« 今年も満開 | トップページ | 夜勤はやはり眠気は中途半端 »

2014年3月11日 (火)

あの日

もう3年ですよ。あの日本中が大混乱した日から。
被災地はまだ復興半ば、福島原発はまだ汚染水問題が後手後手、鉄道の復旧もようやく三陸鉄道が全線復旧の目処がたったぐらいと、まだまだ安定的な生活に戻るには時間がかかりそうです。
まあ地震・津波対策と街作りの両面を行うには、まだまだ難しい課題も残るわけで、当面は同じ状況が続くでしょう。
では、私たち(被災していない人)はこの3年で地震によって意識が変わったでしょうか。

残念ながら、私は変わっていないと思います。
防災訓練はいろいろやっているにしても、対策は常に行政任せ。震災直後は自分達で何かしようという動きがあってもすぐに萎み、ほとんどは自治体が行う「○月○日に行いますよ」という通知にしたがって行う「前もって対策が取れる」訓練ばかり。震災は突然に起こるものなのに、抜き打ちの訓練を行うと「なぜ前もって通知しないのか」と怒り出す始末。これではいざという時にまた同じ事を繰り返すと思います。

原発問題にしても、未だに原発ヒステリーとアレルギーが渦巻いていて、「原発を無くせば安全」「原発はすぐ廃炉に」という「脱原発念仏軍団」が何人いる事か。ただ無くせ無くせと唱えているだけでは電力問題は解決しません。もちろん節電も重要ですが、全く電力を必要としない事はありません。
原発が止まった事で火力発電が今フル稼働になって、燃料価格高騰の上に電気代がアップ、さらに二酸化炭素増大で異常気象となり、海流が変化中。この事がいざ津波が来たときにさらなる巨大津波化に繋がる事にいつ気付くのでしょうか。
ほんとに脱原発を唱えるなら、まず再生可能エネルギーだけで電力をまかなう「団地(または集落)」を一つ作ってみるべきです。それで1年過ごせるか確かめた上で「どうだ、原発なんかなくたって住む事は出来る」と証明すれば、いくらでも脱原発を唱える根拠は出来ます。
しかし、そういうと「それは行政のやる事だ」「支援がなければ出来ない」と突っぱねる始末。そして「原発無くせ」と念仏のように唱えるだけで無くせると信じてる集団が出来る…あきれます。何でも行政任せにしていたら駄目な事は震災の時に学んだはずなんですがねえ・・・。

今、私の家近くの土地の価格が高騰しているようです。海岸から20km近く離れている場所という事で、「ここなら安全だ」と引っ越す方が多いそうで、例え20坪ぐらいしかない土地でも家を建てる動きも。
…う~ん、私の家の近くは元天竜川の川原で、少し掘り起こせば川砂利が取れるような場所なんですがねえ・・・(だから地下水も豊富。うちは井戸水)
だからいざ地震になれば液状化現象の懸念も出てくると覚悟しています。今の家も一応基礎を深く掘って備えたつもりですが、何が起こるか分からないのが地震。それに津波が来ないといいますが、東には天竜川。そこから津波が逆流してこればここらも危ないと思います。正直、「ここが安全だ」場所なんて無いと思いますよ。

3年も経ったわけですし、そろそろ震災意識をもう一度見直すべきじゃないでしょうか。唱えるだけでは何も変わらないという事を。

|

« 今年も満開 | トップページ | 夜勤はやはり眠気は中途半端 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も満開 | トップページ | 夜勤はやはり眠気は中途半端 »