« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

14年天皇賞・秋予想

基本的に東京中距離での勝ち鞍があるかで選びやすくなるレース。ただイスラボニータが人気になりそうですが、ちょっと外枠を引いてしまったのが気がかり。まあ東京実績は高いのですが・・・
フェノーメノは休養明けでぼろ負けはしないだろうけど勝つまでは難しそう。ジェンティルドンナは徐々に勢いがなくなってる感じがするし、エピファネイアも果たして立て直せるか・・・となると穴狙いかと思うけど、ここ最近人気どころが総崩れでそろそろ堅く収まるかも。

予想

◎:エピファネイア
○:イスラボニータ
△:フェノーメノ
☆:サトノノブレス
結局エピファネイアを本命にしたけど、正直分かりません。むしろサトノノブレスの一変が楽しみに見えてきます。前走のオールカマーは荒れた新潟で参考外ですし。

| | コメント (3)

2014年10月28日 (火)

一気に寒く

木枯らし1号が吹いて、いよいよ秋から冬の間に入りましたね。今日からいよいよコタツ布団(電源なし)の出番になりました。のどは大分回復しましたのですが、ぶり返さないようにしないといけないのでのどにはかなり気を使っている状態です。

仕事の方ですが、いよいよ海外向け生産が終了して、残りの在庫生産をしている所です。なので来月もまだまだ夜勤作業が続きます。まあその後は来年に有給消化しながら仕事探しになるわけですが、一応斡旋の方もしてくれるらしいので、そこに希望を持ちつつやる事を考えている所です。とりあえず、今の仕事に専念。

| | コメント (0)

2014年10月26日 (日)

こちらも交換予定

まもなく11月になるわけですが、そろそろ考えなければならないのがスタッドレスタイヤの事。もう夏タイヤも交換しているのですが、実はスタッドレスタイヤのほうももう5年使っていて、交換した方がいいかなと思っています。溝自体はまだ残っているのですが、表面がやや硬くなってきた事と、今年2月の山梨旅行にて、雪道で何度かスリップしてヒヤヒヤしたので・・・。まあ15インチの最量販タイヤなので17インチの夏タイヤよりも安価だし、シーズンタイヤなので安価で十分だし、出せない価格ではありません。
カー用品屋に聞いてみたところ、11月中旬までで前年型落ちの在庫品なら、冬新作タイヤより3万円以上安く買えるそうなので、来週あたりに検討しているところです。来年になると増税の可能性もあるしなあ・・・。

2014home024
風邪の回復が遅くてあまり遠出は出来ないので、家の柿の木を。
一昨年は1個だけ、去年はほとんどが鳥に食べられてしまったのですが、今年はいろいろ対策をした結果、どうにか実をたくさん残せました。もちろん家でみんなで食べてます。甘いですよ。
ただやや熟し気味なのか、箸や爪楊枝で食べようとするとツルツルと滑って掴めません(笑)手掴みで食べるしか(^^;)

| | コメント (0)

2014年10月24日 (金)

14年菊花賞予想

やはり気になるのが「ワンアンドオンリーに菊花賞が勝てるのか」という事。ハーツクライ産駒なので距離は問題ないでしょうが、何せ「ダービー馬病」という呪縛が付きまといます。
となると、相手はどうするか。やっぱり長距離をこなした馬が中心になりそうで、サウンズオブアース、トゥザワールド、トーホウジャッカル辺りですかね。そしてゴールドアクターも札幌2600mを勝ってるだけに面白そうですが、間隔が開き過ぎてるのが気になります。

予想
◎:トゥザワールド
○:ワンアンドオンリー
△:ゴールドアクター
☆:ハギノハイブリッド
ここは京都の相性の良さでトゥザワールドの方を本命にしてみました。やはりワンアンドオンリーにはどうしてもダービー馬病のイメージが・・・
そしてハギノハイブリッドは近走の低迷から人気を落としそうですが、こちらも京都重視だし、何より長距離血統のブライアンズタイム&トニービンの血筋だけに逆転するかも・・・。

| | コメント (3)

2014年10月23日 (木)

15年度競馬開催に物申す

大分喉の方は回復して咳も収まってきましたが、今後寒暖の差が激しくなるとまたぶり返しが怖いので、しばらくおとなしく過ごしてます。写真もなかなか撮れなくて・・・

そんなわけで今日は競馬のお話。先日JRAから来年度の競馬番組が発表されましたが、大きく変わった所はありません。ただ、ちょっと首を捻りたくなる所もあるのが毎度のところです。まずは考察。

・中山大障害が再び12月最終週の土曜開催に
ここはやっぱり指摘されていた事だからでしょうかね。元々中山大障害の方が有馬記念より歴史が長い上に、冬の締めといえばこちらでした。しかし今年は最終週ではなくその前の週においやられた感じ。批判する人が多かったんでしょうねえ。
ただその分、最終週は土曜の阪神Cに加えて有馬記念とホープフルSと重賞がひしめき合う状態に。それならいっその事ブリーダーズCみたいに、全部日曜に移してWIN5の内4レースを重賞に…という風にした方が盛り上がると思うのですが…無理なんですかね。

・中山の12月にターコイズSを古馬牝馬重賞に格上げ
これがいまいち新設の意味が分かりませんね。まだ12月の中で牝馬の重賞がないんじゃないかというなら分かりますが、12月には元々中京の牝馬重賞の愛知杯があります。しかし、これを押しのけて(愛知杯は来年休止、16年1月に変更)わざわざ中山に新重賞を作る利点はどこにあるのか・・・
距離は愛知杯が2000mに対してターコイズSは1600m。距離路線を別々に…と言うのなら1400mぐらいにした方がまだ分かると思うのですが。

・いちょうSをサウジアラビアロイヤルCに名称変更
一番よく分からないのがこれ。来年がサウジアラビアとの外交関係樹立60周年に当たるからというのは分かりますが、元々富士Sが「サウジアラビアロイヤルC富士S」という名称なのに、わざわざ数多くの名馬が登場した歴史ある「いちょうS」を押しのけてこの名称にするのはなぜ?これは批判必至ですね。来年だけで16年からまた名称が戻るかも。

・京成杯は予定通り・条件変更なしで普通に開催
もう一つ「?」と思ったのがこれ。ホープフルSがGⅡになって3週ほどで、同じ条件の京成杯が同じように開催されるってのは…まだ距離短縮するとか、ダート路線にするとかならまだ分かるのですが、何だか重賞偏重化(東京・中山に重賞を集中)が進んでいるような気が…
それならターコイズSを「京成杯ターコイズS」にして牝馬重賞化して、12月は愛知杯のままにした方がよかったのでは・・・

とまあこんなところです。毎度言っていることですが、競馬ファンはわがままが多いから(私も含む)、皆が納得する事はまずないでしょう。ただ好き放題批判しまくるクレーマーが増えるのだけは勘弁願いたいものですが…
ともあれ、まずは今年の残る競馬番組を楽しむとしましょう。

| | コメント (1)

2014年10月21日 (火)

まだまだ回復までは・・・

徐々に喉の痛みは治まってきましたが、今度は咳が止まりません。咳ばかりで胸の筋肉が痛む状態(^^;)まあ風邪の治りかけはいつもこんな状態ですしねえ。今は咳止めの薬を飲んでしのいでいる所です。
最近はデング熱やエボラ出血熱やらいろいろ問題になっていますが、そればかり心配して、身近な病気(風邪や頭痛、歯痛など)を忘れているような気が。「薬で治る」と言っても1日2日で治る物じゃないわけだし、まず病気にかからない事も大事。
と言うのも、私の会社の同僚の人が、今月から心臓の手術を受けて1ヶ月間入院しているから。肥満と血液の粘度の増加で心臓の弁の機能が低下したらしく、人工弁に代える手術をしたそうです。先週お見舞いに行った時は経過は良好で、一般病棟で普通に話せるほど回復はしていましたが、割いた胸の跡が痛々しくて、これから血流回復の薬を飲み続ける事になるそうでこちらの気も痛みます。
何せ傷を塞いで抜糸をした後でも、痛みは引いても「違和感」は一生残ります。下手に風邪を引くと、くしゃみ・咳で胸が痛むこともあるかも・・・。こういうのを見てると、ほんとに健康は大事だなと思います。・・・まあその後に風邪引いてしまったわけですが(笑)

これから気温の乱高下が続いて、体調管理が難しくなる時期。皆様もくれぐれも体調管理には十分注意してくださいね。まずは風邪対策から。

| | コメント (0)

2014年10月17日 (金)

14年秋華賞予想

ハープスター不在の中で、ヌーヴォレコルトが人気を集めそうですが、こういう時はあまり逆らわない方がいいかも。鉄板か大波乱かというレースだけに、人気どころは抑えておかないと。
で、誰を推すか。レッドリヴェールは前走で大敗してるだけにちょっと危ないし、ローズS2着のタガノエトワールはまだ経験不足感が強いし、サングレアルは負け癖が怖いし・・・
となるとやはり紫苑Sを勝っているレーヴデトワールが対抗になりそうです。

予想

◎:ヌーヴォレコルト
○:レーヴデトワール
△:リラヴァティ
☆:セウアズール
余りに鉄板過ぎるので(^^;)押さえと穴は夏の好調馬から。外枠の連対率が意外に高いので、ありかも。

| | コメント (3)

2014年10月16日 (木)

一気に寒く

昨日から一気に寒くなりましたね。そのせいか、ちょっと風邪気味です・・・のどが痛むので今日は早めに寝ようかと。
そして、昨日までは扇風機が置いてあった部屋に、加湿空気清浄機が入れ替わりで置かれました(笑)やはりこれから乾燥する時期になりそうですし、まずは空気清浄機機能のみを使用中。
明後日は姉の旦那のパソコンの修理に。風邪がひどくならないようにしなければ・・・

| | コメント (0)

2014年10月14日 (火)

2つの台風が過ぎ去って

今回の台風19号は、うちの近くでは先週の18号ほどの影響がありませんでした(まあ18号は直撃でしたから・・・)まあもっとも他では大分被害が多かったようで…
今回は930~950hPaクラスの大分大きい台風だっただけに、いずれは900hPaクラスのままの台風が直撃するんじゃないかと不安になったりします。まあ出来る対策をするしかないと思いますが。

2014inaba010
イナの字は台風一過後ものんびり横になっておりました。通過中に窓がガタガタしてた時はケージで丸くなっていましたが。
相変わらずのかじり魔ですが、最近は大分大人しくなってきたような気がします。逃げるのも少々鈍くなってきてるし、1階から2階に移動する時にも以前は結構抵抗しましたが、最近はすんなりケージに入ってくれます。少しは大人になったのかな?・・・もっとも、もう5歳なのですが(^^;)

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

正直びびってましたが

ようやく注文していたマフラーが届いたとの事で、早速取り付けに行ってまいりましたが、正直不安でした。
マフラーを換える事で車のイメージが変わるんじゃないかとか、親にうるさいと怒られるんじゃないかとか、心臓バクバクしておりました(笑)何せ人生初のエンジン関係のパーツ交換なわけですから。

2014cars029
まずは交換前の純正マフラー。30000km走ってるだけあって、表面はややくたびれ気味です。まあマフラーカッター装着で視点上の面目は立っていたのですが。

2014cars030
そして交換したのがこれ。フジツボのオーソライズSで、オールステンレス製の光物です。
見栄えも大口径のパイプも相まってなかなかです。ちなみにABで取り付けてもらいました。やはりエンジン関係だし、自分でやって失敗して修理代で涙を飲む事はしたくないので。

そして、さっそくエンジンを始動させると…意外なほど大人しい音でした(^^;)。確かに重低音の響き方が前よりも大きくなり、ちょっと加速するとブオーっとスポーツマフラーらしい音になるのですが、それでもイメージしていた低音感よりも静かなのにはちょっと肩透かしを食らった感じ。
でも音自体は悪くないし、何より親からも何も言われなかったのでちょっと安心しました。

性能はやはり低速回転からの加速がちょっと改善。出だしのもたつきがなくなった感じがします。まあ元々吸気側もエアフィルターを交換していたので、吸排気両方のバージョンアップでスムーズになったんじゃないかと。今後のドライブでまた本格的に試してみようかと思いますが、いい買い物でした。
もっとも、暖機運転とか、経年劣化でどう転ぶか分からないので、前のマフラーも残しておきます。

2014cars031
外から見た感じだとこんなもん。それほど太いという雰囲気じゃないですね。マフラーカッター付けてた頃とほとんど変わらないというか(^^;)

2014cars032
外した元々のマフラー。この後水抜きをして乾燥させてから、きれいにして袋詰めで保管しておくつもりです。思ったほど重くないです。

| | コメント (0)

2014年10月10日 (金)

鳥取旅行②

来週は両親がツアー旅行の予定でしたが、台風で延期になったそうです。あらら・・・

それはともかく、鳥取旅行の続きです。

2014tottori014

やはり台風前の事もあり、風が強い上に雲も厚めでした。まあ土砂降りにならなかったのが幸いなので、近くのコンビニでパンフをもらってから出発。

2014tottori013
ベタ踏み坂こと江島大橋です。ダイハツの某CMでの名称なのですが、一瞬CGにも見えそうなそびえるような高さの橋桁が特徴です。元々大型船舶が下を航行できるようにこういう形になったそうですが、中央の橋桁の長さ250mは日本一だそうです(2位は静岡の浜名大橋の240m)

2014tottori016
CM効果もあって、多くの観光客が訪れるようになってこんな看板まで。実際こんな天気でも、見に来ている人が多かったです。

2014tottori017
まあ実際横から見るとこんな感じに。
一見すると「緩やかじゃないか」と思うかもしれませんが、実際歩いてみるとかなりしんどいです。まあ普通車だとアクセルベタ踏みにはならないと思いますが、最近のエコ重視のノンターボ軽じゃきついんじゃないかと。まあそこを狙って、あのCMが作られたのですが。

ただ、この橋は松江と境港を最短ルートで結ぶ幹線道路のような存在なので、通行量が多くてベタ踏みするどころではありません(笑)

2014tottori018

登ってみるとこんな感じ。天気がよければもっと遠くまで見れるんでしょうけどねえ・・・。
なお、周りは工業団地になっています。

2014tottori019
帰りの列車まで2時間を切ったところで何とか美浦関まで行ってみようと、美浦神社だけでも参拝。商売繁盛・漁業の神様として祀られている場所です。他にも灯台とか五本松公園とかも周りたかったのですが、時間がないので、近くをちょっとブラブラ。

2014tottori020
いかにも昔の港町らしく、旅館と土産物屋が海岸沿いに並びます。結構海外からの観光客(アジア系のみならず欧米系も)が多かったのも印象的です。

2014tottori021
最後に美浦関の繁栄の象徴とも言うべき常夜灯を撮って退却。もともと北前船の要所だけあってこういう常夜灯はその証というべきもの。
今は境港が国際貿易港になって以降は普通の漁港になってしまいましたが、広島の鞆の浦と同じように古い港町を残す形となったわけで。

というわけで、この後台風が来る前に米子を出発して、どうにか大雨で遅れる前に家に帰還できました。かなり足早な旅行だった気がします(^^;)

| | コメント (0)

2014年10月 9日 (木)

鳥取旅行①

大分経ってしまいましたが(汗)、先週の鳥取旅行の話です。

2014tottori003
まずは京都から智頭急行の特急「スーパーはくと」で鳥取に直行。サンライズ出雲で行けなかった分鳥取方面から向かおうと思いこの特急に乗りましたが、結構快適でした。「新幹線で岡山→スーパーいなばで鳥取へ」より速いですし。

2014tottori004
そんなわけで鳥取駅に到着。しかしいきなりパラパラと雨が(汗)少々不安になりましたが、すぐにやんだのが幸いでした。何となく田舎イメージの沸いてしまう山陰地方ですが(失礼!)、むしろこのぐらいのビルの少なさにほっとします。静岡や浜松など高いビルが増えて緑がほとんどありませんから・・・
ともあれ、バスで鳥取砂丘へ。ほんとは鳥取城とかわらべ館とか見たいのですが、滞在5時間の上に、バス本数が少ないのであまり周れないのです。後でレンタカーをここから借りなかった事に激しく後悔。

2014tottori005
そんなわけで、鳥取砂丘に到着。雲間から青空が見えてて安心しましたが、何せ風が強い!砂埃が舞っていて、遠くは白くかすんでいました(笑)
その広さは、その先のゴマ粒ほどしか見えない人の列を見れば分かるはず。正に「人がゴミのよ(ry」

2014tottori006
その急斜面を利用してそり滑りを楽しむ家族連れも。しかし、この高さは登るのも大変です。

2014tottori0061
砂丘の山を登ってから見たところ。やはりかなり高さがあります。往復した後は、靴にたまった砂をとらないと(汗)

2014tottori007
その後に近くにある砂の美術館へ。砂丘の砂を利用したサンドアートを中心に展示しています。

2014tottori008

今年のテーマはロシアだそうで、室内に多くのサンドアートが展示されています。その精密さは砂で作ったとは思えないほど。
気温・湿度を保つため、ミストや空調をかなり利かせています。まあ劣化しやすいしなあ。

2014tottori009
その日の最後に訪れたのが白兎神社。神話「因幡の白ウサギ」で有名な白兎海岸の近くにある神社です。道の駅・神話の里白うさぎから中へ。
しかし、横にある「うさぎ焼き」って・・・饅頭なのは分かるけど、ネーミングが…(笑)

2014tottori010
普通の神社に比べるとかなり小さいですが、縁結び・皮膚病の治癒祈願(いずれも民話から)など、訪れる人は多いです。

2014tottori011
前にも書きましたが、「白うさぎ」は「素うさぎ」(読みは一緒)と書かれる説もあり、必ずしも白いうさぎかは定かではありません。
それでもやっぱり思うのは、大国主命はなぜワニ(サメ?)をだましたウサギを助けたのか。他の神様に意地悪されたのも、だました天罰とも受け止められるのですが、そこは謎です。

6年前にもその話を旧HPで書いたのですが、ここで書くと長くなってしまうのでまたいずれ。

2014tottori012
で、ここで人気なのが「結び石」。白い石を鳥居に投げて載せると願いがかなうという事で、挑戦する人が結構いました。既に鳥居には石がいっぱい。ツワモノばかりだ・・・

このあと鳥取駅に戻り、特急スーパーまつかぜで米子に移動しました。
次回はその米子の話です。

| | コメント (0)

2014年10月 7日 (火)

凱旋門賞回顧

台風の話優先だったので、ちょっと遅れましたが凱旋門賞の話でも。

まあ、完全な完敗でしたね。調子が落ち目だったトレヴがあっさりと快勝。かなりの頭数で語茶ついた状態でハープスターが6着、ジャスタウェイが8着、ゴールドシップが14着。レースの様子を見てても、ちょっと後ろ過ぎですね。やはり頭数も日本とは違うのだし、前に行く競馬でなければ…。
ただ、何となく見えてくるのが日本馬シフトなんじゃないかという雰囲気。あれだけの馬群に包まれたら追い込み、差しの馬にはきついでしょう。実際に有力馬だったルーラーオブザワールドやアヴニールセルタンも馬群の中に沈んでいます。でも元々有力視されていたハープスターやジャスタウェイは目の敵にされていたのも事実。包みこむようなレースをして反則じゃない進路塞ぎというのも考えられます。06年のディープインパクトにしても禁止薬物を知らずに使っていたというのはきな臭く感じますし、やはり「日本の馬に凱旋門賞を勝たせてたまるか」という雰囲気が今回の敗因の一つのような気がしてなりません。

しかし逆に言えば、そんな雰囲気を熟知して越えなければ勝てないというのも事実です。競馬というのは紳士的なスポーツに見えて、騎手・調教師ともに火花を散らす格闘の場。そういう戦いに打ち勝たなければ大レースを勝つことなど出来ません。正々堂々より1歩だけ前に出るぐらいのレースを見に付けるのが、日本の競馬の目標ではないでしょうか。

・・・そう考えると、騎乗停止を何度も受けながらも、がむしゃらに勝利のために全力を尽くす岩田康誠騎手は意外と海外で通用するかもしれませんね(汗)

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

台風は去ったものの

どうにか旅行から帰ってきて、寝た頃から徐々に雨風が強くなってきました。3時頃には携帯のエリアメールが連続して鳴り響いて眠れず、朝に上陸した頃はかなりの横殴りの雨が降り続いている状態。というより窓が開けられません(^^;)今正午頃で台風一過になり空は晴れ上がったのですが、風はまだ強い状態です。ここらは浸水・停電の被害はなかったのですが、近くの親戚の近所では道路が冠水しているそうで、これから海岸近くにある会社の状態を見るのが半分恐ろしいです…
でも他を見るともっと深刻だそうで(東海道線の土砂崩れ、広範囲の浸水被害)、やはり旅行から間に合った自分は運がよかっただけなんだなあとつくづく思います。

でも今度は台風19号も接近するかもとの話もあるようで、今度はうちの両親の旅行にぶち当たりそうな感じです(汗)もう勘弁してくれ・・・

そんなわけで、凱旋門賞の話はまた後日に・・・

| | コメント (0)

2014年10月 5日 (日)

何とか帰還

2014tottori002
台風が来る直前になっていますが、早めに予定を切り上げた事もあり、無事に帰還できました。
そして雨ながらもベタ踏み坂もしっかり撮影してきました。上まで登って来ましたよ。強風で傘が折れそうになりましたが(笑)その話はまた後日という事で、また紹介していこうかと思います。
何せこれから台風接近で、停電が心配されるので。凱旋門賞見れるかな・・・

| | コメント (0)

2014年10月 4日 (土)

旅行中:ほぼ綱渡り

2014tottori001

はい、そんなわけで、鳥取を散策中です。今日は鳥取砂丘を見たあと、白兎神社へ向かい、その後米子に到着。詳しい事は後日書きますが、結構寒かったです(^^;)とはいえ、天気は出だしに雨が少しぱらついた程度で持ってくれたのが幸いでした。

しかし、問題は明日。やはり台風の影響が怖いですね。帰るまでに暴風域にぶち当たる事はなさそうですが、やはり列車の運休・遅れが心配なので、みどりの窓口で予定より3時間早い列車の指定席に変更してきました(^^;)明日はベタ踏み坂だけでも見に行かなければっっっ・・・・!

| | コメント (0)

2014年10月 2日 (木)

14年スプリンターズS予想

台風18号の進路にビクビクしつつ(^^;)競馬予想です。

今年は新潟競馬場で開催なのでかなり難しいです。02年にも開催されましたが、今年は天候が不安なので参考にはならないはずです。
やはりここはローカル重視になってしまうんでしょうかね。ほんとならリトルゲルダを推すところなんですが、球節炎で回避との事で、ますます難解に。ハクサンムーン、ストレイトガール、レッドオーヴァル辺りが人気になりそうですが、この中でならハクサンムーンかなと。わずかな差ですが。

予想
◎:ハクサンムーン
○:ローブディサージュ
△:レッドオーヴァル
☆:マヤノリュウジン
まだ出走表が決まってないので、まだ変わるかもしれませんが、ハクサンムーンが内枠を引けたならチャンスかも。
マヤノリュウジンは新潟の方が力を出せるんじゃないかと。

| | コメント (2)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »