« ついに注文 | トップページ | 14年スプリンターズS予想 »

2014年9月30日 (火)

いよいよ秋G1開幕

台風17号の次は18号が接近中。まあ日曜日に新幹線が止まる程にまでは来ないとは思いますが…何とか旅行にぶち当たる事がないことを祈るばかりです。

さて、今週からいよいよ競馬も秋のG1が始まるようで、木曜日には恒例の競馬予想も書く予定です(金曜日は移動日なので)
さらに今週は凱旋門賞も開催。ハープスター、ジャスタウェイ、ゴールドシップの3頭出しで果たして日本馬がどこまでやれるか期待の半面、不安もあります。毎回書くことですが、海外陣営の「日本の馬なんかに勝たせてたまるか」という雰囲気に打ち勝たなくてはなりません。
今年もやはり3歳牝馬が台頭しそうな予感。イギリスのタグルータは3歳牝馬ながらキングジョージを制した強敵、フランスのアヴニールセルタンはフランスの2冠牝馬(1000ギニーとオークス)。同じ3歳牝馬のハープスターもそれなりの実力ですが、やはり2400m経験がいまいちなのが気がかり。ジャスタウェイも2000mを越えてどこまでやれるか不安だし、いまいち気まぐれ感の強いゴールドシップ。油断をしていると、2012年のオルフェーヴルのように勝つ直前に伏兵(ソレミア)に負けた時のような事も考えられます。ともあれ、好走を期待したいところです。

スプリンターズSは有力候補だったリトルゲルダが球節炎で回避…どうしよう。

|

« ついに注文 | トップページ | 14年スプリンターズS予想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに注文 | トップページ | 14年スプリンターズS予想 »