« 本日で仕事納め | トップページ | また政治話になってしまった・・・ »

2013年12月27日 (金)

ぬぐえない文化

安倍首相の靖国参拝に中国・韓国から猛反発の声。
まあ毎度の事で仕方がないと思いますが、靖国参拝の問題はなかなか根深いですからねえ。ただ、参拝自体よりも安倍首相のコメントがどうも・・・。
「日本のために尊い命を犠牲にされた英霊に対し尊崇の念をしめし・・・」
…なんですかこの過去の首相のコメントのコピーのようなコメントは。これじゃあ中国や韓国が怒って当然でしょう。両国にとって靖国は戦没者ではなく「軍人」を祀っている場所と受け止められている上に、「英霊」とまで言う態度では、火に油を注ぐようなものです。

まずは自国の文化・風習をしっかり説明する義務があると思うのです。前にも書いたとおり、日本には「どんな悪事を重ねた人間でも、死んでしまえば善悪はなしで弔わなければ。もし慰霊もせずに放置すれば、むしろ悪人ほど霊となって、祟りや災いが起きる」という観点が昔からあります。そして中国・韓国などの儒教国は「死んだところで悪は悪。存在すら許されるべきではない」という観点が根深く残る国だと言う事を忘れてはいけません。
もちろん、「日本は善悪なく死んでしまえば弔うのが風習、災いをなくすためにもこれは大事なこと」と説明しても、「とても理解できない」と言われるでしょう。
でもそれはいいのです。その国にはその国の文化や風習があるのですから。
でも日本にしても中国・韓国にしても「自分の国の風習こそ正しい道だからそれを相手にも広めなければならない」と考えてしまうから、今のような状況になってしまうのです。
特に日本はそういう傾向が強く「話し合っていけば、水に流せる」という態度をとり続けますが、そもそも「水に流す」という風習は儒教国にはありません。だから話し合いだけでは解決できない、そして自分たちの風習を壊そうとしている・・・だから猛反発をさらにエスカレートさせる始末。
まずは中国・韓国の文化をまず理解して、自分たちの国の文化も理解する事が、一番の関係改善の第一歩じゃないでしょうか。良い面・悪い面をよく熟知した上で交渉を重ねれば、相手もそこまで角を出す事も無いはずだと思うのですが・・・

まあ、ガチガチのペーパーエリート(学歴だけ良くて、学んだ事は忘れてる)が多い自民党じゃあ無理かなあ・・・

|

« 本日で仕事納め | トップページ | また政治話になってしまった・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日で仕事納め | トップページ | また政治話になってしまった・・・ »