« 14年ヴィクトリアマイル予想 | トップページ | ご静聴ありがとうございました »

2014年5月17日 (土)

紙キレ憲法とお上丸投げ主義

はい、毎度お馴染みの政治話です。集団的自衛権のための憲法解釈の変更に関する話。

またネットでいろいろ言われてますねえ。平和主義に漬かってた人達が「今までのままでいい」「軍国主義に戻る」とかいうのもそうですが、いまいち納得が出来ないのは「日本は憲法によって平和が保たれてるんだよ」という意見。

何度も書いてますが、憲法は日本だけで通用するものであって、海外から見ればただの紙キレに過ぎません。日本を攻撃出来るものならいつだって出来る状態です。
では何で守られてるか。私は「皮肉にも」と付け加えた上で、アメリカ軍がいるからだ(または安保条約があるから)と思うのですよ。ストレートに言ってしまうと日本は「虎の威をかる狐」なのです。強大な軍事力を持つアメリカの基地が日本に数箇所ある以上、下手に攻撃できないから守られているわけです。
「皮肉にも」と言ったのは、沖縄の基地の問題もここが難しい所で、もしアメリカ軍が沖縄から撤退して「基地」そのものがなくなったら、たちまち中国の海軍が沖縄の海を平気で徘徊・接岸するようになってしまうでしょう。中国にとっては「昔は琉球王国として中国に忠誠を誓ってたのに、後から日本(薩摩藩)が横取りした」という事実があるのですから。今でも「沖縄も中国の領土だ」という中国の政治家もいますが、前述の根拠があるからそう言えるわけで、下手をしたら今の沖縄は「中国の琉球省(または琉球自治区)」になっていて、新疆ウィグル自治区のような「暴動」が起きてたかもしれないのです。
だからもし沖縄からアメリカ軍を撤退させたいのなら、日本の自衛隊の基地を置いておかないといけなくなるでしょう。しかしそれは「軍隊」を置くことにもつながる訳で、結局は今回の集団的自衛権の行使も未来的にもしっかり基準を決めておくことが重要だと思います。

もちろん、今の自民党が掲げる憲法解釈の変更には問題が山積みです。一番の問題は「行使の基準が曖昧」だという事。特に先制攻撃という最悪の形になりかねない事です。イラク戦争のように、アメリカの言いがかりというかイチャモンで先制攻撃をする事態にはならないようにしなければいけません。それこそ軍国主義の逆戻りであり、世界中から批判される形になる状態です。ちゃんと国民が自衛隊を制御し、「暴走」になる形を防ぐのが平和主義というものでしょう。まずそこを皆で指摘して、行使の条件をしっかり決めていく事が重要なはずです。
しかし、今反対している人達はほとんどが、攻撃された時の事は考えず、とにかく「平和の憲法は守れ」と念仏のように唱えるだけの人ばかり。
「攻撃されるだなんて考えるからいけないのだ」と言う人もいる始末です。
でも「考える」ことをしないがゆえに問題になった事は数知れずでしょう。現に「東日本大震災の被害拡大」「原発事故」は「考えなかった」から起きたわけですから。
そして問題をちゃんと国民で考えようと言っても「それは政治家の考える仕事」と横を向く人もいて、その一方でツイッターなどのネットでは暴言のような批判を書きまくる始末。

やっぱり日本人は「過去を振り返らないのが美徳(結果だけを振り返り、原因や経緯は切り捨てる)」から抜け出せないんですかねえ・・・

|

« 14年ヴィクトリアマイル予想 | トップページ | ご静聴ありがとうございました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14年ヴィクトリアマイル予想 | トップページ | ご静聴ありがとうございました »