« 来月以降はどうするか | トップページ | ついに注文 »

2014年9月27日 (土)

自然には敵わない

御嶽山の噴火。思っていたよりも深刻な状態になりつつありますね。現在も噴煙をあげ続けているとかで、まだ救出しきれていない人もいるとか・・・丁度土曜日で秋の登山客も多かったところにこの噴火ですからねえ。
以前に小規模な微動があった事が分かっているそうですが、それでもすぐそれが噴火につながるかと予測できるかどうかは難しいですしねえ。登山客も事前には調べるでしょうが、まず天候の方を先に心配してしまうのが常というもの。東日本大震災だろうが、先月の広島の土砂災害だろうが、自然の前には人間の科学実証データなんて無力なものです。

でもこれでまた、マスコミとか野党とかクレーマーとかが「もっと早く警告出来なかったのか」とか「閣僚の対応が遅い」とか散々叩くんでしょうねえ。対岸の火事の人達は好き放題言いまくりますから。そういう書き込みを見てるとただただ呆れるばかりです。
ともあれ、一刻の救出と事態収拾を祈るばかりです。まあ自然には敵わないでしょうが。

|

« 来月以降はどうするか | トップページ | ついに注文 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来月以降はどうするか | トップページ | ついに注文 »