。そのレースで海外招待馬が1頭参戦するのは皮肉ですね~。
やはり芝の欧州血統に有利なこのレース。ホッコータルマエとエスポワールシチーの一騎討ちの様子を見せておりますが、ダート転向1年目のペルシャザールや巻き返しの可能性のあるワンダーアキュートやソリタリーキングなど伏兵も多いです。
1番人気は安定してますが、2番人気以降が全然安定してません。外枠の人気薄が来る事が多いので注目。

予想
◎:ホッコータルマエ
○:ペルシャザール
△:ニホンピロアワーズ
☆:ソリタリーキング

タルマエかエスポか・・・。どちらが人気になるか分かりませんが、やはり2000m実績のあるタルマエを本命に。
そして外枠中心の予想にしましたが、果たして・・・

| | コメント (3)

2013年11月27日 (水)

COTYに思うこと。

2013tokyo011
東京モーターショーの話、最後はこれ。
毎年優れた車に贈られる賞の一つ「日本カーオブザイヤー(以下COTY)」。今年受賞したのは今回7代目となるフォルクスワーゲン(以下VW)・ゴルフでした。インポート・カーオブザイヤー(輸入車部門)がありながらも、総合的に輸入車がCOTYを取ったのは史上初めてとなります。燃費だ、デザインだと毎回引っ張り出す日本車を抑えての受賞は、ある意味必然的かもしれません。

2013tokyo012
日本の最近の車は、とにかく燃費重視(しかも実際走行よりカタログ燃費重視)、デザイン重視、大きさ重視と、見た目と燃費ばかり目が言っているような気がします。安全を考えたデザインでも「かっこ悪い」「3ナンバーじゃでかすぎる」と敬遠される事もあったり。
でも近年のヨーロッパでは大分技術が進んで、エンジンのダウンサイジングやディーゼルのクリーン化、自動ブレーキシステムの進化など日本以上の性能を見せます。日本では燃費アリガタヤともてはやされるハイブリッドも、ヨーロッパでは大排気量向けしか人気が無く、むしろファミリーカーはディーゼル車やダウンサイジングが人気になっています。
ゴルフは日本では2Lエンジンぐらい載せそうな大きさの割には、標準クラスで1.2~1.4Lしか排気量がありません(GTIは2L)。そこはターボとスーパーチャージャーでパワーを補えば加速できると読んでいるわけで、実際VWのカタログ燃費は日本車と比べると悪く思われがちですが、実走行の燃費にかなり近く設定されていると言われています。カタログ燃費から実燃費を差し引いた「燃費損失」も、ハイブリッドに比べて少ないとの試算もあります。
日本じゃ「ターボなどの加給機は燃費を悪くする元」のイメージがぬぐえないのですが、ようやく近年になって日産ノートに1.2Lスーパーチャージャーを付けたり、以前書いたスバル・レヴォーグに1.6直噴ターボが装着されることが決まりました。しかしそれでも海外からは大きく出遅れていることは否めません。自動ブレーキ普及もようやく始まったばかりです。

デザインと話題性ばかりが目が言ってしまい、実際の走りはそっぽを向きがちな日本の車のユーザーが多い中、将来のコストや実走行の燃費をしっかり考えたゴルフがCOTYを受賞したのは大きいです。日本のメーカーもぜひとも見習ってヨーロッパに負けない車作りをしてほしいものです。

| | コメント (0)

2013年11月26日 (火)

軽自動車に思うこと。

今日はちょっと誤解を招きそうな話なのでご容赦を。

2013tokyo008
今回の東京モーターショーは軽自動車の新作も多かったです。
スズキからは軽ワゴンのクロスオーバーモデル「ハスラー」を公開。最初は以前に発売されていた「Kei」の後継かなと思ってたのですが、ワゴンRの地上高を上げた感じですかね。いやむしろ無骨さではダイハツの「ネイキッド」を意識したとか?

2013tokyo009
三菱ブースでは来年発売予定の日産との共同開発の大空間ワゴン「eKスペース」を公開。日産の「Daysルークス」としっかり顔の差別化をしております。どちらも実際に室内に乗せてもらえるなど体験ができました。三菱にとっては社運を賭けてる車なので気合が違います。

2013tokyo010
ダイハツでは新型タントの他、コンセプトカー「KOPEN FUTURE INCLUDED」なども展示でしたが、人気がありすぎて写真がとれず・・・ホンダの軽スポーツ「S660コンセプト」も同様…
ともかく、軽自動車の人気が良く分かります。

ただ、タントなどを見ていると、ドアパネルのあまりの薄さに不安が。普通車の買い替えから流れる人のニーズに答えたのでしょうが、「軽自動車」の規格限界まで空間を広くしているため、ドアパネルやエンジンルームにしわ寄せが来ている感じです。騒音対策は難しそうだし、いくら衝突実験で「平らな衝突物」にぶつけて安全性を実証しても、実際の走行では平らな衝突物なんてそんなにないし、基準速度以上で走る車が多いからつぶれやすいのは間違いありません。

そろそろ軽自動車の規格や税制も見直す時が来ているのではないでしょうか。
そりゃ税金が安いのに越したことはありませんが、実際はそのせいで「楽したツケ」がたまりつつあるのも事実。いずれギリシャの二の舞になるでしょう。どうみても7200円という軽自動車税は50年前基準かというぐらいのエコヒイキ感。私的には10000円ぐらいでも問題ないと思うのですが。その規格からはみ出ただけで30000円に跳ね上がっているのですから。
「普通自動車税を安くすればいい」といいますが、今後の自動車環境からは無理があるし、第一その自動車税は道路維持やインフラ対策に使われるため減るのは大問題です。「政治家・官僚の無駄使い」を無くしたとしてもまかなえるわけがないのは、以前に書いたとおりです。

スズキの会長が「軽自動車増税は弱いものいじめだ」といっていますが、従業員の給料を上げようとしない一企業がよく言えたもんだなあと思います。スズキの地元では不当な扱いで抗議している団体がいくつある事か。弱いものいじめしているのはどっちだとか思ってしまいますよ。第一それなら現在の規格を見直せとかいうのが普通でしょう。

私としては、今の軽自動車規格とは別に、一回り大きくした第2種軽自動車規格(簡単に言えば軽の3ナンバー)を新設すべきだと思うのです。
大きさを全長3650mm×全幅1550mm、排気量は850cc以下、乗車定員は7名以下として3列シートも可能、税は15000円程度として、その代わり旧規格も含めて、ボディの厚さやクラッシャブルゾーンの確保など衝突安全基準をさらに厳しいものにするわけです。
そうすれば新たな需要も開拓できるし、国内外メーカーも開発しやすくなる上に、新興国向けに低コストで流用する事も可能になるはずです。こういう規格をぜひとも検討すべきだと思うのですが・・・

しばらくは軽自動車の天下は続くでしょうが、そろそろこのかび臭い規格と税制を見直す方がいいかと。これ以上ボディを薄くして空間競走をしてたら安全にかかわるのですから。

| | コメント (1)

2013年11月25日 (月)

レヴォーグに思うこと。

2013tokyo007
さっそく東京モーターショーの話を。まずはやはりスバルの車を乗り継いでる私としてはスバルの話をしないわけには。

今回の一番の注目が、レガシィのワゴン後継と言われている来年発売の新ワゴン「レヴォーグ」。前から小さいサイズのワゴンが出るとうわさされていましたが、今回正式発表となりました。相変わらずの事でさっそく賛否両論がおきておりますね。
あまり2chとかFaceBookとかでの好き好き書き込みや大批判書き込みとか見るのは好きじゃないのであえて書きません。ただデザイン云々に関して批判をするのは論外でしょう。どんな車でも、デザインというのは人によって好き嫌いが様々なわけで、デザイナーに文句たれるのは良いけど、センス云々を批判するのはどうかと。
ちなみに私は好きですよこのデザイン。先代インプレッサや先代フォレスターのような丸みを帯びた形より(何となくトヨタチック)、角をはっきりした鋭さのある近年のスバル車の方が魅力があります。そこに魅かれてGJインプレッサにしたのですから(^^;)

もう一つ魅力をいうなら、ようやく市販化される事になった1.6L直噴ターボ初搭載車という事。2.0Lがハイオクガソリン仕様なのに対して、1.6Lはレギュラーガソリン仕様になっています。これは「ターボの加速感は欲しい、でもハイオクは高くてやだ」という人には朗報じゃないでしょうか。170ps/250N.mなら2.5Lに近い性能だし、燃費も確実に良いはず。ようやく日本版ダウンサイジングに見合ったエンジンじゃないかと。これ他の車種にも充実させてくれませんかね?(^^;)

ただここからは首をひねるところです。
「長年レガシィに乗っている人達が買い換えやすいように、現行レガシィより小さいサイズにした」との事ですが、それでも大きさは全長4690mm×全幅1780mm×全高1490mm。現行レガシィより100mm全長を短くして先代モデル並みにしたようですが、これで果たして満足するかどうか。全幅はこんなものだろと思いますが、やはりもう一回り全長は短くてもよかったのではないでしょうか。
今でも初代レガシィや初代・二代目インプレッサのワゴンに乗っている人はかなり多いです。その人達が求めているのは「それほど大きくなくて、それでちょっとした荷物も載せられるワゴン」。近年のこのクラスのステーションワゴンは数少なくなり、せいぜいトヨタのカローラフィールダーや日産のウィングロードなどのライトバンベースの車ばかり。理想としては、全長4590mm×全幅1730mm×全高1500mmぐらいのサイズを欲しがっている人が多いのではないかと。ぜひともこのサイズのワゴンを検討して欲しかったのですが…ちょっとレヴォーグは大きすぎますね。

もう一つはMT車が無い事。私もMTから疎遠になってしまったので大きく言えないのですが、最近はAT車やCVT車が幅を利かせてMT車が減っているとはいえ、ファンがいなくなっているわけではありません。スバル車でもMTに乗るファンが多いのにCVTだけにするのはどうかと。
事実、マツダのアテンザは新開発のスカイアクティブMTを日本でも展開していますが、「ワゴンのディーゼル仕様のMT」を買うユーザーがメーカーの予想以上に多かったという話を聞きました。それだけの潜在ニーズがあるし、同じFA20ならBRZの改良流用もできるはずだから、ぜひともMT車を展開して欲しいところなんですけどねえ。

ともかく、私の結論は一つ。「とりあえず、今のインプレッサG4をじっくり乗ろう」です(笑)ワゴンは魅力ですが、G4だってコンパネ1畳が載せられるほどの積載性があるんですからねえ(^^;)

| | コメント (0)

2013年11月24日 (日)

詳細は明日以降に

2013tokyo005
東京から帰ってまいりました。昨日の東京モーターショーは大勢の客が訪れていました。やはりいい天気だった事と初日だった事が大きかったようで…で、いろいろ新型車やコンセプトカーを見てきましたが、それに関しての詳細は明日以降という事で。
まず言いたいのが、やはりロサンゼルスモーターショーと重なったのは痛いのと、アメリカ車がない事が何より残念な事。どうしてもコンセプトカーが分散してしまって、どちらを重く見るかという点で、東京モーターショーの役割が薄れてきてるような気がします。ただ面白いコンセプトカーを見せるばかりで、本質で乗れる車を見せる機会が減っている感も。そろそろその点は見直さないといけない時期なのかもしれません。

2013tokyo006
そして今日はジャパンカップを観戦。結果のほうは競馬予想の方に譲るとして、なかなか楽しかったです。スタンドでもゴール前を陣取れたのも大きいですが、やはり天気が良かったのも幸運でした。
ともかく楽しい2日間でした。

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

13年ジャパンカップ予想

有力馬が揃った感があるJCですが、やっぱり外国馬が寂しいですね。せいぜい一度経験のあるジョシュアツリーぐらいか。
でもいまいちジェンティルドンナもゴールドシップも推しづらいんですよね。内枠有利な感のあるレース(去年はレベルが高い馬が外枠だった)だけに、大穴狙いもありかも。

予想

◎:エイシンフラッシュ
○:ジェンティルドンナ
△:デニムアンドルビー
☆:ジョシュアツリー

内枠でMデムーロ騎手の巻き返しを期待してエイシンフラッシュを本命に。3歳馬のデニムアンドルビーはちょっと細い感じもしますが、53kgの斤量に期待するしか。

| | コメント (2)

2013年11月20日 (水)

ストーブ稼動

今年もいよいよストーブの出番となりました。お茶を沸かしたり、湯たんぽのお湯、スルメや干し芋などを焼いたりと今年も重宝しそうです(^^;)
11月も後半を過ぎて本格的な冬になってきたので、風邪には特に注意しなければいけません。特に東京モーターショーなどではマスク着用するつもりです(2年前見事に風邪を引いた経験から)

2013kyoryuger022
ミニプラ・ギガントブラギオーも大分組みあがって、後は塗装が乾くのを待つばかりとなしました。メタリックシールに関してはまだ検討中。
でも実際くみ上げてみるとかなり小さいですね。そして指摘もある稼動のなさに少々がっかり。「組み立てやすさ」を重視した今回のキョウリュウジャーのミニプラですが、子持ちの家族には評価が高い一方、稼動重視のミニプラを期待していたファンにはがっかり感が。まあこのギガントブラギオーに関しては変形機構やギミックを考えると仕方が無いといえますが・・・
来年の戦隊のミニプラはどうなりますかね。

そして来週発売される仮面ライダー鎧武の食玩アームズアクションシリーズもちょっと気になっていたり(^^;)

| | コメント (0)

2013年11月18日 (月)

「ギガガブリンチョ!」って濁音多すぎ(笑)

2013kyoryuger021
またしても店頭販売より1日早くミニプラ・ギガントブラギオーを購入。IYって発売早いですね(^^;)
んで早速塗装に入ってるのですが、レリーフ光沢の正体は結局メッキではなくメタリックシールのようで…やはりコスト的に無理だったか…。そして、いざ見てみるとグレーの成型色が何だかくすんだ感じで気に入らないので、結局全面シルバー塗装から始めています。いずれにしても、東モや夜勤が重なるので、再来週以降の公開になりそうです。まあ塗装が間に合えば今週中にはブログで見せられそうですが。
ともあれ、やはりレリーフは光沢が欲しいので、メタリックシールを丁寧に貼っていくことにします(^^;)

| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

こちらも見に行きたいけど

週末はいよいよ東京モーターショーが始まるので、ジャパンカップを見るのもついでに東京へ行く予定です。やはり年賀状の写真も欲しいし、来年の競馬のカレンダーも欲しいし…
でも次の12月には中京開催が始まって、初日はサイレンススズカのモニュメント除幕式が行われる予定との事。むむう、サイレンススズカは思い出深い馬なので、これも見に行きたい…でも夜勤明けの日の上に、2週連続ってのは予算がやばそう…。今週考えることにします(^^;)

ラグナロクオンラインの話。

2013ro010
DDイベントが終了して、紅音式部も必死に稼ぎまくった結果Lv97でJobカンスト。終了後にやっとウォーロックにしました。かげろう紅音も101、蒼辺山宗春も100に達して、ようやくギルメンに追いついてきた感が。
ついでに既にオーラレベルに達していた蒼倍晴明もDD終了後に転生。アカデミーなどで稼いでクリエイターにしました。これからさらにホムンクルスを進化させたいところだけど、いまだに「普通」のままです。いつになったら進化できることやら・・・

| | コメント (0)

2013年11月15日 (金)

13年マイルチャンピオンシップ予想

今回はかなり難解になりそうなレース。ロードカナロアも出走せず、当初有力だった馬がいまいちパッとしない状況の中で、有力になりそうなのが富士Sを勝ったダノンシャーク。京都金杯を勝つなど京都実績もあるので、大崩れはしないはず。とはいえ、富士S勝ち馬はいまいち・・・
そしてマイル挑戦に挑むトーセンラーも注目。とはいえ、一押しできるかどうかは・・・

予想
◎:トーセンラー
○:ダノンシャーク
△ダイワマッジョーレ
☆:レッドオーヴァル
距離短縮路線を期待してトーセンラーを本命に。レッドオーヴァルも叩き2戦目での大穴開けを期待。

| | コメント (2)

2013年11月14日 (木)

相変わらず寒い・・・

ついにコタツ布団の出番となりました。夜勤の夜は特に寒い…

2013inaba020
今年も年末調整の提出の時期になったのですが、その紙の入った封筒を居間のコタツの上に置いて寝たところ、昼に起きて、母に「イナの字に封筒かじられたよ」と言われました(苦笑)。どうやら寝ている内にイナの字がコタツの上に飛び乗っていたようで・・・油断とはいえ、そこまでかじりつくとは・・・
まあかじられたのは全部ではなく端っこだけだったので、そのまま提出してもOKだそうで。親父の封筒もかじられました(笑)今後は高い場所に置いておかないと・・・

(ちなみにこれの撮影中にもコンデジのストラップにかじりついてきました(^^;))

| | コメント (1)

大いなる「負の体験」

埼玉で起きたマツダの自動ブレーキの体験会での事故。最近流行の衝突回避システムの体験試乗会ですが、やはり起きたな~と思う感じです。いくら自動ブレーキといっても万能ではないし、店員がしっかり説明しなければ、スバルのアイサイトだろうが、ダイハツのスマートアシストだろうが衝突しますよ。マツダは結局しばらく体験会の自粛をするそうで・・・。

ただこれで、「マツダの自動ブレーキはあてにならない」と誤解されそうなのが怖いですね。どのメーカーでも共通で、こういう衝突回避システムは「安全装置」ではなく「安全補助装置」。あくまで乗っているドライバーの「補助」をするに過ぎません。体験会のように「故意」にぶつけてみるのと、実際の運転の「ついうっかり」とは状況が違います。
でもどの車のCMでも、その注意事項は小さい文字でたった2~3秒しか表示されない状態。あまり読まないから客にとっては「これをつけてりゃ安全だ」と過信しかねないわけで、ちゃんと声で説明するようにすればいいのですが・・・。
以前運転席エアバックが普及し始めた頃、「エアバックさえつければ安全だ」と浸透してしまい、高速で事故を起こし、シートベルトを付けててもエアバックの衝撃で顔を強打する事故があった頃を思い出します。結局自分の身を守るのは「安全補助装置」ではなく「自分自身の運転技術」なのですから、衝突回避システムはあくまで緊急と考えて、しっかりとした運転が大事だということを認識する必要があります。

ちなみに、うちの親父のCX-5は自動ブレーキはついていません。やっぱり「過信したら怖いから」だそうで。

| | コメント (0)

2013年11月12日 (火)

ようやく冬本番に

一気に季節が進んだ感じになりましたね。ちょうど夜勤なので気温も低く、少々厚着にしないと厳しいほどに。まあこれが本来の季節なのですが、一方で南では猛烈な強さの台風が立て続けに発生中。フィリピンでは大変な被害にあっているみたいですね。
で、これも寒気に影響があるみたいで、台風が中国・ベトナム方面へ向かうことで、北の寒気を東へ押し出す形になっているそうです。これからますます冬の時期になりますが、南ではまだ台風の影響は続きそうですね。

さて年末に向けて旅行の計画を立てているところですが、結局初志貫徹でしまなみ海道・今治に行く事にしました。やはり別子銅山は見てみたいところですが、資料館はやはり休館日のもよう。ただ、坑道見学やマイントピア別子は入れるようなので、そこを見る予定。帰りに淡路島で初日の出を見たいので、海沿いのホテルを探すつもりですが、いい場所あるかな・・・。

| | コメント (0)

2013年11月10日 (日)

取り付けてみた

昨日、前のスバルの感謝デーのパーツ割引を利用して注文していた、インプレッサのオプションパーツ「STiフレキシブルタワーバー」が届いたので、さっそく装着してきました。見てみると、意外に大きいパーツなんだなとちょっと驚き(^^;)

2013hobby066
これが装着した状態。
どんなものかと私的に簡単に説明すると、そもそもエンジンルームは底の無い弁当箱のようなもので、左右のサスペンションに負荷がかかると、若干たわんでコーナーリングなどに支障をきたす場合があります。最近の車は大分運転席フレーム寄りにサスペンションがあるため多少剛性はあるのですが、それでも負荷がかからない事はありません。
 それを抑えるために用意されているのがストラットタワーバーで、サスペンションの間にパイプを渡す事で剛性をアップさせて、安定したコーナーリングを実現するというもの。それをSTiでは、パイプの中央をリングボールで曲がるように改良してあるため「フレキシブル」の名が付いているわけです。こうする事で、剛性アップだけでなく、多少の柔軟性も持たせて乗り心地も向上させています。

で、さっそく昨日と今日で高速と街乗りで試し走りしてみました。ハンドリングが重くなると聞いていたのですが、街乗りでもそれほど重く感じませんでした。交差点でもそれほど実感が沸きません。
むしろ効果が分かるのは高速に入ってから。普通に直線を走ってる際は前より安定した感があり、車線変更でもレーンチェンジした際のブレが少なくなった感じです。そしてインターチェンジでのカーブでも安定して走る事が出来たりと、これは高速でこそ真価を発揮する装備だなと実感しました。また飯田市との間の別所街道の峠でも試してみたいところです。

と、いい事ずくめのように書きましたが、当然問題もあります。エンジンルームの剛性が高まったということは、若干重くなったと言う事。当然燃費にも影響してきます。
そして頑丈になったということは、片側をぶつけられると、もう片側にもダメージが響き、片側半損で済む事故も全損になる可能性もはらんでいるわけで。これはますますもって気をつけて運転しないといけないですね(^^;)
今後旅行でもその効果を検証してみたいと思います。

| | コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

13年エリザベス女王杯予想

今回も問題は天候。重になればデニムアンドルビーに分がありそうな感じがします。少なくとも1番人気が大崩れしないレースなので、3着以内には入るはず。
とはいえ、回復が早ければヴィルシーナやメイショウマンボにも隙があります。ただメイショウマンボは秋華賞でピークに持ってきたアパパネに重なってるような気が…。

予想
◎:デニムアンドルビー
○:メイショウマンボ
△:ラキシス
☆:エディン

上がり調子のラキシスも気になりますが、それでも△止まり。
そして意外に非サンデー系の馬がよく突っ込んでくるので、ジャンポケ産駒で京都2200mも勝っている実績のあるエディンにも注目。クイーンスプマンテみたいにまんまと逃げ切っちゃうかも?

| | コメント (2)

2013年11月 7日 (木)

まだ蚊が出る

ずいぶん寒くなってきましたが、昨日は蚊に悩まされました。耳元でブンブンうるさく飛んでるうえに、あちこちさされて、ほとんど寝られず…そういうときに限って、仕事で材料の不具合が発生して残業になる始末…。今日は蚊取り線香を焚いてるので、何とか寝られると良いのですが・・・。

このぐらいしか書くネタが無いほど、平凡な日が続いております(笑)

| | コメント (0)

2013年11月 5日 (火)

必要な時に限って見当たらない(^^;)

生命保険の更新に合わせて、保険会社の人が、別のタイプにしませんかと提案してきました。まあ勧誘と言ってしまえばそれまでですが、それでも医療の高度化もあって特約は必要になってくるわけで、受け入れることに。
ところが、それを再契約するには今年の健康診断の結果の通知書が必要だということが判明。しかし探してみてもどこにも見当たりません。見つかったと思ったら去年や一昨年の通知書だったり(笑)おかしいな~やっぱり捨ててしまったのか…書類は去年まで全く使う事なく奥深くに保管しておいてるのですが、その中で必要なものに限って、いつの間にか見当たらなくなっている事ってありませんかね?後で奥深く調べてみたら、10年以上前の給与明細まで取ってあったり(笑)
結局、会社に頼んで、健診結果のコピーを出してもらって提出となりました(^^;)皆様も今後必要な書類は、分かりやすい場所に最低1年間は取っておきましょう。ゆくゆく大変なことになりますよ。

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

3連休?知らない(笑)

月曜日も休みらしいのですが、うちは仕事です。まあ稼げるときに稼いでおかないと。
家で使っていた空気清浄機を会社の事務所に持っていってしまったので、これを機に加湿空気清浄機を買って来ました。以前から加湿器と空気清浄機を一まとめにしたかったので、まだシーズン前の今のうちに安く買っておこうかと。まあ会社に空気清浄機代をもらったので、それを元手に(^^;)今のなら性能も向上してるはずだから、これで風邪対策になれば・・・

ラグナロクオンラインの話。

2013ro009
DDが始まってから、まずは紅音式部をウォーロックにすべく上げているのですが、DDに行くまでまだ時間がかかるので、息抜きにLv86だった蒼倍晴明を養殖で90に引張り上げてみました。その後さらにDDでかげろう紅音で養殖したら5回往復で一気にオーラに(^^;)DDすげー。
まあ転生準備はOKなのですが、まずは紅音式部を上げるためお預け。しばらくはホムンクルスの育成に専念します。

| | コメント (0)

2013年11月 2日 (土)

コンビニ多すぎ!

仕事場に行く途中に、新しいコンビニが2件ほど建設が始まっていました。一体いくつコンビニを作って廃墟にするんでしょうねえ(苦笑)最近は300mも走れば別のコンビニがあったり、7に至っては自宅範囲が1kmに満たない場所に3件以上あります。そりゃ首都圏はもっと多いかもしれませんが、地方のうちらにとっては多すぎです。
正直、コンビニより、吉○家とかす○家とか24時間営業の食堂チェーンが通勤路上に1件欲しいところです。4車線の右側とかしかないのが…あれば夜勤の帰り道に夜食を済ませられるのですが…。

年末の旅行、まだ迷ってます。やっぱり初志貫徹で今治・新居浜にしようかなと思ったり、でも年末って資料館とか休館日が多いし…まあ、見れる場所次第ですね。

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »