« ちゃんと探してますよ? | トップページ | 久々のキーモ »

2015年1月17日 (土)

映画見てきた(ネタばれ注意)

今日から公開された「列車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャーTHE MOVIE」をさっそく見に行ってきました。去年ほど盛り上がる要素が少ないな~とか思っていましたが、まあそこは伏せレビューにて。スマホでは見れてしまうので、ネタばれ嫌いな方はご注意ください。

・一言で言ってしまえば、今までとは違うアプローチで挑戦してる感じはしますね。いつもなら出だしから両戦隊顔合わせ→意見対立→悪幹部共闘→ピンチから和解→打開策→全員で名乗りから戦闘→巨大戦という展開なのですが、今回は中盤で巨大戦を終わらせてしまって、そこからピンチになり、打開策で共闘、巨大戦なしで決着という展開。ただ、その分この事で最終ボスである創造主デビウスがいまいち強い敵に見えなくなってしまったのが・・・どうせならここで再び巨大戦にして、仮面ライダー大戦で登場したトッキュウキョウリュウジンで挑んだ方がよかったのでは・・・とか思ってしまいます。

・でもメンバーは見事に生かしてましたね。特にキョウリュウジャーメンバーのはっちゃけぶりがほんとに。キング(ダイゴ)はやっぱりキングらしく突っ込みぶりですんなり烈車にも乗れてしまうし、イアンはやはりミオとカグラにちょっかい出そうとするし、ノッさんも親父ギャグ満載でトカッチと息ピッタリ(トカッチは否定してるが・笑)、ソウジはヒカリと似たもの同士だけにすぐに「人見知りだろ」とすぐに見抜いて親近感沸いてるし、アミィはすぐに女の子メンバーと意気投合するなど、ちょっと吹き出しそうになりました(^^;)本当ならトッキュウジャーの子供姿の変身とか、マイッキー再登場、そしてシャドーラインの中で唯一ノリノリなネロ男爵(笑)などトッキュウジャー側でも笑える要素が多かったのですが、やっぱりキョウリュウジャーのキャラが強すぎて・・・

・そして今回イロモノになってしまったのがウッチー。ちゃんとシャドーラインの黒線の内側に下がったり、クロックシャドーの力で赤ちゃんになってしまったり(一応400歳越えてるはずなのになあ・・・)と、いろいろはみ出てしまった感が。そしてそのとばっちりを受けた感の明は出番少なめ。ウッチーのお守りをしてたり、抱きながらトッキュウレインボーに乗り、戻ったウッチーを抱きかかえる状態になったり・・・腐女子が喜ぶだろ!(笑)

・しかし、ところどころが曖昧になってしまったのも事実。「なぜトッキュウジャーはデーボモンスターを倒せないのか、なぜキョウリュウジャーはシャドー怪人を倒せないのか」という理由がいまいち分からずじまいだったし、ギャラクシーラインのレディやキャンデリラ・ラッキューロの喜楽コンビ、トリンや総裁の登場があまりに少なすぎて登場の理由が分からないところがあったし、そこらはもっと手入れして欲しかったですね。昨年・一昨年が盛り上がってただけに、ちょっと物足りなさを感じました。

・そして、割と早い段階で登場した新戦隊のニンニンジャー。とりあえず顔見せで登場したのですが、クライナーロボが相手になった時は、早くも新ロボ巨大戦か?と思いきた、忍術で小さくしてしまいました(笑)ともあれ、忍者系スーパー戦隊3作品目という事で、来年VSシリーズは、やはりカクレンジャーとハリケンジャーとの競演もするのでしょうか?少なくとも、ハリケンジャーはアップを始めてるかもしれませんが(笑)

|

« ちゃんと探してますよ? | トップページ | 久々のキーモ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちゃんと探してますよ? | トップページ | 久々のキーモ »