« 凱旋門賞回顧 | トップページ | 鳥取旅行② »

2014年10月 9日 (木)

鳥取旅行①

大分経ってしまいましたが(汗)、先週の鳥取旅行の話です。

2014tottori003
まずは京都から智頭急行の特急「スーパーはくと」で鳥取に直行。サンライズ出雲で行けなかった分鳥取方面から向かおうと思いこの特急に乗りましたが、結構快適でした。「新幹線で岡山→スーパーいなばで鳥取へ」より速いですし。

2014tottori004
そんなわけで鳥取駅に到着。しかしいきなりパラパラと雨が(汗)少々不安になりましたが、すぐにやんだのが幸いでした。何となく田舎イメージの沸いてしまう山陰地方ですが(失礼!)、むしろこのぐらいのビルの少なさにほっとします。静岡や浜松など高いビルが増えて緑がほとんどありませんから・・・
ともあれ、バスで鳥取砂丘へ。ほんとは鳥取城とかわらべ館とか見たいのですが、滞在5時間の上に、バス本数が少ないのであまり周れないのです。後でレンタカーをここから借りなかった事に激しく後悔。

2014tottori005
そんなわけで、鳥取砂丘に到着。雲間から青空が見えてて安心しましたが、何せ風が強い!砂埃が舞っていて、遠くは白くかすんでいました(笑)
その広さは、その先のゴマ粒ほどしか見えない人の列を見れば分かるはず。正に「人がゴミのよ(ry」

2014tottori006
その急斜面を利用してそり滑りを楽しむ家族連れも。しかし、この高さは登るのも大変です。

2014tottori0061
砂丘の山を登ってから見たところ。やはりかなり高さがあります。往復した後は、靴にたまった砂をとらないと(汗)

2014tottori007
その後に近くにある砂の美術館へ。砂丘の砂を利用したサンドアートを中心に展示しています。

2014tottori008

今年のテーマはロシアだそうで、室内に多くのサンドアートが展示されています。その精密さは砂で作ったとは思えないほど。
気温・湿度を保つため、ミストや空調をかなり利かせています。まあ劣化しやすいしなあ。

2014tottori009
その日の最後に訪れたのが白兎神社。神話「因幡の白ウサギ」で有名な白兎海岸の近くにある神社です。道の駅・神話の里白うさぎから中へ。
しかし、横にある「うさぎ焼き」って・・・饅頭なのは分かるけど、ネーミングが…(笑)

2014tottori010
普通の神社に比べるとかなり小さいですが、縁結び・皮膚病の治癒祈願(いずれも民話から)など、訪れる人は多いです。

2014tottori011
前にも書きましたが、「白うさぎ」は「素うさぎ」(読みは一緒)と書かれる説もあり、必ずしも白いうさぎかは定かではありません。
それでもやっぱり思うのは、大国主命はなぜワニ(サメ?)をだましたウサギを助けたのか。他の神様に意地悪されたのも、だました天罰とも受け止められるのですが、そこは謎です。

6年前にもその話を旧HPで書いたのですが、ここで書くと長くなってしまうのでまたいずれ。

2014tottori012
で、ここで人気なのが「結び石」。白い石を鳥居に投げて載せると願いがかなうという事で、挑戦する人が結構いました。既に鳥居には石がいっぱい。ツワモノばかりだ・・・

このあと鳥取駅に戻り、特急スーパーまつかぜで米子に移動しました。
次回はその米子の話です。

|

« 凱旋門賞回顧 | トップページ | 鳥取旅行② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凱旋門賞回顧 | トップページ | 鳥取旅行② »