« やっぱり暖冬か? | トップページ | 干支写真を撮りに・もう一度 »

2014年11月28日 (金)

14年ジャパンカップ予想

某誌に「レース史上最高のメンバー集結」と書かれてますが、「レース史上最低外国馬メンバー集結」の間違いじゃないかと思えてしまう(汗)そろそろ賞金とかじゃなくて、馬場とか受け入れ態勢とかどうにかした方がいいんじゃないの?とか考えてしまいます。
ともあれ、早速のメンバーですが、そこは書いてあるだけあってG1馬が目白押し。3連覇のかかるジェンティルドンナや、3歳馬イスラボニータとワンアンドオンリー、世界最高を樹立したジャスタウェイや3歳牝馬ハープスター、他エピファネイアやフェノーメノ、スピルバーグなどが名を連ねています。最近は3歳牝馬が斤量を生かして勝利するパターンが多いのですが、果たして2400m未勝利のハープスターに勝てるかどうか。ただ東京得意なトニービンの血は引いてるし、枠も好位置だけに気になるんですよね・・・まあ今年のG1はわかりづらいので(^^;)

予想
◎:ハープスター
○:エピファネイア
△:ジェンティルドンナ
☆:タマモベストプレイ

エピファネイアは1走使った後の上にスミヨン騎手に乗り代わり。結構外国人騎手に乗り代わった馬の巻き返しがよくあるんですよね。
さすがにもうG1未勝利馬が来る事は・・・ないよね?(笑)

|

« やっぱり暖冬か? | トップページ | 干支写真を撮りに・もう一度 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

◎:ジェンテイルドンナ
○:ジャスタウェイ
△:スピルバーグ
☆:フェノーメノ

正直わかりません、好みで並べました。一応◎と○は距離適応力の差、△はトーセンラーの弟ならば距離適応力はあるだろう、☆は人気落ちすぎじゃねと言う次第ではあるんですが。

アイヴァンホウ…祖父は日本でもアサクサデンエンやローエングリンなどの祖父で知られるインザウイングス。母父はゼダーン系で馬場への適応力はまずまずありそう。
アップウィズザバーズ…父の父ストームキャット、父の母の父シアトルスルー、母の父シーキングザゴールド…チャンピオンCと間違えたんじゃないのかと言いたくなりますねこのアメリカ血統は。
トレーディングレザー…ダンチヒの4×5、というかノーザンダンサーの4×5×6と言うかなり乱暴な配合。正直父ガリレオとかそういうの以前に買いたくならない。ダビスタ(ほどなく発売します)じゃないんだから…

と言う訳で外国馬についてはアイヴァンホウ以外血統的には余り評価できません。

投稿: ウィザード・T | 2014年11月29日 (土) 06時21分

エピファネイア・・・・・・こんなに強かった!?
ジャスタウェイ・・・・・・面目は躍如したが、やっぱり2000がベストなのかなあ。
スピルバーグ・・・・・・前走が力通りである事は示した。来年もよろしく。
ジェンティルドンナ・・・・・・まあこの辺りかなの印象。いい仔を生んで下さい。
ハープスター・・・・・・最優秀三才牝馬、私だったら推薦しません。

投稿: ウィザード・T | 2014年11月30日 (日) 16時06分

結果

1着:エピファネイア
2着:ジャスタウェイ
3着:スピルバーグ
4着:ジェンティルドンナ
5着:ハープスター

ふたを開ければ、やはり外国人騎手乗り代わりのエピファネイアが軽く勝利。ジャスタウェイもどうにか2着に入って面目は立った感じです。
それよりも掲示板すら入らない3歳クラシック勢2頭。来年が不安になります。

投稿: 蒼兵衛 | 2014年11月30日 (日) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり暖冬か? | トップページ | 干支写真を撮りに・もう一度 »