« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

旅行中:ギリギリセーフ

2014miike_11

今日は三池炭鉱跡を探訪してましたが、大牟田の宮浦抗跡まで来た時点で2時ちょうど。フェリーの出航時間まで3時間半、距離は150㎞という状態に。まだ食事もしてなかったので途中で飯も合わせると間に合うかどうか分かりませんでした。なので予定していた久留米をやめて高速道路で直行。途中のSAで腹ごしらえして、後は速度規制やネズミ取り、イノシシ狩り(猪突猛進して走る車を捕まえるパトカー)を注意しながらも全速力。どうにか乗船時間までに門司港に到着しました(^^;)
現在フェリーの無線LANで更新中です。

明日は大阪から一気に帰宅。混んでるかな・・・

| | コメント (0)

2014年4月29日 (火)

旅行中:おやまのおしゃる

2014beppu003
そんなわけで、今日は高崎山自然動物園の猿山を見てきました。「動物園」といってもいるのはニホンザルだけ、しかもその場所は元々お寺という異様な場所なのですが、とにかくその半端じゃないサルの多さ。
高崎山といえば、ニュースで話題になったボス猿「ベンツ」の行方不明から死亡と確定した事。現在ではその跡を継いで新ボス(C群αオス)になった「ゾロメ」が人気を集めています。1頭切り株に立ってるのがそのゾロメ。でもゾロメも結構の高齢で、動きがやや鈍いようで若い衆やオバサンザルになめられる事もあるようで(笑)

2014beppu002
ショボーン(笑)
他のサルたちもなかなか面白いしぐさが多いので飽きません。まあまだ旅が続いてるので、午前中のうちに退散。

2014takeda
その後に豊後竹田の岡城跡へ。滝廉太郎の「荒城の月」で有名な場所です。
敷地はかなり広いのですが、ほんとに石垣だけ。でも天然の要害としてかなり立派です。

2014aso
その後には阿蘇山にようやく到着。仙酔峡を見た時点でもう草千里の方は霧が深そうなので、大観峰に行くことにしたのですが、大観峰でも完全に山が隠れていました。
そして、その時点で車のガソリンがあとわずかだった事を忘れてました(笑)急いで山を下りてどうにか給油。山の途中のガス欠は避けられました(^^;)今後は気を付けないと・・・

明日は大牟田・荒尾の三池炭鉱遺構探訪。そして帰りのフェリーです。

| | コメント (0)

2014年4月28日 (月)

旅行中:とりあえず撮れた・・・

2014beppu001
「俺には見える!傘をささずに撮影する姿が!」
そんなイマジネーションが効いたのか(笑)雨が強いのは朝晩だけで、日中は曇りだったものの、あまり傘の出番がなしで助かりました(^^;)
まあ、平尾台や国東半島付近は霧が深すぎて早々に引き揚げましたが、耶馬溪と青の洞門、中津城周辺などを散策。豊後高田もじっくりと見る事が出来ましたが、途中で眠くなって、コンビニの駐車場で1時間ほど眠ってしまいました(^^;)さすがに6時からあちこち見るのは大変(^^;)

明日は高崎山のサルを見て阿蘇山を目指しますが、やっぱり天気が気になるところ。持ち直しそうな感じなのですが・・・

| | コメント (0)

2014年4月26日 (土)

イマジネーションが足りないっ!(笑)

さあようやくGWを迎えましたが、やっぱり月曜日は雨になりそうです・・・しかもだんだん火曜日にもずれてきているような気が…。ここは何とか天気回復を祈るしかっ…!
でも私が九州に行くと、ほとんど1日目は雨に悩まされるんですよね…唯一晴れたのが07年の熊本行きの時だけ。その他がご覧の通り。

1回目:高校の時に青春18きっぷを使ってムーンライト九州に乗り博多へ。しかし着いた途端に雨が。浜松に着くと晴れているという・・・。

2回目:05年の宮崎~鹿児島。宮崎に着いてしばらくすると雨に。次の日も土砂降りになり、大隅半島に行く予定が土砂崩れで中止。晴れたのは午後に飛行機で帰る最終日だけ(涙)

3回目:熊本(この時だけ晴れてた)

4回目:09年の九州1週1周旅行。門司に着いて次の日に曇り始めて雨に。久住高原では5月近いのに雪まで降る有様・・・。

5回目:11年の長崎・佐賀旅行。博多ではまだ曇りですんでいたものの、長崎に行くまでに雨がひどくなる。次の日の軍艦島撮影では雨が弱いうちに撮影しようとしたら突然の豪雨でびしょ濡れに(涙)

まあ雨男なのは承知なのですが、ここまでとなると…(涙)ここは雨でも絵になる場所を探さなくては・・・!

ともあれ、まずは明日大阪まで行ってフェリーで九州へ。無事にたどり着かねば・・・

2014inaba004
今回も載せられるのがないので、イナの字を(^^;)
特に何するでもないのですが、そろそろタイルカーペットもボロボロになり始めています。まだ2階の広場はきれいなのですが、1階の方はかじれる場所からもう燦燦たる有様。そろそろまた対策を練らなければ・・・

| | コメント (0)

2014年4月24日 (木)

今年の花粉は

もうそろそろ花粉の季節も終わりそうな感じですが、今年は医者の世話になる事はなくマスクだけでしのげそうな感じです。いつもだと今ぐらいの時分には、医者に噴霧器と漢方薬を処方してもらうのですが、今年は薬も飲まずに過ごせる状態。「今年の花粉は例年より少ない」との事でしたが、確かに当たっていましたね。まあ今年は冷夏の予想なので、また来年の花粉がやばい感じもしますが・・・(^^;)

2014kanban0051
ブログ看板を更新。何気に今月で、イースオンラインのサービス開始から5年が経ったので(サービス自体はもう終了してるけど^^;)、その記念に久々にキーモのエマイユを描き下ろしてみました。
詠唱ポーズで、韓服コスチュームを着せてみることに。このコスチュームが一番のお気に入りだったので。
ちなみに、Pixivでも全身絵を載せてあります。

2009ema006
んで、これが実際のコスチューム。他にも中国風からゴシックやらいろいろあるので、またいずれ描き下ろしてみますかね。もう「イースオンライン」というよりは「オリジナル」になってしまうだろうけど(笑)

| | コメント (2)

2014年4月22日 (火)

裏方達にも危険な挑戦

CSの「ディスカバリーチャンネル」で5月に全世界生中継される予定だった「エベレスト頂上からの滑空」が、18日にエベレストの雪崩でスタッフのネパール人山岳ガイドが巻き込まれ死亡する事故が発生した事で急遽中止になったそうです。
ディスカバリーチャンネルでは一昨年は高度37000mの成層圏からのフリーフォール生中継、去年はグランドキャニオンでの命綱なしの綱渡り生中継など、毎回世界記録の挑戦の生中継を放送していました。過激といえば過激ですが、それでも本人も信念を持って命懸けで挑戦するわけで、日本の芸能人に危ないことをさせる番組よりも見ごたえがあります。

ただ、どの企画でも、それに携わる裏方のスタッフも危険な事も事実。撮影スタッフもその様子を、自分も危ない場所から撮らないといけないし、挑戦前に事前に準備もしなければ挑戦者を危険にさらしてしまうわけで、余計に大変なはずです。
それ以前に相手は自然。急な強風などの天候の変化、地面の崩落など、何が起こるか分かりません。
そんな環境でスタッフ達は準備しないといけないわけですから、ある意味挑戦者よりも過酷な状況でしょう。そんな中での今回の事故。今後スタッフの安全も考えた企画が求められそうです。
ともあれ、亡くなったネパール人スタッフのご冥福をお祈り申し上げます。

でも、夜勤から帰宅した後にテレビ見てたらこの中止のCMが流れてたのですが、悲しく切ないBGMに、深夜も重なって余計に気分が沈みました・・・(^^;)

| | コメント (0)

2014年4月20日 (日)

やっぱり天気が不安

いよいよGWまで一週間を切ったわけですが、やっぱり週間予報を気にしています。現在の予報では、福岡の天気は日曜日は雨。いや、日曜日はまだ移動日だからいいのですが、月曜日に雨が残るのが心配。
朝6時に門司に到着なので、そのまま走ってカルスト台地の平尾台の朝を撮りに行こうかと思っているのですが、雨上がりだと霧の中なのでどうかな~と。
まあ、後は天気を見ながら見る場所を選んでいく予定なので、何とか天気が持っている事を祈るばかりです。

2014cars015
今日はこんなのを作ってました。何これ?と思うかもしれませんが(^^;)
一応素材はプラ製のL字材とプラ版、そして下にアルミメッキ製の板を折り曲げて使用。

2014cars016
「ガワ」を被せれば、ティッシュケースが完成。
車に載せているティッシュケースはコンソールボックスにゴムで止めているのですが、毎回動いてしまう上に、中に骨組みがないので、ティッシュがつぶれてしまうのです。ガワのサイレンススズカのカバーは長いこと使って剥げてきてますが、それでも愛着があるので洗って使います。

2014cars017
コンソールボックスのねじを外して、そこに穴を開いてるアルミの板をつけて固定。これでコンソールボックスを開けても動くこともなく、形も崩れなくなります。
まだまだ花粉に悩まされてるので、ティッシュは必需品。今後もスズカの人形が定位置に居座ります(笑)

| | コメント (0)

2014年4月18日 (金)

14年皐月賞予想

かなりの混戦模様の今回。トゥザワールド、ワンアンドオンリー、イスラボニータ、トーセンスターダムをはじめ、アジアエクスプレス、ロサギガンティア、さらには牝馬のバウンスシャッセまで参戦。
人気ではイスラボニータが人気になっているようですが、やはり芝2000mをこなせる実力が必要な事からトゥザワールドを推したいところ。同じ2000mをこなしているトーセンスターダムですが、こちらは京都実績。京都のような直線平坦でのレースはあまり信用出来ないのでは。

予想
◎:トゥザワールド
○:トーセンスターダム
△:バウンスシャッセ
☆:スズカデヴィアス
やはりここはこんな感じで。ほんとはウインフルブルームも☆候補だったのですが、スズカデヴィアスの人気のなさにグッときて(笑)
でもすみれSは、どちらかといえばダービー適正が高いんですけどね(^^;)

| | コメント (3)

14年中山グランドジャンプ予想

メルシーエイタイムの引退で一気に若返った(笑)感のある今回のレース。
中山大障害を制したアポロマーベリックがやはり人気となっていますが、去年障害重賞3勝して、今年も阪神スプリングJ2着のオースミムーンも僅差で迫ってます。もっとも何が起こるか分からないのが障害レース。平地を使いつつここに挑むメイショウブシドウもなんか気になるところです。平地叩いて勝つ馬って多いもんねえ。

予想

◎:アポロマーベリック
○:メイショウブシドウ
△:アドマイヤトライ
☆:シャイニーブラック

オースミムーンは乗り代わりがちょっと不安。やはりここはメイショウブシドウに期待したいと。

| | コメント (1)

2014年4月17日 (木)

今日はやはりフェリーの話

韓国のフェリー沈没事故。未だに救出活動が続いているそうですが、春先の東シナ海はよく荒れて難航しているようで・・・一刻も早い救出を祈りたいところです。

最初私は、沈没したフェリーが2年前に引退した新日本海フェリーの旧すいせん(乗った事がある)かと思ったのですが、実際には鹿児島~那覇を結ぶマルエーフェリーの旧・「フェリーなみのうえ」だそうです(現在二代目が就航中)。
もともと日本の長距離フェリーが引退後、ギリシャやシンガポールなどで再就航する事はよくありますが、それも日本のフェリーが丈夫で信頼できるからというところがあります。まあ船のトラブルはないと思いますが、これを韓国の日本批判の火種にはして欲しくないですね。
一番可能性のある原因は船首に暗礁に衝突して、そのまま航行を続けたからなのが濃厚ですが、「現場海域に暗礁がない」という専門家もいるのでどうともいえないですね。ただ、車両甲板内の荷物の偏りもあるかもしれません。胴広のフェリー内でちょっとでも重量が偏ると船体が不安定のまま航行を続けることになるので、それでバランスが崩れてしまったのかも。まあ憶測ですが。
ただ、脱出の際に「船内で動かないで。船体が安定しなくなります」との指示があったらしいので、荷物の偏りの可能性はゼロじゃありません。そしてこれによって乗客が取り残される結果になったわけで、もう運航会社の責任は重大ですね。
ともあれ、改めて早い救出と原因の特定を祈るばかりです。

2014home016
ちなみに、長距離に限らず大型船に乗る際には、まず船内の全体図をまず確認する事をお勧めします。(写真は太平洋フェリーのいしかり)
自分はどこに座るか、そこからの脱出経路は、救命胴衣と救命ボートはどこにあるかなど、最低右舷、左舷1ヵ所ずつの脱出ルートを実際に歩いて確認しておくと、いざという時にあせらずに行動ができるとの話を長距離フェリーファンから聞きました。
それ以来、必ず全体図を見てから客室に入るようにしてます。少しでも安心感を持つためにも、ここは良く見ておきましょう。

| | コメント (0)

2014年4月15日 (火)

GW一番の問題

4月も半ばを過ぎて、GWも2週間後。旅行を控えて楽しみになっているのですが、やはり問題は天気。来週が全国的に雨らしく、間隔的に考えてもその後の土曜日にまた雨になりそうな感じ。
まあその次の週初めで晴れれば問題ないのですが、やはり気になるところです。もともと雨男ですから私は(涙)
ルートを大分から周るルートに変更して、火曜日に阿蘇山に行く予定なのですが、その時に雨になるとなあ…せめて曇りになる事を祈りたいです。

2014home015
そろそろ花の季節も終わりが近づき、芝桜も満開な場所が増えてます。近所でもあちこちで咲いていました。
最近載せられるネタがなくて(^^;)

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

カメラの話でもう一つ

APS-Cカメラで使ってるD5000のズームレンズが最広角でシャッターが切れないなど調子が悪く、修理にも程度のいい中古を買った方が安いとカメラ屋に言われてへこんでいる所です。
まあD600用のフルサイズレンズやコンデジを使えばいいのですが、ミニプラ撮影や遠出するにはコンデジでは厳しいし(コンデジは明るさの調整が意外に大変)、フルサイズレンズでは広角がかなり狭くなってしまうため、やはりAPS-C用がなければ・・・まあいずれ予算が出たら買おうかと。

とか思ってたら、タムロンで既に発表していた高倍率レンズ16-300mmが今月発売との事。いい機会なのかも…と思ってたら、何とニコンも18-300mmの軽量版を発売すると発表。
これ、どうみても対抗しているようにしか・・・でも、値段的にもマクロ撮影にも適してる事にしても、やっぱりタムロンかなあ。

| | コメント (0)

やはり日本叩き?

中国からアメリカから問題になったニコンD600の「黒点問題」。特に中国は特別番組を放送するなど波紋が広がってますねえ。
現在では後継モデルのD610が発売されて、D600に対しては無償修理で対応する事になっていますが、中国ではまだ店頭在庫を撤去したり、訴訟が起きたりしてます。最近の中国の日本叩きが過剰なだけに何となく叩き台にも見えなくも無いですが…

でもニコンの対応が遅すぎたのも事実。1年以上の放置の上に回収も遅れ、さらに「機構上の問題」で片付けようとしたために、余計に付け入る隙を与えてしまったのも事実です。今回の事は、車などの他の日本製品でも言える事で、早目の対応をせず「普通に使っていれば大丈夫」的な態度を取ったらすぐにつるし上げになる事を意味します。
最近ホンダやトヨタが大量のリコールを発表して問題になりましたが、奥底にはアメリカや中国などの「日本叩きのエサ」をなくさなければという危機感もあったのかもしれません。まあ考えすぎかもしれませんが…。

なお、D600ユーザーの私は…特に修理にも出さず、普通に使ってます。「黒点」に対しては、エアスプレーとか使ったりして掃除もしてるせいか、それほど黒ずんだという印象は感じません。まあ素人目だからというのもありますが、あまり写真印刷はせずネット投稿では縮小するのでそれほど気にならないからかも。
まあ厳しい目がないから、メーカーも付け上がるのかもしれませんが(^^;)

| | コメント (0)

2014年4月12日 (土)

浜名湖花博を見学

先週から開幕している浜名湖花博2014を見学してきました。せっかくの天気だから見に行ってこないと、とりあえず浜名湖ガーデンパーク(旧花博会場)へ。

2014hamanako001

2004年開催の浜名湖花博から10年を記念して開催となったわけだけど、どう見ても入場者が伸び悩むガーデンパークの話題喚起にしか…(^^;)そして少々荒廃してるガーデンパークの庭園の再整備も兼ねてるんでしょう。

2014hamanako002

とはいっても、やっぱり展示としては当時に比べると少々寂しい感じもぬぐえません。確かにカラフルなんだけどねえ。

2014hamanako003

ともあれ、4月だけあって満開の花が楽しめるのは良い事。目がチカチカするほど鮮やかな風景が広がります。

2014hamanako004
特にチューリップが一番の見頃。旧モネの庭である「花美の庭」では色鮮やかなチューリップを見る事ができます。

2014hamanako005

多分いろいろ品種改良を施していろいろカラフルな品種が出来たのでしょうか。様々な色がありました。

2014hamanako006

2014hamanako007

他にも庭園の再整備やフラワーアートなどが見所。

2014hamanako008

2014hamanako009

展望塔から見た会場。やはりピークはGWなんでしょうね。
これから6月まで開催される花博ですが、さらに盛り上げることが出来るか。もう一つの会場のフラワーパークとともに注目です。
フラワーパーク会場もまた見に行ってみようと思います。

| | コメント (0)

2014年4月11日 (金)

14年桜花賞予想

近年は去年のアユサンを除いてほとんどが人気どころで決着が付いている桜花賞。しかも外枠有利でディープ産駒3連覇(内ワンツー2回)中。
となるとやはり全部当てはまっているハープスターは鉄板なんですかねえ。というか今回ディープ産駒はハープスターだけ。これは相手探しが難しそうです。
ベルカントも外枠ですが先行型のこの馬には不利だし、レッドリヴェールは桜花賞直行なのが気になる上に長距離の方が向いてるステイゴールド産駒。フォーエバーモアは阪神JF3着とはいえ、関東の方がよく走りそうだし、ヌーヴォレコルトは叔母ゴッドインチーフの血筋がイマイチ不安(笑)さてどうするか。

予想

◎:ハープスター
○:ヌーヴォレコルト
△:ホウライアキコ
☆:レーヴデトワール
下2頭は巻き返しを期待して。特にレーヴデトワールは長距離を使ってここという事で、距離短縮の効果を期待。

| | コメント (3)

2014年4月 8日 (火)

少々pixivイラストを増加中

新規で描いたイラストをpixivにいろいろ掲載中です。特にぼのぼののイラストが増殖中です。いろいろ描いてたら何か評価してくれる人が多いので調子にのっていろいろ掲載(笑)
とりあえず、ブログ横ににもリンクを張っておきましたのでよろしく。

| | コメント (0)

2014年4月 6日 (日)

風が強い…

今日は風がとにかく強いです。加工を昨日に済ませてよかった…ただでさえ花粉が飛びやすいのに切り粉が飛んでたら仕事どころではありませんし(^^;)
両親は浜名湖花博に行ったのですが、やはり桜はもう葉桜になっていたそうです。やはり今日明日ぐらいが静岡の桜のピークみたいです。これからいよいよ気温が上ってきそうですが、ここにきて寒気が復活。明日から夜勤なのですが大丈夫かどうか・・・。

2014hobby003
昨日組み立てた物を鉄道模型のレイアウトボードに装着しました。パネコートと角材で台の様に覆うように配置。取り外し可能なので、列車を走らせるときは外します。
これを用意した理由は2つ。
まずこの周辺の線路は架線柱が多くて、覆っていた布を取るたびに引っかかっていたのでそれを解消するため。
そしてもう一つは、使用していない時には、この上にフォトスタジオベースを載せて、ミニプラなどの撮影をしやすくするため。今までテーブルを用意して撮影してましたが、これでその手間が省けます。楽する事に苦労するやり方は相変わらずです(笑)
これからいよいよ鉄道模型のレイアウトの改造に乗り出しますが、山の加工や奥に配置する高架駅など苦労しそうです。

| | コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

今のうちの桜を

今日は先週できなかった日曜大工をする・・・つもりだったのですが、昨日の雨からいい天気になり、風も強いので桜が散ってしまう前に写真を撮らねば…と思い、作る物を午前中のうちに簡単に済ませてまた大井川まで行ってきました(^^;)

2014oigawa004
家山川近くの河川敷の駐車場に止めましたが、ここの周辺は正に満開。大勢の観光客も訪れていました。やはり散り始めな感があるので写真が撮れて一安心。

2014oigawa005
しかし、家山の名物でもある通称「桜トンネル」は、既に葉桜になっていました(^^;)
やはり先週の気温アップと雨でほとんど散ってしまったようで…ちゃんと見るなら平日に見ろという事でしょうか…

2014oigawa006
どうせなので、桜をバックに大井川鉄道の列車を撮ろうと思ったのですが、こちらも葉桜になりかけていました。
ちょうど元南海の普通電車が来たのでさっそく撮影。ほんとならSLも撮りたいところですが、時間的に厳しかったので断念。
ともあれ、今年も桜が見る事が出来ました。

| | コメント (0)

2014年4月 3日 (木)

5月に一気出の可能性

今月はミニプラなどの食玩系が少なさそうですね。5月にはトッキュウレッシャーが発売予定ですが、可能性によってはアームズアクション鎧武の新バージョンも出るかも…来月の出費が嵩みそうです…(笑)

2014hobby002
先週買ってきたパネコートを取り付けるため、鉄道模型の一部を解体中。もっとも、最終的には全面的にレイアウトを変える予定なのですけど。
で、あちこちばらすとほこりがすごい事、さらにおぞましいものまで…何かはあえて言えません(^^;)ともあれ取り付け準備を済ませて、土曜日に仕上げたいところです。

| | コメント (0)

2014年4月 1日 (火)

ジ~タバタするな~よ~新年度が来るぜ~♪

とうとう4月になりましたね。まだスーパーとかホームセンターとかは行ってませんが、一気に客足が遠のいたんですかね。まあ今までのマスコミ誘導による加熱ぶりから見ても、落ち込む事は間違いないでしょうね。
毎度思いますが、税金上るの嫌、政治家が無駄遣いするだけとかテレビとかでよくやりますが、そこまで言うならなぜ使い道を調べるのを「お上任せ」にするんでしょうかね。「特定秘密だ」とか言われたら、それこそテレビで徹底して叩けばいいものを。
結局は海外のように暴動は起きず、お上の言うとおりに流されていくのが日本人なんでしょうね。いずれ上る消費税も、徐々に定着していくでしょう。流されてね。

それとは関係ないのですが(笑)GWの旅行の計画は、宿が未だに悩んでいる状態。
どこら辺で泊まるかというのは意外に重要で、ちゃんと目的地を順々に巡って、夕方辺りに飯を食べられる範囲で探すのですが、今回はフェリーで早朝到着なので時間が広く取れる分、どこらまで行くのがベストかというのが難しいのです。
一応1日目は久留米・三池を周り、阿蘇か熊本の辺りで泊まろうかと思うのですが、やはりホテルの規模や値段も考えると…。まあまだ1ヶ月あるので、じっくり考えますが。

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »