« 鳥取旅行① | トップページ | 正直びびってましたが »

2014年10月10日 (金)

鳥取旅行②

来週は両親がツアー旅行の予定でしたが、台風で延期になったそうです。あらら・・・

それはともかく、鳥取旅行の続きです。

2014tottori014

やはり台風前の事もあり、風が強い上に雲も厚めでした。まあ土砂降りにならなかったのが幸いなので、近くのコンビニでパンフをもらってから出発。

2014tottori013
ベタ踏み坂こと江島大橋です。ダイハツの某CMでの名称なのですが、一瞬CGにも見えそうなそびえるような高さの橋桁が特徴です。元々大型船舶が下を航行できるようにこういう形になったそうですが、中央の橋桁の長さ250mは日本一だそうです(2位は静岡の浜名大橋の240m)

2014tottori016
CM効果もあって、多くの観光客が訪れるようになってこんな看板まで。実際こんな天気でも、見に来ている人が多かったです。

2014tottori017
まあ実際横から見るとこんな感じに。
一見すると「緩やかじゃないか」と思うかもしれませんが、実際歩いてみるとかなりしんどいです。まあ普通車だとアクセルベタ踏みにはならないと思いますが、最近のエコ重視のノンターボ軽じゃきついんじゃないかと。まあそこを狙って、あのCMが作られたのですが。

ただ、この橋は松江と境港を最短ルートで結ぶ幹線道路のような存在なので、通行量が多くてベタ踏みするどころではありません(笑)

2014tottori018

登ってみるとこんな感じ。天気がよければもっと遠くまで見れるんでしょうけどねえ・・・。
なお、周りは工業団地になっています。

2014tottori019
帰りの列車まで2時間を切ったところで何とか美浦関まで行ってみようと、美浦神社だけでも参拝。商売繁盛・漁業の神様として祀られている場所です。他にも灯台とか五本松公園とかも周りたかったのですが、時間がないので、近くをちょっとブラブラ。

2014tottori020
いかにも昔の港町らしく、旅館と土産物屋が海岸沿いに並びます。結構海外からの観光客(アジア系のみならず欧米系も)が多かったのも印象的です。

2014tottori021
最後に美浦関の繁栄の象徴とも言うべき常夜灯を撮って退却。もともと北前船の要所だけあってこういう常夜灯はその証というべきもの。
今は境港が国際貿易港になって以降は普通の漁港になってしまいましたが、広島の鞆の浦と同じように古い港町を残す形となったわけで。

というわけで、この後台風が来る前に米子を出発して、どうにか大雨で遅れる前に家に帰還できました。かなり足早な旅行だった気がします(^^;)

|

« 鳥取旅行① | トップページ | 正直びびってましたが »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥取旅行① | トップページ | 正直びびってましたが »