« 15年NHKマイルカップ予想 | トップページ | 15年ヴィクトリアマイル予想 »

2015年5月10日 (日)

ちょこっと乗れたのでレビュー。

母が愛車デミオで友達の家の塀の段差にぶつけてしまい、車修理に2週間かかるとの事で嘆いておりました(^^;)まあ長い事乗っても低い段差に気づかずぶつけるのはよくある事。ともあれ修理に出しましたが、その代車としてマツダが貸し出したのは・・・

2015cars016
半年前に出たばかりの軽自動車キャロル(スズキ・アルトのOEMモデル)、しかもまだ走行距離が2000kmにも満たないほぼ新車の状態です。何でもいつも使っていた中古の軽が調子が悪く、普通車も皆代車で出ているとの事です。最近の軽自動車にはあまり乗っていなかったので、運転できる絶好のチャンスという事でさっそく100kmほど走ってきました。

結論から言えば、悪くない走りでした。ちょっと回せば加速は利くし、以前のようなエンジンのにぎやかさはなくなり、3気筒でも不快を感じないエンジン音です。まあちょっとシートが安っぽすぎる感がありますが(ちょっと腰部が硬すぎる、お年寄りが乗ってこれ大丈夫なの?)、視界もよく無駄がないシートポジションで、私としては軽の評価がちょっと上がった感じです。まあこういうアルトやミラのようなセダン系だから安心感があるんでしょうね。

ただやっぱり燃費はカタログ通りじゃないのはお約束。街乗りでは23~24km/lぐらい、高速でも30km/lぐらいで、どうみてもカタログ数値37km/lはよほどのプロでないと…。どの日本車でもそうだけど、ここらへんをもうちょっと日本人は指摘するべきだと思うんですけどね。アメリカじゃこんなのじゃ訴訟物ですよ。そろそろアメリカ表記のシティーモード・ハイウェイモード・複合モードのような、実際走行に近い表記にするべきでしょう。

前に軽自動車の話を書き込んでちょっと叩かれましたが、別に私は軽自動車が嫌いだから書いたわけではありません。ただちょっと「軽自動車は税金が安くて燃費がよい」「庶民の味方」というイメージが強すぎて、エコヒイキ感がある事がどうも嫌な感じがするだけです。
軽でも普通車でも同じ車。燃費は人それぞれですし、今の税金体系から見ても無理のある税制からようやく一歩を踏み出した(4月に軽自動車税引き上げ)わけで、それでも軽自動車優位の税制である事は変わりません。「普通車よりも軽」という風潮から「1ジャンルとしての軽」にそろそろ回帰して欲しいなあと思う今日この頃です。

おまけに。
現行モデルのアルトOEMから、エンブレムのみの変更になってしまったキャロル。でも私には現行モデルのフロントフェイスと横から見たシルエットが、何となく「キャロル」ではなく「シャンテ(72年に発売されたマツダ最後の自社生産軽乗用車)」に見えるんですよね。
丸目のフロントヘッドライトに横ルーバーのグリルに替えて、リアハッチ横にストップランプ系統を移し、ナンバーもリアハッチに…と替えてシャンテのオマージュ版を作れば売れそうな気がするんですが。社外メーカーでやる所があれば面白そうなのになあ・・・

|

« 15年NHKマイルカップ予想 | トップページ | 15年ヴィクトリアマイル予想 »

車関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15年NHKマイルカップ予想 | トップページ | 15年ヴィクトリアマイル予想 »