« 追悼・ステイゴールド | トップページ | 「先生・・・物作りが・・・したいです・・・」 »

2015年2月 7日 (土)

ちょっと新旧比較

昨日のステイゴールドの写真を見てるうちに、現在のコンデジと比較してどれだけ画質が向上してるか気になったので、ちょっと奥底から初代デジカメを引っ張り出してきました。

2015home016
右が最初に買ったデジカメのフジのFinePix500。左が現在コンデジとして使ってるニコンのCOOLPIX・S6600。
やっぱり500は2倍以上の大きさがあります。しかも乾電池4本使用の150万画素で、当時3万円しました。その後親父のデジカメ(FinePixS1Pro)を借りるまでしばらく使っていました。
一方のS6600はバッテリーで1620万画素で光学ズーム付きで、近場の撮影用として使用。

2015home017

2015home018
上の写真がFinePix500、下の写真がCOOLPIXS6600。
公平を期すため同サイズにしてみましたが、やはりその差ははっきり。500はやはり細かい輪郭がドットだらけなのに対してS6600は輪郭がしっかり見えます。また500はどうしてもレンズの小ささから暗くなってしまいます。
こうしてみると性能の差がはっきりしてますね。画素数の差ともいえそうですが、同じ大きさにしてしまうと画素数はあまり変わらないのです。
ここはやはりレンズの性能の差と言えます。内部のレンズの大きさはS6600の方が大きめで、細かくはっきり見ることができますから。さらにいうと、1眼レフのような本格的なレンズなら、さらに輪郭がはっきり捉えることが出来ます。前述のFinePixS1Proは画素数340万画素ですが、S6600と比べても背景のボケがきれいに表現されています。S6600では最高画質でも、表面にややドット粗が見られます。

私に言わせれば、いかにiPhoneやアンドロイド携帯が画素数を高めてきれいに撮影できるとうたっても、1眼レフデジカメの写真には遠く及ばないと思います。(さらに銀塩フィルムカメラはその上を行く)
もっとも写真に印刷するのではなく、ネット上で見せるだけなら十分なのかもしれませんが。(なのでブログ用で撮る写真の大部分はS6600で撮ってます^^;)

2015home019
ちなみに、今回撮影した場所はJR東海浜松工場近くの西浜松駅付近。以前も廃車になった飯田線用119系の写真を撮りましたが、今回は高山本線・太多線で使用されてるキハ40系が置かれていました。おそらく新製のキハ25導入によって廃車になったのでしょう。来月のダイヤ改正では、武豊線の電化で一気にキハ25・75が各非電化区間に転属になるでしょうから、ここに置かれるキハ40系が増える事でしょう。
私はキハ40系が好きだったんですがねえ・・・残念。

|

« 追悼・ステイゴールド | トップページ | 「先生・・・物作りが・・・したいです・・・」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追悼・ステイゴールド | トップページ | 「先生・・・物作りが・・・したいです・・・」 »