« 作るのは早かったけど | トップページ | 14年宝塚記念予想 »

2014年6月26日 (木)

精神力の差かも

昨日のW杯の日本敗退。早くもいろいろ批判やら擁護やら、次期監督候補予想まで行きかっております。まあ久々の完膚なき敗退だっただけに、いろいろ言う事は多いでしょうね。
私は別にサッカーに関してはほとんど分からないし、「選手のこの動きが悪かった」「もっとこう行かないと」とか素人批評をするつもりはありません。まあ運だってあったわけだし、環境の問題だってあったはずですが、それはどこの国の選手でも言える事。ただ一つ指摘できるのは、あのグループの中では日本は「お坊ちゃん」だったという事でしょう。

コロンビア・コートジボワールは治安が改善してきたとはいえ、まだまだ貧困層が多い国。その中から、死に物狂いで這い上がってきた選手が代表に選ばれてきたわけですから、「負けたら自分たちは転落する」という精神力はすさまじいはずです。そしてギリシャもご存知の通り、国自体の財政悪化によりあらゆるスポーツが報奨金などで影響を受けています。「負けたら終わり」この執念は相当なものだったはず。初戦敗退からの予選2位通過はそこから来たんじゃないかと。
それに対して日本はなんと恵まれていることか。チームの財政悪化の話はありますが、「それなら海外に出ればいいじゃん」と次々と海外に移籍する有力選手に、「スポーツを盛り上げていこう」と国もどんどん財政支援策を講じれる「不安な余裕」。そして負けても「次がある」と罵声よりむしろ同情論の多いサポーター。ここは日本人の特質というか「判官びいき」というか、これだけ選手が「次に頑張ればいい」という精神が定着する国は珍しいでしょう。

本気でW杯で上位を狙うなら「負けたら終わり」という環境を整えることも必要じゃないでしょうか。前にも書いたかもしれませんが、「サムライ・ブルー」では、周りとの間合いをジリジリ詰めながらゆっくりと近寄り、隙があれば斬るというイメージが強くて、何となくじれったい感じです。それより、退路を絶って、槍を持って、死に物狂いで突進していくようなイメージの「モノノフ(武士)・ブルー」にすべきです。ともあれ、4年後までの建て直しをどうするのかはまずは見守りましょう。

|

« 作るのは早かったけど | トップページ | 14年宝塚記念予想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作るのは早かったけど | トップページ | 14年宝塚記念予想 »